2018/4/19

20c初 多弁花&瓔珞文様 織機綜絖吊り・木製滑車  生活と祈りの意匠




クリックすると元のサイズで表示します

製作地 カンボジア南部
製作年代(推定) 20世紀初め
素材 木製、鉄(吊りパーツ・車軸)
サイズ 滑車部分の外形サイズ:直径約5.2cm、鉄製の吊りパーツ含む全長約9.5cm


カンボジアやタイ・ミャンマーなど、古くから染織品が宮廷儀礼や仏教儀礼に纏わる装束や装飾のものとして製作が盛んであった土地では、部品の一つ一つに美しい装飾が施された木製及び金属製の織機が用いられていました。

織機を構成する部品(綜絖(そうこう)・筬(おさ)を吊る装置の部品)として使われていた、この手の込んだ”装飾滑車”からは、敬虔な仏教信仰を背景とする、古き良きインドシナ伝統染織の時代が偲ばれます。

本品は多弁花と瓔珞状の吉祥文様が端整かつ流麗に彫り描かれた作品で、深みのある色合いの木肌をあわせて、仏教に縁の工芸品としての格調の高さと荘厳美が薫ってまいります。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ