2010/7/21

美しき道具 ”獅子”の薬箱  生活と祈りの道具



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

製作地 ミャンマー・シャン州  
製作年代(推定) 20世紀初頭
素材 チーク材、漆

吉祥の動物・神獣や神像を象ったこの種の装飾箱は、ミャンマー・タイ・カンボジア等のインドシナ諸国において病除けの願掛けのものとして伝統的に手掛けられ、奉られてきました。

獅子が前足を高く揚げ跳び上がる姿のこの薬箱は、”美しき”というよりも”雄々しき”という言葉が相応しい作品であり、あるいは幼少の子供のために、病に打ち勝つ力強さを授けるために職人に造らせたものかもしれません。

”力強い造形と手擦れの美”、シャン伝統漆器のデザイン様式を備えた秀逸な作品です。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ