2011/4/9

ラバリ族の背開きブラウス”カパドゥ”  民族衣装




クリックすると元のサイズで表示します


製作地 インド・グジャラート州カッチ地方  
製作年代(推定) 20世紀半ば
民族名 カッチィ・ラバリ族  
技法 絞り染め、ザリワーク、刺繍

ラバリ族の着用する背開きの丈の短いブラウス”カパドゥ”。妙齢の女性(ラバリ族は若年婚)は赤や緑の華やかな服地で彩られたものを着用します。

結婚適齢期である証しに胸部にはギャザーが加えられ、脇部分にフラップ状の刺繍装飾が加えられるのが、この”カパドゥ”の特徴でもあります。

古い時代は、この土地特産の上質な絹絞り染めの布を服地に、ザリワーク(金属糸紋織)や精緻な刺繍の手仕事により装飾が加えられておりましたが(上画像参照)、現在では化繊地に出来合いの装飾テープを縫い付けたものが主流になりつつあります。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

※上画像はMapin Publishing刊「Threads of Identity」より転載いたしております



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ