Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/11/17

no A Tasca do Chico  2008年リスボン日記

今夜は久々にBairro Altoの「A Tasca do Chico」へ歌いに行った。地元のひとたちが、自分たちのためにファドを歌い、聴き、共に味わう、心意気にあふれた場所だ。

リスボン大の日本人の友人たちと21時前に店に入ると、80歳のセニョールが「来たね」と満面の笑みで迎えてくれた。このおじいちゃまはファドの日には必ずいて、演奏席に座って一部始終を見届けている。どんどんとやってくるファド好きたちが司会者でファディスタのジョアオンとおじいちゃまに挨拶をする。私はこの光景を見ているのも好きだ、わくわくしてたまらない、みんなファドが好きで集まる人ばかりだからだ。

前回は演奏が見えにくい奥の席だったが、今回はいい席を確保することができた。そして、途中から同席した50代くらいのポルトガル人夫妻のおかげで、とても楽しい一夜になったと言っても過言ではない。

偶然にもリスボン大で働いているというマリアさんと画家のヴィットールさん夫妻は、ポルトガルのおじちゃんとおばちゃんを絵に描いたような方々だった、とても気さくで心優しい。私たちがポルトガル語を勉強中で、私がファドを歌っていることがわかると、いろんなことを話してくれた。ファドが始まると、二人は時折テーブルの上で手をとりあい、微笑みながら歌をくちずさんでいた。「こんな夫婦にあこがれるね」と私たちは何度も言った。

3人目にこの店の名物ファディスタ・85歳のセニョールが歌い始めた。声量はないが、言霊とでも言おうか、一言一言に力がある、味わいは比較にならない。彼が口にした「vida(人生)」という歌詞が耳から離れない、年輪のあるファドだった。そして次のターンで5人目に登場したのはなんとご主人のヴィットールさんだった。
クリックすると元のサイズで表示します
マリアさんが笑顔で見送ると、彼は素晴らしいファドを聴かせてくれた。うまい!音程も申し分なかったが、深いのだ!人柄がにじみ出ていた。これだけいる人が吸い込まれていたのがわかった。おしつけがましくなく、一本筋が通った歌いっぷリ、画家である彼の感性が時々見え隠れするファドだった。最後のカスティーソが終った時、マリアさんが「今の歌は彼が詩を書いたのよ」と教えてくれた。てっきり他のお店でも歌っているのかと思って聞くと「ううん、ここでだけ。ただ好きだから歌ってるのよ。」とマリアさんは微笑んだ。

ただ『好き』それだけ、次のターンで歌うことが告げられていた私の心に、この言葉が熱いものをくれた。プロもアマもここでは存在しない、心にファドを持つものはファディスタだ。音程がずれていようと、ここでは関係はない、それよりも『心』だ。

クリックすると元のサイズで表示します
ジョアオンは私の名前をもうちゃんと覚えてくれていて、「日本人でいいファドを歌う子がいる、みんなで聴こうじゃないか、クミコ!」と紹介してくれた。どんな飾り立てた言葉より嬉しい紹介だった。

前回と同じファドを選んだ、それによって自分の心を確かめたかったからと言ってもいい。発音のことは何も考えなかった、それよりも自分のファドを裏切らないこと、それだけだった。

『Que Deus me perdoe』(神の許しを)

目をつむり、心だけをみつめて歌った。最後のサビ前の間奏で目を開けると、広がっていたのは体を揺らし口ずさむみんなの姿だった。その場の「ノリ」でハミングする時の声じゃなかった、暗闇に溶け込みながら私に呼応するように続いた声だった。それをもらって最後を歌う、終った時に驚くくらいの大きな拍手をもらった。鳴り止まなくていつ次の曲へ行ったらいいかわからなかった。

この一ヵ月半の間に、師匠や大好きなファディスタたち、ギタリストたちが私に素晴らしいものを手渡してくれたことを確信できた瞬間だった。そのままマリアさんに歌うと約束した「Tunica Negra」を歌った、彼女はこれが大好きだと言っていた。

手拍子が鳴る中を歌う、ギタリストまで体を揺らして踊っているみたい、最高に楽しかった。終って明かりがついても拍手が続き、「パラベンス」という掛け声を何人かがくれた、ヴィットール夫妻も。とあるおじさんが私の腕を掴み「気持ちがあった、ファドがあった、だからこれだけ伝わったんだよ。」と興奮気味に話してくれた。この言葉を信じようと思う。

来週も絶対来ようと決めた、ありがとう「A Tasca do Chico」!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ