Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2008/12/25

Gracias por su amabilidad.  2008年リスボン日記

23日〜25日の3日間、スペインのマドリードへ!友人ラーラのお宅で食べて踊って、愛情たっぷりの「ラテンで美味しいもの三昧のクリスマス」を満喫した。
クリックすると元のサイズで表示します
(初日は親戚の方々とラーラ宅で昼食。私の左側のご夫妻がラーラのご両親、緑のセーターが弟さん。ピースをしているのがラーラ!画家のお父さんと、裁縫の上手なお母さんのお家はとてもおしゃれ。このあとフラメンコのステップを少し教えてもらった。)
クリックすると元のサイズで表示します
(翌日24日は祝日。Solという街の大きな広場Plaza Mayorでは露店が立ち並び、パフォーマンスをする人がたくさん。広場は買い物や食事に来た人で溢れ返っていた。)
クリックすると元のサイズで表示します
(昼間だけど、一杯飲もうと立ち寄ったお店はマッシュルーム専門店。オリーブオイルとベーコン、唐辛子オイルをのせて焼いたマッシュルームをつまみながら、サングリアを飲む。とっても美味☆)
クリックすると元のサイズで表示します
(お店の前で、おじさまたちもみんなノリノリ。カタカナでマッシュルームとお店のアズレージョに書かれていたので、日本人観光客にも人気の模様。)
クリックすると元のサイズで表示します
(またまた立ち寄ったレトロで素敵なバルで。闘牛の写真やパネルがたくさん。樽がテーブル!左はラーラの叔母さん、右はラーラのお母さん、このご家族はラテン美人揃い☆このあとは家にもどってちゃんと昼食もとる!)


24日の夕食がクリスマスでは一番大事。洋服も少しシックなものに着替え、どんどんと人が集まる。
クリックすると元のサイズで表示します
(赤いテーブルクロスがひかれたクリスマス仕様の食卓。前菜で頂いたアサリ料理。白ワインや玉ねぎのソースがとても美味しい。)
クリックすると元のサイズで表示します
(0時をまわる頃、「サンタがもうやってきたから開けよう」とお母さんがプレゼントの入った大きな靴下を担いできた。この瞬間までは絶対に空けてはいけないというのがこちらの習慣。みんなワクワクしながら自分宛のプレゼントを探す。私もラーラとお揃いのアクセサリーをいただいた。)

そして、ここからが本番!
クリックすると元のサイズで表示します
(深夜1時ごろから始まるダンスタイム。ラーラたちは普通にフラメンコが踊れる。ラーラのお母さんは特に踊るのが大好き。人が集まる時にはいつも踊るそうだ。そういえば、台所でも料理作りながら叔母さんと踊っていた。)
クリックすると元のサイズで表示します
(踊り疲れた私たち。深夜3時を廻っても、まだまだ盛り上がる。)
クリックすると元のサイズで表示します
(みんなが大好きな曲が流れると、いっせいにペアが部屋を埋め尽くし、思い思いに踊る。深夜4時にやっとお開き!)

最終日の25日はお父さんの実家での昼食にお邪魔した。25人近くの人が集まり、こちらでも美味しいお料理をいただいた。
クリックすると元のサイズで表示します
(初めて食べるものばかりで感激しっぱなし。ホクホクのお魚。)
クリックすると元のサイズで表示します
(そして、子豚の丸焼き!ポルトガルにもあるけど、まるごとの姿で見たのは初めて!家庭でこういう料理が作れるスペインのお母さんたちを尊敬。)

美味しいお料理をいただき、ラテンなダンスの一夜に参加もして、一人でバスに乗って観光も少しできた。ラーラのご家族や親戚の方々が、私も親戚の一人のように迎えてくれて、素晴らしい旅ができた。

家族や親戚でこうやって集まって、わいわい過ごすのって本当に素晴らしい。日本の私の親戚も、お正月やお盆、お誕生日などには祖母の下に皆が集まる。このお正月は北海道の親戚も大阪までやってくるのに、私はいられなくて申し訳ない。家族の愛はかけがえがない、遠いスペインで実感した。帰国したら、祖母からお料理をもっと教わろうと思う。

ラーラ、一生忘れられないクリスマスをありがとう!Gracias!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ