Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/1/31

a felicidade e a alegria  2009年リスボン日記

今夜は「GRUPO DRAMÁTICO RAMIRO JOSÉ」という会が催した「Grande Noite de Fados」に出演をさせていただいた。

「Grande Noite de Fados」といえば、有名なポルトガルのファドコンクールと同じ名前だけれど、このタイトルを他のライブで見かける事もよくある。別にコンクール限定のタイトルではなく、いろいろな所で使われているようだ。今日は記念すべき第1回目だそうで、とあるカフェを貸し切って行われた。こちらに私を連れて行ってくれたのは、「ア・タシュカ・ド・シーコ」でいつも一緒のエドアルドおじさん[写真右上]。彼はこの会の会員で、昨年12月の老人ホームのファドライブ同様、コーディネーターを務めていた。
クリックすると元のサイズで表示します
(Guitarra:Flávio Cardoso[左下]、Viola:Vítor Tiago[左上]
 お2人と初共演、とても素晴らしいギタリストたち!)
クリックすると元のサイズで表示します
(おじさまたちの飾らないファドをたくさん聞くことができた。22時にファドがスタート、終ったのは夜中の2時。お年寄りがたくさんいらっしゃったけど、さすがポルトガル。)

カフェにいる人たちはほぼ知り合いで、昔ながらの友人たちという関係だった。何年かに一度の同窓会というわけでもなく、「今度はファドをやるよ」→「よし集まろう」→「みんな元気かい?」というような感じだった。(なんだ、その記述は!と、おしかりを受けそうですが、本当にそんな感じだったのです。)

このゆったりとした時の流れ、そして、人と人の温かい関係がポルトガルの良さだと感じたし、現代のポルトガルにおいてもファドの場は「人と人」とをつなぐ大事な役割を担っている事がよくわかった。テーブルについて、司会者が時々冗談を交えつつ歌い手を紹介する。皆が静かに歌を聞き、サビになれば共に歌い、「場を共有すること」を楽しむ。そこには一人一人を尊重する姿があった。カラオケがあまり普及しないのも頷ける。

私は「サプライズ歌手」というエドアルドおじさんの計画で、1ターン目の最後に紹介され歌った。おかげさまで大きな拍手と歓迎をしていただいた。帰りの車で、エドアルドおじさんご夫妻が「みんながあなたの歌を気に入っていたよ。だって、誰も音を立てたりせず、じっと聞いていたでしょ。それに、あなたの歌には幸せと喜びを感じるの、だからとても楽しんで聞くことができたよ。」と言ってくれた。

歌に「幸せと喜び」が表れてくれたなら、ポルトガルで出会った人たちからいただいたものに他ならない。今夜のおかげでまたふくらんでいきそうだ。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ