Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/3/29

Aniversário da Dona Maria.  2009年リスボン日記

昨日の予告どおり、お昼に映画を観にいった。選んだ作品は「Marley&Eu」(邦題:マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと)、ストーリーがわかりやすいのでポルトガル語字幕でも大丈夫だろうと思って大学の友人たちを誘った。心配していたサマータイムだけど、今日から始まった事を午前中に伝えておかなければ、やはり危うく会えないところだった。

字幕が早かったので台詞のすべてはわからなかったけど、特に問題はなく映画を楽しむことができた。同じラブラドール・レトリーバーを日本で飼っている友人は涙涙、私も笑って泣いて心が暖まって元気になれた。実家の向かいに住んでいる柴犬の太ロウに無性に会いたくなった。冬に一人と一匹で寄り添って日向ぼっこをしたりしていたのだけど、あの時みたいにフワフワの太ロウを早くまた抱きしめたい・・・。こういう感情はポルトガル語で「Tenho saudades」と言い、「懐かしい」とか「寂しい」という表現として言う。ファドだけに使われる言葉ではなく、普段の生活の中にも「サウダーデ」は頻繁に使う。

それから夜はファディスタのマリア・ヴァレージョさんのお誕生日だった。正確に言うと明日なのだけど、明日はパテオは休みなので、お客さんがみなさん帰ってからカウントダウンをして、ささやかにお祝いをした。こんな日に限ってデジカメを忘れた私、マリアさんをご紹介できません、残念!

マリアさんはパテオのトリを務めるファディスタで、その声量は圧巻。ファド博物館の試聴コーナーでも彼女の声を聞くことができる。彼女の「Lisboa Antiga」と「Nem as Paredes confesse」はお薦め。若手の私たちにはいい先生で、歌詞などに疑問があるとみんなマリアさんに質問している。一見恐そうに見えるんだけど、ご本人はとてもご陽気。ドナ・リナとはとても仲良しで、二人で掛け合いのファドをやるときにはまるで漫才のようになっている。貫禄十分の二人が並んで歌うこの明るいファドは、言葉を理解できないお客様でも釘づけになる。

掛け合いのファドはリスボンでもなかなか観ることができないので、パテオでのこの曲はお薦め!ファドの新しい一面をみることができるはず☆



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ