Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/6/15


クリックすると元のサイズで表示します
今日はまた一つ私の願いが叶えられた日だった。このリスボン滞在の集大成とも言える、新CDのレコーディングを私の大好きなギタリストたちと行うことができた。

ポルトガルギターは師アントニオ・パレイラ、ヴィオラはギリェルメさん、そして師の次男リカルドがもう一人のポルトガルギターで加わってくれた。エンジニアにはミュージシャンから信頼厚いフレデリコ・ガットさん、ベースの腕も素晴らしい彼はミュージシャンとしても参加してくれた。レコーディングを進めながら「とても美しいアルバムになる、光がある」とアントニオ・パレイラは腕を振るった。

ポルトガルにやってきて無我夢中で毎日やってきたけれど、こうやって心に強く願ったことが一つ一つ形になっていくことの喜びをかみしめた。たくさんの愛情を感じながら、ファドの中に生きていることを感じながら歌ってこられた。このアルバムはその思いと歩んできた一歩一歩が詰まったいい作品になると疑わない。

休憩中にリカルドが外に私を呼んだ。彼が指差すスタジオの外の庭には一匹のホタルが光を燈していた。生まれて初めて間近で自然のホタルを見た、それもポルトガルで、こんな思い出の日に。

アルバムは帰国ライブツアーで発売予定です。リスボンの香りが詰まった新CD「Cheira a Lisoba」どうぞご期待ください。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ