Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2009/6/24

Estou perto de ti.  2009年リスボン日記

クリックすると元のサイズで表示します
ついにこの日がやってきてしまった。日本に戻る日が。あっという間に9ヶ月が経った、特に最後の1ヶ月は怒涛の早さだった。私はなんて幸せだったことかと、ただそれだけ。

書ききれない事が山ほどある。言葉にできないと言った方がいいかもしれない。でも確実に言える事は、私は沢山の愛情をもらって、本当に幸せだったということ。

最後の夜の最後のファドはアントニオさんのファド・モウラリーアだった。シンプルで美しさがあるファド、ポルトガルギターをより生かし、ファディスタの歌いまわしを存分に楽しめるものだ。ヴィオラはそれを支えながら一定のリズムを刻み続ける。なんて愛しい時間だろうと思った。オレンジのロウソクの明かりに浮かぶ師匠やギリェルメさん、カルロスさん、ジョアキンさんたちの姿を見ながら、そしてたたみかけて行くアントニオさんの背中を見ながら弾いた。目を閉じながら弾く巨匠アントニオ・パレイラのモウラリーアは本当に美しかった。

仕事の後、みんながケーキやシャンパンを用意して歌ってくれた。ボーイさん、コックさん、オーナー夫妻、ファディスタたち、ギタリストたち、みんなみんな大好きな私の家族。涙をこらえることはやっぱりできなかった。「日本は遠いけれど、心はいつでも近くだから」みんなが言ってくれた。本当にその通り、私の胸には刻まれたファドとみんなの心がある。そう断言できる。また近いうちにリスボアに戻る予定、再会を約束して帰路についた。こんな遠い異国に私は自分の場所がある、そして日本にも。

ありがとう、ありがとう、いつでも心は近くに。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ