Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2010/6/17

Sardiiiiiiiiiinha!  日記

ワールドカップのポルトガル初戦、引き分けで悔しかったですけど、レベルが高い面白い試合でした!

・・・と、サッカーに夢中になっていましたけれど、先日の13日(日)はリスボンの守護神サント・アントーニオを祭る「サント・アントーニオ祭」でした、別名「鰯祭り」!リスボンにいる友人によると、今年も賑やかに行われたとのことです。
 クリックすると元のサイズで表示します
これです、これ!美味しいお塩とオリーブオイルでシンプルにいただく『鰯の塩焼き』(Sardinha assada)。リスボンの空が鰯の煙で曇るんじゃないかというくらい、「鰯鰯鰯」なのです。

お皿でいただくものいいですが、パンをお皿代わりにして、焼いた鰯を丸ごとのせて食べる「鰯サンド」がお祭りには欠かせません!私も食べたことがあります、骨ごとまるごとパンと一緒に食べました、これぞリスボン流!

  クリックすると元のサイズで表示します
夜の0時をまわっても、アルファマの路地は人で埋め尽くされて、飲んで踊る人たちでいっぱい。
 クリックすると元のサイズで表示します
露店もいっぱい。
 クリックすると元のサイズで表示します
サント・アントーニオといえば「鰯」とこの鉢植え「マンジェリコ」!マンジェリコは恋人や好きな人に贈るのが慣わしです。この鉢には愛の詩や、お花もついています。

私も歌っている「Chera a Lisboa(リスボアの香り)」にもこのマンジェリコの香りについての歌詞が出てきます。

 Os lábios têm o cheiro de um sorriso, 
  微笑が香る唇
 Manjerico tem o cheiro de catigas,
  愛の詩が芳しいマンジェリコ
 E os rapazes perdem o juízo
  そして青年たちは夢中で
 Quando lhes dá o cheiro a raparigas.
  その鉢植えを娘たちに贈る

歌の2番にでてくる歌詞です。この「サント・アントーニオ祭り」を想像しながら聴いてみて下さい。

リスボンから写真をくれたガラス作家の豊田康次郎さん、語学留学中のハルナちゃんありがとう!

それから、サント・アントーニオ祭り当日がお誕生日の師匠、おめでとう!Parabéns!!

 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ