Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/7/24

お薦めファドCDシリーズ5  お薦めファドCDシリーズ

 クリスティーナ・ブランコの「Sensus」
クリックすると元のサイズで表示します
 透明感あふれる歌声と息づかいが魅力的。昨年の来日公演で初めて彼女の歌声を聞きました。彼女独自の世界にひたれます。
 主にポルトガルギター奏者であり彼女の夫であるクシュトーディオ・カステロ氏が作曲をてがける曲を歌う彼女。古くからのファドよりもオリジナルの新しいファドを展開しているライブとCD。官能のファドといえばいいでしょうか、13〜20世紀の現代ポルトガル詩人による詩の世界に彼女の透明感のある声が鮮やかさを加えます。人によってはファドではないという人もいますが、時代とともに音楽もいろいろな変化を遂げます。この夫妻のアプローチは私は当然のように思えます、ファドではないとは思いません。定義なんて批評家がいればの話ですし、一個人としてこういうのも素敵だなと思います。
 個人的に「O meu amor」(私の恋人)がお薦め。ポルトガル語が曲のメロディーと絡み合って本当に官能的。詩の内容と同様に詩とメロディーが恋に落ちている感じ。演劇をやっている私としてはシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の一説がファドになっている「Se a alma te reprova」(あなたの魂が気づいたら)も注目。
 新しいものを展開している彼女たちですが、夫は様々なファディスタのCDにスタジオプレイヤーとして参加していますし、クリスティーナ本人もジョルジュ・フェルナンドのCDにゲスト参加していたりと実力は確か。
 一度聴いてください。日本で発売されています。歌詞・解説が日本語でついています。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ