Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2006/1/31

Fado Maior  2006年2月リスボン日記

2月1日(火)晴れ

 今日も、いや、今回も「Fado Maior」は大きな財産を、素晴らしいファドの息吹を私に与えてくれました。大好きなファディスタ・ジュリエッタさんに本当に感謝します。

 約束のとおり今日はFado Maiorへ行きました。先週うかがった時に会えなかったジュリエッタさんに再会しました。ギュッと抱きしめてもらった時はちょっとウルウルしてしまいました。
「元気だった?ほら、そこに(お店の壁に)あなたの写真貼ってあるわよ、他のみんなも元気?」
 いつもどおりの明るさと大きな心で彼女は迎えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
(こちらのお料理は格別ですよ。今日のスープはSopa de Legumes。野菜スープです。Bacalhau á Brásという干しダラとじゃがいもと玉ねぎ・卵の炒め物も注文したとことろ、大盛にしてくれました☆こちらも他のお店より味がいいです。)

クリックすると元のサイズで表示します
(主人のルイスさんとビオラのアウグストさん。)

 昨日会ったビオラのアンドレイは今日はマイオール以外のお店で仕事だそうです。一つのお店に何人かギタリストがいるというのもありますが、リスボンのギタリストは横のつながりがしっかりしていて、ピンチヒッターもすぐ見つかるようです。
 アウグストさんは歌うビオラ弾きで、やわらかな声でファドを聴かせてくれました。そして今日はビオラ・バイショ(ベース)の方もいるという豪華な顔ぶれでした。お客様は私達を入れて二組でしたので、すごい贅沢!冬場は観光客が少ないので大変です、が、明日は満席の予約が入って大変なんだとルイスさんが語っていました。

 ファドが後半に入ったところで私も高柳さんも歌うことになりました。なんと私は4曲も歌わせていただきました。ベースの響きが気持ちいい・・。

 実は今回、マイオールでやろうと決めていたことがありました。去年の6月に来た時に教えてもらったFado menorとFado corridoの掛け合いのファドを今回は里帰りしてジュリエッタさんと歌いたいと日本で決めていました。
 もちろん快くOKしてくれました!今回の渡葡の目的の一つでしたので、嬉しかった〜。
 二人のファディスタの悲しい生き様を掛け合いで歌っていくという曲で、お互いに受け渡しをしていきます。その受け渡しの時の瞬間が最高でした。
 ジュリエッタさんと分かち合う言葉にならない世界、しかも歌っているのは二人の女性ファディスタの悲しいストーリー・・・、はるばる来て本当によかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
(ポルトガルギターのパウロさんとビオラのアウグストさん、そしてビオラ・バイショのルイスさん。)

 アメリカから来たもう一組のお客様が帰ったので、この後は私達だけとなったので、たくさんアドバイスをいただきました。
 声の使い方や歌詞のこと等を丁寧に指導してくれました。本当に心強いです。ありがとうFado Maior!

 で、主人のルイスさんはしっかりとアメリカからのお客様に「日本人がファドを歌うんだよ。すごいだろ、ほらCDだってこんなにあるんだ。」といろいろ披露してくれていました☆
クリックすると元のサイズで表示します
(あ!ジュリエッタさん横向いてたのね〜。)



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ