Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2006/2/5

Muito obrigada!  2006年2月リスボン日記

2月5日(日)晴れ

 真夜中のファドの会に出席のあと、高柳さんに見送られてそのまま深夜3時のバスに乗ってリスボン空港へ向かいました。
 今回の旅にあたって、彼には本当にお世話になりました。ありがとうございました。必ずジョイントライブをやりましょうと約束してバスへ、帰国後は企画に取り掛かります!みなさん、楽しみにしていてくださいね!

 空港への交通手段ですが、以前来た時は知らなかったのでタクシーでしたが、深夜バスがあることが発覚!とってもリーズナブルです。絶対にぼったくられないし、お薦めです、フィゲイラ広場から出ています。

 飛行機が早朝出発なので寝ないで手続きを済ませました。機内の席へ着くとお隣は日本人のご夫婦でした。いろんなお話をしました、旅の終わりにポルトガルをわかちあう方とご一緒できて嬉しかったです、これも何かの縁ですね。ファドについてもたくさんお話しました。また日本でお会いできるといいなぁ。お二人のおかげで楽しい帰路につけました、ありがとうございました。

 アムステルダムからは先ほどのご夫婦とは席が離れました。最前列だったので足がらくらく☆今回は飛行機の運がいいです。
 備え付けテレビで映画「ロード・オブ・ザ・リング」の1と2を連続で観てしまいました。日本についたらすぐにレコーディングとライブなので気が抜けず、あまり寝られないままでした。いろいろ思い返したり、つかんだ感覚を確かめたり、買ったCDを聴いたり・・・頭の中はファドとこれからの事でいっぱいでした。

 移動の日を抜きにして、まるまる一週間をリスボンで過ごすことができました。「もっと長く」と最初は思いましたが一人で行く今回の旅にはちょうどいい時間でした。
 一週間しかないからと全力で取り組むことができました。エネルギーを使いっぱなしでしたので、一週間以上になったら辛かったと思います。
 たくさんの人に会って、宝石のようなファドを聴けて、共に席について話ができて・・・。今回の目的だった「裸のファドに出会う」ことは見事に果たせました。
 前回も本当に実りの多い充実した旅でした。おかげで歌は大きく変わりました。でももっと広く、もっと裸のファドそのものにも出会わないとという思いが日本に戻ってからふつふつと沸いてきました。「私はまだファドをほんの一部しか知らない」と。気持ちも体も飛び込んでファドに触れたい、その思いが今回の多くの「縁」に結びついたように思います。今後も定期的にリスボンには行きます!
 困難も全てひっくるめて心底楽しめました。子供みたいに飛び込めて、幸せでした。ただただ感謝でいっぱいです。日本で私を導いてくれたたくさんの方たち、リスボンで迎えてくれたたくさんの方たち、本当にありがとうございました。

Muito obigada!




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ