Bem vindos ao site da Fadista Kumiko               Kumiko Tsumori                                                                               em Português

2005/1/28

バタバタ〜  日記

 長久手の森のホールに入りました。スタッフさんたちが朝はやくから仕込んでくれています。草や花の幕・飾り物がたくさん吊られて虫の世界がつくられています。ホールは客席が木製でとてもキレイです。キャパは500くらいなので広すぎず狭すぎず。木製客席からみる緑の森の世界は劇場ととてもマッチしています。昆虫記にはいい劇場ですね。
 キャストは午後入りで場当たりに入りました。実際に組まれた装置は予想よりもたっぱが高いものが多く、慣れるのが大変。位置関係・仕掛け・袖の出入り等いろいろ確認します。小屋が日替わりでかわる旅公演の場合、毎日位置を覚え直すので集中力がすごくいります。あっという間に退館時間となり、ホテルに戻ったらぐったりです。
 ホテルにもどってから、先輩の村上幸央さんにつれられて、阿部幸太郎さんと三人でおいしいラーメン屋さんに。おいしくて癒されました。愛知だけど熊本ラーメン、でも幸せ。明日は朝早くから準備に入ります。がんばります。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ