2019/12/1

久しぶりの岡山  鉄道&バス

今日から師走。今年も残すところあと1ヵ月
年々1年が早く感じます。

11月初めに仕事休みを利用して久しぶりに岡山へ路面電車とバスネタの
撮影で行ってきました。
岡山市内を走る岡山電気軌道の路面電車や岡電バスに
世界的に有名なアニメ「チャギントン」が描かれた路面電車とバスが
走ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 9200形1081号
チャギントンとのライセンス契約を結び、「おかでんチャギントン列車」として
3月16日から運行しています。
A車がウィルソン、B車がブルースターをモチーフとしている。
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山200か1200 (幸)三菱エアロエース 2013年式
岡山空港リムジンバス 「チャギントンラッピング」
内装の変更はないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山200か1497(547)
三菱エアロスター(ノンステップ) 2017年式
「チャギントンラッピング」
こちらは内装はチャギントン仕様。

「チャギントン」以外に撮影したものを一部紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 7900形8101号「ハローキティ新幹線」ラッピング
クリックすると元のサイズで表示します
中国JRバス 岡山200か1637(641-5955)いすゞガーラ 2015年式
元広島200か2054
クリックすると元のサイズで表示します
中国JRバス 岡山200か1688(641-9903)いすゞガーラ 2009年式
西日本JRバスからレンタルされている。
クリックすると元のサイズで表示します
中鉄バス 岡山200か1612(2026)三菱エアロクィーンU 1998年式
元両備バス 岡山200か563
クリックすると元のサイズで表示します
両備バス 岡山200か1720(1918)三菱エアロスター (ノンステップ)2019年式
渋川特急用のエアロスターでドライバー異常時対応システム(EDSS)を装備
クリックすると元のサイズで表示します
両備バス 岡山200か1713(1916)三菱エアロスター (ノンステップ)2019年式
こちらもドライバー異常時対応システム(EDSS)を装備
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山200か1327(S03)三菱エアロミディMK
元神奈川中央交通
「スカイビューバス」
スカイビューバスという名の通り、天井をアクリル張りにしているバスで
岡山市内の観光地「後楽園」直行のバス
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山200か1326(S02)三菱エアロミディMJ (ノンステップ)
元南海バス
「夢二黒の助BUS」
岡山駅と後楽園・夢二郷土美術館を結ぶバスで、夢二郷土美術館お庭番の
くろねこ「黒の助」がラッピングされ、内装にも「黒の助」がデザインされている。
クリックすると元のサイズで表示します
備北バス 岡山200か1675 日デ/西工07MC (ノンステップ)2008年式
元小田急箱根高速バス
クリックすると元のサイズで表示します
八晃運輸 岡山200か1644(917) 
日デスペースランナーRM/西工 96MC (ノンステップ) 元東急バス
岡山市内循環バス「めぐりん」
クリックすると元のサイズで表示します
中鉄バス 岡山200か1586(0403)三菱エアロミディMK(ノンステップ) 2004年式
元関東バス
クリックすると元のサイズで表示します
中鉄バス 岡山200か1586(0403)三菱エアロミディMK(ノンステップ)2003年式
元関東バス
創立120周年復刻旧塗装となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
宇野自動車 岡山200か1329 日野ブルーリボンU 2014年式
「岡山後楽園バス」の専用車両で岡山駅から後楽園まで直行で運行されている。
深緑色の特別塗装が施されているが、撮影者泣かせのバスでもある。
クリックすると元のサイズで表示します
宇野自動車 岡山200か1662 三菱エアロスター 2018年式
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山200か1715(565)三菱エアロスター(ノンステップ) 2019年式
ドライバー異常時対応システム(EDSS)装備付きで行先表示は白色LEDとなっている。
クリックすると元のサイズで表示します
中鉄バス 岡山200か1684(0501)三菱エアロスター(ノンステップ)2005年式
元関東バス
クリックすると元のサイズで表示します
岡山電気軌道 岡山22か3657(933) 三菱/西工58MC 1994年式
岡山電気軌道の58MCはあと何台残っているのだろうか?
訪れた日も数台見掛けたが・・・。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ