2020/8/6

75年目の8月6日  

75年目の8月6日を迎えました。
1945(昭和20)年8月6日8時15分に人類史上初の原子爆弾が
広島に落とされ、一瞬のうちに多くの命を奪い、街は焼け野原となりました。
焼け野原の中、緑が芽吹き、街の復興に向け傷ついた多くの方々が、
広島の街を蘇らせてくださったと思うと、深く感謝したいと思います。
毎年のように言われている事ですが、被爆体験者の方々の高齢化が進み、
次世代へどう継承していくかということが課題となっていますが、
8月6日を知らない若い世代も居るのが現実です。
年月の経過と共に風化が進んでいることが残念であります。
原爆直後に入市被爆した亡き伯父さんから投下後の事はよく
聞かされていましたので、もうその話も聞く事が出来ないということが
残念であります。

今年は勤務先の朝礼で8時15分を迎えました。
ただ、ミーティングで黙祷する事無く黙々と話す。
私は目を瞑り黙祷。
先日、広島市内に出掛けた際に平和公園に足を運び
一足早く手を合わせてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
式典準備が進む平和記念公園
今年の式典はコロナウィルスで、感染予防対策もあり例年通りでの
開催でありません。
クリックすると元のサイズで表示します
慰霊碑に参拝

広島原爆の日ということで、関係したことを2点ほど・・・
クリックすると元のサイズで表示します
旧聞ではあるが、6月中旬にリニューアルされてからは来館したことが無い
広島平和記念資料館へ行って来ました。
リニューアルされても、いつも観光客で混雑しているので行く機会が
ありませんでしたが、コロナウイルスで観光客が減少したのを機会に
行った次第です。
現在、入場方法もコロナ対策で変わってるのでHPを参照されたい。
http://hpmmuseum.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
展示内容などは大幅にかなり変わっていた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
広島平和記念資料館から望む慰霊碑と原爆ドーム
やはり背後に写る商工会議所ビルが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
10月末まで地下1階で
この世界の(さらにいくつもの)片隅に 広島のすずさん展が
行われている。
こちらは入館料は要らない。

館内は空いていて時間をかけてゆっくりと見学することができた。
入館しても一番、見て欲しい展示内容を素通りされるという
来館者も見受けられ非常に残念だと思った。
やはり、ご自身の目で確かめて頂きたいですね。

2018年2月から改修工事が行われていた被爆建物「レストハウス」ですが、
7月1日にリニューアルオープンしました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
7月1日にリニューアルオープンした平和公園内のレストハウス
オープン翌日に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
2階にはカフェや休憩スペース
クリックすると元のサイズで表示します
2階にある被爆ピアノ
19歳で被爆され亡くなられた河本明子さんが愛用していたピアノです。
クリックすると元のサイズで表示します
3階は展示室
クリックすると元のサイズで表示します
大正屋呉服店関連
クリックすると元のサイズで表示します
この世界の片隅に関連
クリックすると元のサイズで表示します
ジオラマは平和記念資料館で展示されたものを移設
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
使われていた階段は立ち入らない様に保存されている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地下室

平和公園内のレストハウス1階から3階まで内装が新しくなり
被爆した面影なし。
劣化や耐震で仕方ないとはいえ、残念でならない。
被爆建物としての意味が・・・

先日も広島本通にある被爆建物の広島アンデルセンが
一部を残し建て替えられオープン
まだ見に行けていないが、機会あれば覗いてみたいと思います。

最後になりますが、1日も長く平和な日が続くことをお祈り
すると共に、謹んで原爆死没者の方々の御霊に御冥福を
お祈り申し上げます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ