2020/10/22

観光型高速クルーザー「SEA SPICA(シースピカ)」デビュー  船ネタ

2020年10月〜12月に開催の「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」にあわせて就航が予定されていた、
JR西日本グループと瀬戸内海汽船グループで運航する
観光型高速クルーザー「SEA SPICA(シースピカ)」が10月2日から
就航しました。

SPICA(スピカ)とは、豊穣の女神を象徴する乙女座の一等星
日本名を真珠星と言われており、瀬戸内の海で青白く美しい輝きを
放ちながら、お客様を自由で開放的な旅に誘いたいという
思いを込めて命名されたそうです。

観光型高速クルーザー「SEA SPICA」(シースピカ)」は、
瀬戸内の島々を巡る船旅で広島港と三原港を約半日かけて回ります。

詳しくは以下の各サイトをご覧ください。
http://setonaikaikisen.co.jp/simatabi/
https://www.setouchi-palette.jp/cruise/newship

就航までに試運転で何度か撮影出来るチャンスはありましたが、
撮影出来ず。
10月3日に呉駅で観光列車「etSETOra(エトセトラ)」を
撮影する前に呉港で「SEA SPICA(シースピカ)」を初めて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
広島港を出港後、呉港に入港してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
石崎汽船「翔洋丸」とスライド
クリックすると元のサイズで表示します
JMU呉のクレーン群と建造中のWAN HAIのコンテナ船
クリックすると元のサイズで表示します
呉港入港
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
呉港から出港

観光列車「etSETOra(エトセトラ)」同様に落ち着いたら
乗船してみたいですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ