2013/10/18

オーストラリア海軍潜水艦 呉入港  外国艦船ネタ

10月11日から15日まで海上自衛隊呉基地にオーストラリア海軍の
コリンズ級潜水艦「ウォーラー」が寄港しました。
「ウォーラー」は日米豪など5カ国が参加して9月20日〜28日に神奈川県横須賀市や
相模湾で行われた西太平洋潜水艦救難訓練(パシフィック・リーチ)を終え、
親善と乗組員の休養のために寄港しました。
「ウォーラー」は呉初寄港となりました。

何とか都合をつけて、先日、14日に撮影に行ってきました。
まずはアレイからすこじまから撮影
クリックすると元のサイズで表示します
「ウォーラー」(右)と海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちはや」(左)
クリックすると元のサイズで表示します
コリンズ級潜水艦「ウォーラー」
「ウォーラー」は1996年から2003年にかけて6隻が就役した中の3番艦で
1999年に就航。
排水量: 浮上時: 3,051 トン 潜水時: 3,353 トン
全長: 77.8 m 全幅: 7.8 m 喫水: 6.8 m
通常動力型潜水艦としては大型の部類に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
有限会社バンカー・サプライの呉湾観光遊覧船「呉湾艦船めぐり」の「くれない2」に乗船し
海上からも撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
丸みを帯びた艦首の形状やセイルの大きさなどが日本の潜水艦と違う所ですね。
遊覧船の案内によると、海上自衛隊の潜水艦と比較されると説明もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
乗組員の方々も制服から私服に着替え思い思いに呉での休養を過ごされていましたよ。
「ウォーラー」は15日に母国に向け出港したようです。

呉湾観光遊覧船「呉湾艦船めぐり」の「くれない2」に乗船した際に撮影した船ネタを
次回以降、紹介していきます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ