こんにちは、遊行寺たまです。
漫画のしごとをしたり、しなかったりしています。
「プラスシー」とか「テル・セル」とか描いていました。

…このブログは、お仕事に関する情報や
設定小ネタ、訂正したい誤植
その他、日記などを書いて行くためのブログです。

2018/7/28

「FEif ニーベルングの宝冠」について 2  小ネタ・設定等

クリックすると元のサイズで表示します


「ニーベルングの宝冠」の主人公はレオンですが、彼は魔道の使い手で、私は今まであまり魔法的なものを描いたことがなかったので、どうやって絵にしたらいいのかが悩みどころでした。

ブリュンヒルデの魔道書は重力を操作するものである、という設定でしたので、重力をもって標的を殺傷するというのはどんな感じなのかというのを私なりに考えました。
あの世界で「重力」と呼ばれるものがだいたい地球と同じっぽい感じで働くものだと仮定すると、空間をある体積で区切ってそこだけめっちゃ強烈な下向きの重力をかけたり、ある体積に区切った空間の中心へ・または中心から外側へに向かってめっちゃ強烈な重力が発生するようにすると、うまく使ったら心臓だけ潰したりとか首だけ折ったりとか、または標的を爆発するような感じにしたりなどできるかなと思いました。
レオンは頭がいいのできっと色々私が思いつかないような応用もできると思いますー!!

なので相手が姿の見えない透魔兵で建物の中や味方と乱戦になっている時とかは空間を区切って指定するのが大変なので苦戦してしまうこともあるかなと思います。
逆に、平原で敵しかいない状況だと雑に指定しても問題ないのですごい楽ちんそうです。

木のビジュアルは魔力が空間を走る時に木の形を取っているのかなと考えました。

以上私の妄想かつ捏造でしたー
大変に語彙がない文章ですみません!!


本日の画像もツイッターでの発売お知らせ絵です。
ブリュンヒルデの話題なのに雄々しくマークスです!!!
こちらは上巻発売時のきょうだいシリーズのお知らせ絵の続きになります



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ