2006/12/25

震電の脚  144日本軍

さて、この週末は年賀状と格闘しておりました。
もう止めよっかとも思いつつ、サラリーマンとしては「そうはいっても・・・」
ってとこです。なんとか図案決めて裏面は印刷しました。宛名は年末休暇初日の
処理だな。元旦に着かなくても勘弁してちょ。
 というわけで今回は震電の脚。
メタルキットの脚は主脚カバーと一体。そのままでいくつもりだったんだが、脚柱
が太すぎるのが気になって、自作することに。
左右それぞれ、左から架空戦記、メタルキット、自作の脚。
クリックすると元のサイズで表示します
脚柱は3種類の真鍮パイプのつなぎあわせ。一番外側が0.9mmです。車輪はジャンク
パーツから。
ほぼ完成の状態はこんな雰囲気。
クリックすると元のサイズで表示します
主脚カバーはプラバンからの切り出しです。
さっくり完成のはずのメタル震電、思いのほか時間かかってます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ