2007/6/27

そういえば  144日本軍

屠龍製作にあたってはリベット打ったのでした。
で、どうなったかというと・・・
上面は迷彩が筆塗りになったためにほとんどわからなくなって
しまっています。ま、それが幸いしたってとこでしょうか。
でも腹面はエアブラシ塗装なんでそれなりにわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
これだけアップにするといかに酷いリベット打ちかわかりますね
ラインがゆがんでいるだけでなく、穴の大きさとか向き?とか
いや、正視に堪えんですな。
でも、肉眼で見る限りはなんとなーくリベット感があって結構
いい感じに思えます。ま、自己満足の世界ですから。
疾風でもやってみるか・・・。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ