2007/7/28

さて  144日本軍

四式戦疾風も完成間近です。
実は前に載せた側面写真を見てもらったらわかるんですが
ヘッドレストがもっと前でないとおかしいことに気づきました。
また修正です。
尾輪カバーつけたり、張線張ったりで明日には完成するでしょう。
画像はそれまでお待ちくださーい。

ところで、陸軍戦闘機シリーズも一式戦から始めてここまで来ました。
最後は五式戦ってことになるわけですな。
ここまではともかくもベースとなる素材があったわけですが、五式戦
は1/144が存在しないのよね。私の知る限り。
 で、まあ五式戦ってば飛燕の空冷エンジンタイプってことですから
WCC飛燕からのカイゾーってことになるわけですね。実はこれも既に
144仲間の北風さんが実行しているわけですが・・・。
まあ、二番煎じなわけですけども、五式戦を作るにはこの方法しかやは
りなさそう。
 問題はWCC飛燕のストックが1機しかないこと。私WCCはかなり
所有していますが、飛燕は最低レベルですね。コレクターとしてひとつ
はオリジナル状態を置いておきたい私としては結構つらい選択。
まあ、そんなことより飛燕から五式戦への系譜をちょっと調べてみた。

@WCCの飛燕はT型である。このT型のエンジンは液冷式のハ40
Aで、より出力の大きいハ140に換装した飛燕U型が作られる。
BこのU型は主翼を変えたりしたけれどもあまり良い結果が得られず、
 元のT型の主翼に戻す。これがU型改。
Cでも、肝心のハ140の生産が大きく遅延し、首無し飛燕が並ぶこと
 になる。
Dこの状態を何とかしようと三菱製の空冷ハ112を装着したのが五式
 戦。
Eその後、風防を後方視界のよいタイプに変わったりする。

という位の浅はかな知識しかないのだが、ここで飛燕T型とU型改の図面
を比較してみた。
いくつか少し異なるところがあるけど、最大は垂直尾翼だな。
クリックすると元のサイズで表示します
要はWCCの飛燕をU型に改造してそれから首切って空冷エンジンに換装
するってことだ。
 かなーりメンドーな予感。ま、まったり取り組んでみますかね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ