2006/6/10

法事  

昨日夜から親父の7周忌のため、実家のある神戸に帰っておりました。
今朝、無事に法要を終えてさっき帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
なので本日は作業の進捗なしでした〜。

2006/6/8

Pz.Kpfw.XPanther Ausf A  144ドイツ陸軍

D型の次はA型です。
これはたぶん、WTMのD型ベースだなぁ。ちょっと記憶が曖昧です。
工作は
@前面に操縦手用のバイザー?の取り付け。
A車長用キューポラを対空機関銃架を装着したペリスコープ付のものに。
B左側排気管の両側に冷却用吸気管を取り付け。
CD型と同じように格子状のコーティング。
くらいでしょうか。
Bの冷却用吸気管は戦闘室内のヒーターとして左側機関室のファンを冬季に
は逆に装着し、熱気を戦闘室に送り込むような仕組みになっていたそうなん
ですが、一方で左側の排気管の温度が上がりすぎるという欠点があり、排気
管を冷やすための空気を外部から取り入れるために取り付けられたそうです。
(受け売り)
クリックすると元のサイズで表示します
そういえば、この車両用の情景ベース作ってないや。いつかそのうちに・・・

2006/6/6

Pz.Kpfw.XPanther Ausf D  144ドイツ陸軍

これはかなーり昔の作品です。
第1回P144に持っていったものです。
144ではあんまりみかけなかった格子柄(ワッフル)コーティング
に挑戦したやつです。
格子柄自体は目立てヤスリで慎重に入れていきました。
ただ格子の中にもパターンがあるみたいなんですがこれがいろいろ。
でそこはテキトーに筋入れてごまかしました。
クリックすると元のサイズで表示します
シェルツェンはコーティングをただ荒らしただけの状態にしてます。
ちょびっとだけ頭だした戦車長は戦闘行動中のつもりでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/5

豹祭り  144ドイツ陸軍

ブログを始めてちょうど一ヶ月がたちました。
で、感想。
@思っていたより簡単ではあったが、やっぱり始めてしまうとプレッシャーも。
AAOLって基本、専用プラウザなんでこれが遅いというかなんというか不満
 のもとでしたが、ダイヤルアップの頃から契約しているんで家族個別のアド
 レスもあって腐れ縁みたいに続けておりました。しかしことブログに関する
 限り、エクスプローラーから行けばサクサクではある。ただテンプレートデ
 ザインとかの選択肢が少なくって自由度が低いんだけども。
Bどれくらいの人が見てくれてるんでしょうね。私の場合、AOL上にも公開
 していないので、見てくれている人はP144関係の皆様にメールを送った
 方々及びそこからの拡がりしかありません。でも履歴見ると毎日30〜80
 アクセスになってたりして。予想より多いのでびっくりしてます。
 ともかく144に特化したブログなんでリーチは低くフリークエンシーが高
 いんでしょうね。皆さん、これからもよろしくです。
とりあえず、今週はまた旧作シリーズ。今度は豹祭りでっす。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/4

キ200「秋水」  144日本軍

製作中だった陸軍版秋水が完成しました。
ホントは塗りわけ終わった段階で一度アップする予定だったんですが、
写真撮らずに一気に完成させちゃいました。
「過ぎたるは及ばざるが如し」
昔の人はいいこと言います。仕上げのとき、いつも汚しとかハゲチョロ
とかやり過ぎちゃうんですよね。で、元に戻そうとして余計汚したり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
アラ丸見えですが、各部アップでっす。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/3

秋水の塗装  144日本軍

さて、一応の下準備が終わったので、組み立てます。
写真のように発光ギミックを仕込んで組み立てます。
クリックすると元のサイズで表示します
で、組み立てが済んだら塗装へ。
今回はシルバーなので、まず下地に黒を塗ります。
で、その後は左に写っているスーパーファインシルバーで。
クリックすると元のサイズで表示します
シルバーは筆塗りにしました。
スケールアヴィエーション9月号(「Fw-190」のキットがおまけに
ついていた号)に載っていた作例をほぼそのまま作ろうとしてい
ますので、主翼は白を混ぜました。
クリックすると元のサイズで表示します
このあとは、防空戦闘機隊の主翼白帯、尾翼マーキング、機首上部
の黒塗り、味方識別帯などを塗っていきます。

2006/6/2

秋水のパネルライン  144日本軍

一応、形状の変更を行ったので、今度はパネルラインの変更です。
左がオリジナル、右が改造後です。
赤線のラインが新しい筋彫りの位置です。裏も大体同じ。
オリジナルの不要なパネルラインは瞬接で埋めた後、平滑にしたつもりでしたが、
サフってみると完全ではなかったり、余計な傷をつけていたりしたのでパテで埋め
直しています。
クリックすると元のサイズで表示します
パネルラインを彫るときは目立てヤスリを使って慎重に。私はマスキングテープを
ガイドにしました。主翼腹側は途中に出っ張りがあったりして難しかったです。
尾翼もパネルラインを変えましたが胴体はオリジナルのままです。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/1

Me163から秋水へ  144日本軍

ここのところ秋水を作っていますがベースは前にも書いたとおり
架空戦記のMe163です。
で、その改造箇所をご紹介していきます。
基本的にいい加減ですのでご容赦下さい。
本日は、形状の変更部分です。
下の画像は下が改造前、上が改造後です。
クリックすると元のサイズで表示します

@キャノピー後縁を削って角度を変えました。同時にサイドウインドウ
 の前縁も削ってピラーを細く。
A垂直尾翼は少し形状が違うようなので削って修正。
B尾輪まわりがMe163とは違うようです。この画像ではまだ弄っていません。
これくらいです。
主翼の形状も違うのかなぁ。よくわからないので私はそのままにしました。
次回はパネルラインの変更について・・・の予定。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ