2008/6/29

飛燕  144日本軍

作業机を片付けていたら・・・
これはWCC飛燕の首。
クリックすると元のサイズで表示します
五式戦作ったときのヤツ。レザーソーでぶった切ったので排気管
後部あたりの部分を喪失しています。
でもこれと
クリックすると元のサイズで表示します
ifの五式戦水滴風防型をつなげれば
いわゆる三式戦U型改の後期生産機(キ-61U改)になるのでは。
うーん。でもフィレットあたりとか改造が必要みたいだな。
いずれ挑戦したいと思います。

2008/6/29

キー27その2  144日本軍

先週、コクピットを工作したあと、胴体左右を貼り合わせました。
クリックすると元のサイズで表示します
カウリングの形状を修正しようとしましたが・・・
黒いのは「黒い瞬間接着剤」を盛ったからです。
図面とはまだ違うみたいだけど、手作業だとこれくらいが限界です。
でもって埋まったモールドとかをなんとかしないと。
クリックすると元のサイズで表示します
で、なんとかやってみたのがこの画像。
筋彫を彫るのはむずかしいや。適当なまま仕上げるしかないかも、です。

2008/6/22

キ-27  144日本軍

先週は「IF」に浮かれてました。流れで塗装を落とした五式戦も進めたいのだけれど、その前に97戦をやっつけたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
一応内部工作を進めました。キットのオリジナルを捨てて自作です。計器パネルはデカールです。
この後、左右貼り合わせましたがどーもカウリングの形状が納得できなくて。
いま、改造してます。
 失敗するかもしれませんが、いずれにせよ、既に元のパネルラインとかは消えてます。来週どうなってますことやら・・・。

2008/6/21

最後の IF  144日本軍

IFのシークレット、全部開封して記念撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
私、いろいろ買い集めてるんですが、並べて飾るということをしておらず(場所もないので)、特にシークレット系は未開封のまま置いてることが多いのです(開けると価値が下がると思っちゃう面もあり)が、今回惜しげもなく引っぱり出しました。

さて、シークレットの五式戦ですが、当然胴体はノーマルの水滴風防型とは違います。
主翼や足回りパーツなどは同じようです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
デカールは2機分ありますが、両方使う機会はなさそうです。
真中は自作のファストバック型です。
歴史にもしもは禁物だが、もしもIFが一年早く売られていたならば・・・、貴重なWCC三式戦を潰さずにすんだのに・・・。
とつまらないオチがついたところでIFネタはおしまいです。

2008/6/19

MAS if 流星改  144食玩

今更ですが・・・。機種別のレポート、流星改が残ってました。

ガルウイングがかっこいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
排気管は胴体一体ですが、カウルフラップがエンジンと一体。その先にカウリングというちょっと不思議な3分割。
クリックすると元のサイズで表示します
黒縁の日の丸がなんだか新鮮です。
烈風、天山、流星改、マイクロエースのキットは積んだままになりそうです。

2008/6/19

IF アソートの考察  144食玩

私はコンビニ先行販売で6個、通販で3BOX買いました。この結果とネットでいろいろ見つけたアソート報告なんかからアソートパターンを考察してみました。
事例が少ないのと私の思い込みもあるでしょうから、あくまで推測としてお読みくださいね。責任は持ちませんで。
@基本的に1BOXでノーマルコンプ(最近これは常識ですね)
 ※但し、私の通販分の1BOXでは天山が1つしかなく、ダブリがふたつあって、ノ  ーマルコンプしてなかった。(これはアソートミスかな)
A烈風、流星改、五式ファストバック入りのBOXはノーマルコンプ+シクレ1+ダブ リ1のアソート。烈風シクレ、流星改シクレの時のダブリはシクレと同一機種。
B天山シクレと五式シクレ(檜與平搭乗機)は1BOXに両方入っているようだ。
 このアソートをネットで複数発見。私もバラ買いの6個のうちシクレがこの二つだっ た。(店頭には確か10個だったのでシクレ2つにちょっと驚いたです)

1カートン8BOXだから、AとB4BOXでフルコンプ。カートン買いで2フルコンプの仕様なのかも。
烈風はもともとノーマルのカラバリが1種なのである意味準レアかも知れませんね。
以上、どーでもいいアソート考察でした。

2008/6/19

まだMAS if    144食玩

本日、ifの通販分が届きました。
実は先行販売分を買って出来がよいのがわかったんで、追加で2BOX、計3BOX注文しちゃってました。
きょうは帰宅が遅かったのですが、先ほど開封を終えました。
で、出ました!欲しかった五式戦ファストバック。あなうれしや。あとは流星改真珠湾仕様、烈風坂井仕様。というわけで五式戦檜與平搭乗機、天山淵田仕様を先行販売でGETしているので期せずしてフルコンプ達成です。
 きょうは遅いので画像はありませんが、ファストバック、あすにでもじっくり眺て画像アップしたいところです。 
因みに大型機コレは1BOX購入でシークレットは白塗装の一式陸攻でした。
ではおやすみなさい。

2008/6/17

続・MAS if  144食玩

大型機とIFの通販分、発送通知が来ました。
明日着ですかね。
 さて、大胆にも525円もするIFの五式戦、塗装剥がしのため、ドブ漬けしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
あっさりと塗装がはがれました。(風防は漬けてませんよ。念のため)
確かWCCの第1弾もこんな感じで落ちましたよ。
てなわけでこれからコイツを仕上げていきたいと思います。
あ、これを見て塗装剥がそうと思った方、くれぐれも自己責任でお願いしますね。素材が脆くなるのは間違いないですし。

2008/6/15

MAS if 天山  144食玩

最後は天山(流星改がないのでレポートできず)です。
クリックすると元のサイズで表示します
烈風と違い、天山の排気管は胴体と一体モールドです。
フラップガイドもあります。
蝶型フラップをスライドさせたくなりますね。
クリックすると元のサイズで表示します
フレームの多い風防もそれなりにきれいに塗られています。
こいつの資料もほとんど持ってないのであまりコメントできません。

2008/6/15

MAS if 烈風  144食玩

次は烈風です。
クリックすると元のサイズで表示します
144の烈風は私はまだ作っていないですが、マイクロエースのキットを持っています。
見比べるとifの方が一部リベットがあったりしてよいようにみえます。排気管部分のくぼみもちゃんと表現されています。
 排気管の処理がなかなかよいです。WCCの紫電改と同じ方法でエンジンから排気管が伸びています。
クリックすると元のサイズで表示します
正面から見るとエンジンが奥まりすぎかもしれません。
あとマイクロエースのものとは尾翼の形状がまったく違ってますね。資料がなくてどっちが正しいのかわかりませんけど。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ