2008/7/29

きょうは午前休  144以外の模型

昨日、遅かったので、本日のお仕事は午後からとしました。
さて、
ふだん、このブログをご覧頂いている方はもうご存知だと思いますが、私はだいたい土日や祝日しか模型製作をしないので、概ね更新は週1回土曜か日曜に限られております。
 でこの週末、久しぶりに更新をサボってしまいました。
別にたいした理由があったわけではなく、単にネタがなかったってことなんですど・・・。
久しぶりに144をまったくやらない週末でした。
ホントは多少なりともやるつもりだったのですが、先週ご紹介した懐かしのF1マシンtyrrell P34(ティレルじゃなくてタイレルと呼んでたな、当時は。)の製作に手間取って、他が何にもできなかったのです。
 というわけでジャンル違いではありますが、ちょっとそのあたりのネタで記事を更新しておきましょうか。
 まず、手をつけたのがメッキパーツの処理。ミリタリーモデルやってるとこのメッキパーツってのもあまりご縁がありませんが、カーモデルではないほうがめずらしいと思います。ただ、メッキパーツってそのまま使うとなんか安っぽい感じだったり、ランナーから切り離した部分が成型色丸出しになったりとか、特に今回のキットでは裏面がきちんとメッキ処理されてなくて光沢がない状態(組んだとき丸見えなのに!)だったりするのでなんとかしたい!と思っておりました。
 いろいろ資料を調べるとメッキは漂白剤に漬け込むと簡単に剥がれるとのことなんで早速ためしてみたらホントにきれいに剥がれてくれました。
 問題はその後。どうやって金属感をだそうかと思いましたが実は別の用途で買ってあった↓コレを使ってみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
メッキを剥がしたパーツは下地色に黒を塗ってからこいつを吹き付けました。
クリックすると元のサイズで表示します
わりといい感じの金属感がでてくれました。この後専用のクリアーを吹いた方がよいみたいですが、面倒なのでこのままでもよいかも、と生来の手抜き癖が頭をもたげております。
 ここまではまあまあでしたが・・・
次に、デカールも貼ったボディーの研ぎ出しに挑戦すべく、ウレタンクリアーなるものを入手しました。これは下地を侵しにくく、塗膜も固くて研ぎ出しに向いてるとのことでした。2液混合タイプなんですが、これをガンで吹き付けたところ、液が濃かったのかザラザラになるは、それを修復しようと薄めてさらに吹きつけたら余計にへんなことになるわで大変、つうか素人丸出しの状況に一気にモチベーションダウン。まあ乾燥したらひたすら研ぐのでそれでなんとかなるかと思っているんですが、いまのところ大失敗かも知れない予感です。
 さらにちょっと買い物の付き合いを頼まれてガンに液を残したまま外出したのですが、戻ってきたら中の液が硬化しかけてゼリー状になってるし・・・。
これを取り除くのに結構時間を費やしてしまいました。
おかげで144はなにもできなかったのでした。おしまい。

2008/7/21

この連休  雑記

この連休は結構のんびり過ごしました。
で、趣味の方はと言うと・・・
@1/144
ifの五式戦を弄るべく、図面の確認を・・・。
せっかくだから飛燕U型も研究してみた。
T型とはエンジンが違うんだから当然っちゃあ当然ですが、機首部分、T型とU型ではずいぶん違います。
クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、前に紹介したT型の首を引っ付けて、という安易な考え方は成立しないわけだ。
 この週末の144はこれだけ。
A1/20
毎週末のように模型屋さんに行ってるわけですが、ミリタリー系と材料系の売り場しかみないわけだ。私の場合。GW明けくらいだったかな、通り抜けるだけだったはずのカーモデルコーナーをめずらしく見ていると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
わー懐かしい〜、とか思って買っちゃった。
 で、B−17やら97戦作成の合間にちまちまと制作。
いまはこのあたりまで。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
勝手がわからず、結構たいへん。
この先、「研ぎだし」とかいうWWUミリタリーモデラーである私には無縁の技巧を使わんといかんらしい。はたして完成するのか。
B1/48
しばらく前にタカラトミーから発売された連斬零戦。当時はスケール違いだしスルーを決め込んでいた、というかそもそも売ってるところすら見たことなし。
クリックすると元のサイズで表示します
 きょう模型屋さん行ったらなぜか置いてあった。しかも半額である。
当然買いました。2機分1BOXで2600円。ちょっと得した気分。

2008/7/13

キー27乙 完成  144日本軍

97式戦闘機乙型、一応完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します
日本軍機の三色迷彩塗装ってめずらしいなと思ってこの機体にしてみました。
ウオッシングしたら割といい感じになりました(と勝手に思ってます)
クリックすると元のサイズで表示します
付属のデカールは赤の発色がイマイチな気がしたので日の丸も尾翼の帯もあっち
こっちのデカールからもってきました。
垂直尾翼の太い帯1本が「1」方向舵の細い帯5本が「5」水平尾翼の斜帯が
「八」で「満州第158部隊」を表しているらしい(世傑より)。
クリックすると元のサイズで表示します
画像は光の反射でわかりにくいですね。
そういえばツヤの調整忘れてた。
もう風防もつけちゃったのでいいや、このままで。

2008/7/6

キー27その4  144日本軍

さて、いよいよ塗装です。
今回は飛行第24戦隊第2中隊長 代永兵衛大尉機としたいので
三色迷彩です。
なんかこういう迷彩塗装ってAFV系以来久し振りです。

で背景に写ってるイラストを参考に色を決めました。写真では飛んでしまってわかりにくいかもしれませんが一番薄い色もグリーン系でしたので海軍の空母迷彩用外舷22号というカラーをベースに調色。あとは陸軍らしく濃い緑は草色、茶系は土地色です。
 なんか変な塩梅ですな。まあ、来週ウォッシングしたらいい感じになってくれると信じて。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も塗装は手こずりました。最初に薄い緑をエアブラシ。その後、マスキングゾルを使いながら三色塗って、さあ、と剥がしたら・・・。部分的にサフから全部持って行かれちゃいました。工作前にちゃんと洗ったんだけど離形剤がちゃんと落ちてなかったかな。で毎度ですが、結局手塗りでリカバリーしてます。あーあ。

2008/7/5

キー27その3  

97式戦は強引に工作をすすめております。
妥協しながら九分どおり工作を終えました。
クリックすると元のサイズで表示します
機首まわりに工作を集中してます。
クリックすると元のサイズで表示します
エンジンは説明書どおりに取り付けたはずなんですが、実機の写真を見てると
あまりに奥に引っ込んでいました。でも胴体左右はガッチリくっつけた後なん
で諦めてエンジンを削ってジャンク品のエンジンをはめ込みました。
環状オイルクーラーは真鍮帯板製です。ペラはレジンが気泡だらけだったので
諦めて真鍮パイプとジャンクプロペラでそれらしく仕上げました。
かなり仕上がりに不安がありますけど、このまま進めます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ