2010/2/27

メンフィスベル〜帰還編〜 製作@  144連合軍

今朝の記事はどうもディアゴのまわし者みたいな内容でしたねぇ。

それはさておき、本題に戻って「メンフィスベル〜帰還編〜」の製作記事です。

B−17は前作の出撃準備編と同様、カフェレオのビッグバードvol.3のB−17Fをベースにしました。工作に際しては映画のDVDを見ながらダメージや状態を確認して進めました。

 そのあたり、映画の進行にあわせて(正しいかどうか保障できませんが)ご説明すると...

ベル機は最後(25回目)の爆撃行へ僚機と共にブレーメンへ向けて飛び立ちます。
(この任務を終えて無事帰還すればベル機のクルーは本国へ帰ることが許される。)
目的地に近付くと編隊に敵機(BF109)が襲いかかり、加えて激しい対空砲火を浴びる。
で、最も狙われる1番機が最初に被弾して脱落。

次いで指揮をとった機も被弾し、ベル機の真ん前で爆発四散。

@この時、ベル機の機首(爆撃窓)は爆発した機体から飛び散った血で真っ赤に。

↓オイル汚れとして表現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

これ以降、ベル機が指揮を引き継ぐ。

Aベル機の最初の被弾は、胴体中央部の無線士室。
胴体左の壁を突き破って対空砲火の破片が飛び込み、机の上の日誌が燃える。

クリックすると元のサイズで表示します

B次にコクピットに被弾、真っ赤な液体が飛び散るが、トマトスープだったというオチ。どうも下から被弾したようだが、どのようなダメージだかわからず。

無視しました。

C主翼下(1番エンジンと2番エンジンの間位)に被弾、燃料が漏れる。

↓(汚し前の画像)
クリックすると元のサイズで表示します

爆撃目標の工場に到達するも、煙幕で目標が確認できず旋回して爆撃をやり直す、という必死の選択をし、2度目は無事に成功させる。

D再び、敵機に襲われ、まず胴体中央下部の旋回銃座が破損。

クリックすると元のサイズで表示します

E再び無線士室に被弾。今度は右に大穴が空き、無線士は重傷、火災発生も消火器にて
鎮火。

クリックすると元のサイズで表示します

F第4エンジンが出火。

クリックすると元のサイズで表示します

G続いて上方からコクピット計器盤に被弾。副操縦士席の前のガラスにはひびが入っている。

今回改めて見直して初めて気付いた。対処しておらず。


帰途の指揮を僚機に譲り、ベル機は単独に。急降下で第4エンジンを消火。機体を軽くするために機銃は海上で全て投棄。

第2、第3エンジンのみで基地まで帰り着くが片脚が出ない。

Hクランクを回して手動で脚を出そうとするが、その作業中足を踏み外して右側の爆弾倉の扉が開く。

クリックすると元のサイズで表示します

第3エンジンも停止し、第2エンジンだけとなる。

で接地寸前のタイミングで脚が出て無事ランディング、無事に帰還となるわけです。

で、被弾シーンは出てこないのだが、いつのまにやら一部が千切れ飛んだ垂直尾翼。


クリックすると元のサイズで表示します

塗装でのダメージ表現は一部水性ホビーカラーのスート(すす汚れ)やオイル(オイル汚れ)を使っていますが、失敗したら取り返しがつかないので、大半はすす汚れの表現で黒のパステル粉、第4エンジンの焼鉄色はブラウン系のパステル粉を使用しています。

2010/2/27

週刊 赤城を作る  144以外の模型

本屋さんで「週刊 赤城を作る」の創刊号を見かけたので
手にとってどれどれ、と眺めてみた。
クリックすると元のサイズで表示します
創刊号にはマガジンといっしょにシリーズガイドってのがついてまして
これには完成品の画像がいろいろ載っとります。
飛行甲板をはずした格納庫の画像もあったので、ずーっと放置しっぱなし
の1/700赤城製作の資料になりそうだ、と思ってレジへ行っちゃいました。

で、創刊号には
クリックすると元のサイズで表示します
1000番のサンドペーパー、金ヤスリ、木工ボンド、パテがおまけについており、
さらに
クリックすると元のサイズで表示します
スタートアップDVDには組み立てガイド以外に完成品の画像や赤城の画像・動画などの資料も載っている。

これで590円はお買い得ではなかろうか。1/250の零戦も1機付いてくるし。

ところでいまテレビコマーシャルもやってますが、「赤城」を発音する際のイントネーションってあれが正しいの?付録のDVDでもCMと同じイントネーションなんです。
うまく表現できませんけどがCMやDVDでは「あ↓か↓ぎ↑」みたいな感じ。
私は「あ↑か↑ぎ↑」というような風に言ってるんですが私のほうがおかしいんだろうかしら。どうでっしゃろか。

あっ、いっときますが、私はこれを作る気は全くありません。創刊号だけしか買いません。絶対に・・・。

2010/2/21

間に合った・・・  雑記

すっかりご無沙汰しちゃいました。

本日、秋葉原のイエローサブマリン秋葉原スケールショップさんに行ってきました。

「第2回1/144スケール飛行機模型コンテスト」に出品するためです。


昨年、出しそびれたので今年は是非、とは思っていて、できれば新作をと考えておりました。

出品したのはコレです。

クリックすると元のサイズで表示します


コレ↓ とよく似ていますが

クリックすると元のサイズで表示します

全く別の作品です。

いずれも映画「メンフィスベル」をモチーフにしていますが、

下はP144に展示済みの「出撃準備編」

上は新作「帰還編」です。

1月末時点で出来てたのはベースとアンビュランス・ウィリスだけ。

フィギュアは未塗装、B−17至っては全く手つかずでした。

相変わらずの雑な工作なうえに、時間の制約から結構手抜き突貫工事でしたが強引に仕上げて今日の昼過ぎに無事出品してきました。



クリックすると元のサイズで表示します


2月の休日の時間をほぼ全てコレの製作につぎ込みましたヨ。

間に合わない可能性大だったので、このブログでも「出します!」宣言もできず、深く潜っておりました。

出品番号は55番。この数字がその時点での出品点数とのことでした。

あまり時間がなくゆっくり見れませんでしたが、見覚えのある作品もチラホラ。力作ぞろいで少々気が引けましたがまぁ、参加することに意義があるってことで。

製作過程は少々画像がありますのでこれから随時掲載します。

とても疲れましたぁぁぁ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ