2008/6/14

MAS if 五式戦  144食玩

まずは、最も期待していた五式戦。
WCCの飛燕からの改造では五式戦でもファストバック型つまり甲型しかできません。
水滴風防の乙型には期待していました。
自作の甲型とifの乙型を並べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
特徴的なフィレットも再現されています。
次は上から
クリックすると元のサイズで表示します
膨らみの大きいカウリングが後部に向けて絞り込まれています。これが五式戦のもうひとつの特徴ですね。
私の作品はそのあたりが足りません。
ただ、とっても残念なのはカウリングまで含めて一体でかつ左右分割になってるのですが「なんで〜」ですね。主脚格納庫内部も五式戦だけ(流星改みてないけど)ツルンだし、浅いし。
でも五式戦の特徴をよく捕らえたフォルムだとは思います。
P144までにこの乙型も弄って並べたいですね。
 ところで画像の乙型はシクレの檜與平搭乗機ですが私の作った甲型も檜與平搭乗機です。ファインモールドの1/72五式戦ファストバック型を参考につくりました。
マーキングもそれに合わせています。(垂直尾翼の明野マークだけは色が違います)
帯色とか機番とか微妙にちがいますがどうなんでしょうね。
両方とも正しく檜氏の乗機なのか、違うのか。
では、きょうはここまで、明日は烈風でも。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ