2008/10/19

五式戦&三式戦U型改  

帝国陸軍戦闘機シリーズを拡充するとともに、P144での新作を増やすべく、「IF」の五式戦をベースに制作します。
まずは五式戦の水滴風防型のディテールアップ

クリックすると元のサイズで表示します
排気管を0.6mm真鍮パイプを扁平に潰して制作。実機は6本の排気管があるようにみえる
のですが、入らないので5本でごまかしてしまいました。
カウルフラップを排気管の上に被せるように接着しました。斜めにカットされた五式戦独特の形状ですね。
脚周りですが、車輪と車軸はそのまま使っています。脚カバーのみ、今回は真鍮薄板を切り出して作ってみました。

で、五式戦を改造しての三式戦U型改後期生産型
クリックすると元のサイズで表示します
液令ハ140エンジンに換装された三式戦です。
エンジンが異なる分、機首がT型より長めです。144スケールでは1.5mm位かな
U型改にはファストバック型と水滴風防型の2種類があります。
改造ポイントは・・・
@機首はミニクラフトの飛燕の首を持ってきました。
A排気管はプラッツのムスタングから流用。先端のカバーを真鍮薄板で。
B過給機空気取り入れ口も真鍮薄板で自作
C冷却器覆はプラ板とパテで。
D足回りは五式戦同様

クリックすると元のサイズで表示します
いずれも本日のブログ用に無理やり仮組したもの。
まだ細かいところがいろいろ。
三式戦U型改後期生産型の部隊配備って56戦隊だけなのかな?
部隊マークとかデカールがなさそうなので困ったちゃんです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ