2009/3/22

続「飛燕&鍾馗」  144日本軍

今週は基本塗装です。
まずは飛燕から
クリックすると元のサイズで表示します
【塗装手順】
@先週のうちに下地の黒の上から機首上面をマスキングしてスーパーファインシルバーを吹き付けておきました。
Aちょっとギラツキがきになったので@の上から特色のクラシックシルバー(411番)を吹きました。
Bクラシックシルバーにブラスを混ぜたのと黒を混ぜた2種類を用意し、パネル毎にマスキングしながら吹き付けていき、変化をつけます。左右対称にはしていません。
C防空白帯を塗るついでに味方識別帯の下地も艶消し白で塗装。(マスキングしてエアブラシ塗装)
D味方識別帯をガイアノーツの橙黄色で。
Eついでに胴体の赤帯もマスキングして塗装。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
続いて鍾馗です。
@〜Bまでは飛燕と同じ、というか同時並行で進めました。
クリックすると元のサイズで表示します
で、鍾馗は斑迷彩に挑戦です。
C水性アクリルの濃緑色を薄めに溶いて、圧を下げて機体にひっつけるくらいブラシの先を近づけて慎重に吹いていきます。
でもやっぱりうまくいきませんね。もっと細くないと。
若松大尉機にするつもりですが、この機体ぼかし部分がわりと多いようで筆よりもブラシでと考えたのですが基本的な技術力の限界を思い知らされました。失敗したところはガイアの超精密綿棒に薄め液をつけてこすりました。
飛燕でのBの工程はこの鍾馗にはまったく無駄な行程でした。
その後、飛燕のDEと同様に。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
さて、これから出かけるので今週はここまでかな。
なかなか完成まで持っていけませんねぇ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ