2009/6/14

四式重爆「飛龍」その3  144日本軍

 今週もあんまり作業が進みません。
今回はキャビンなどの内部工作です。
元の操縦席パーツを加工しています。
計器パネル、操縦桿、通信士席まわりなどをそれらしく
でっち上げました。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の飛龍は雷撃型としたいので魚雷を吊下げるフックを自作します。
飛龍の場合、爆弾倉には入らないので、扉を開いたままお腹の下に吊りさげます。

構造がよくわからないのでアリイの1/72を参考にして、適当に作って
います。
クリックすると元のサイズで表示します

キャビン周りの接着は仮止めのつもりで塗装するときは内部全体を取り外す予定でしたが、瞬間接着剤が回り込んだのか、がっちり貼り付いて取れません。

ちょっと困ってますが、このまま塗り分けるしかないのかなぁ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ