2010/4/29

「急降下爆撃機」その4  144食玩

「急降下爆撃機」での私の期待は米軍機でした。

そんなわけでまずはドーントレス。

まずはバラした画像から。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだかコクピット両サイドの彫刻がすごく彫が深いです。

機体色はややマットな感じです。

これはエンタープライズ搭載機ということですが、もうひとつのホーネット搭載機とともに形式としてはSDB−3ということです。

で、カラーシークレットはSDB−1と形式が異なるのですが、解説書の図のようにカウリング上部がSDB-3とは異なっています。

で、現物比較すると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとわかりにくと思いますが違うんですよこれが。
ちゃんと変えてありますよ。これは結構ポイント高いというか、立派ですねぇ。
普通だと「なんちゃって」状態だと思うんですけど。さすがです。

ただ、このシクレの機体、「世界の傑作機」に実機写真も解説書のイラストもそうですが、カウリングの赤い部分、もっと側面まで回り込んでるのになぜか正面だけしか赤く塗られておりません。

正面からと真上からの画像も載っけておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ではおやすみなさーい



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ