2006/7/11

張り線  144日本軍

さて、張り線です。
144では髪の毛が主流みたいだったりするんですが、
私はストッキングの繊維を使ってます。
張り線どうしょうかと悩んでいろいろ検索していて、確か
艦船模型でストッキングの繊維を使っているっていう記述を
みて挑戦してみたんですね。最初は。
百均で靴下みたいにくるぶしまでのストッキングを見つけて
買ってきました。それに鋏入れて繊維を引っ張りだします。
使うのはその繊維と極細銅線。
クリックすると元のサイズで表示します
繊維はこんな風にチリチリなんですが・・・。極細銅線またげて撚る。
あっ、因みにこれ繊維5本位ですね。ちょっと太めです。
これを引っ張ってテンションかけると下の画像みたいに。
クリックすると元のサイズで表示します
撚った銅線を垂直尾翼に穴空けて瞬着で固定。で両端をアンテナ
支柱に巻きつけて固定して出来上がり。アンテナ支柱は真鍮帯板
から作ってますが、張り線巻き付けたいあたりに目立てやすりで
傷つけとくと引っかかって作業しやすいです。
クリックすると元のサイズで表示します
3本撚りくらいがきっとスケール的にはよい感じかと思いますが
強度と本数は正比例しますんで・・・。あとこの方法では弛み
は表現できまっせんです。
それでは、おやすみなさい。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ