2006/11/1

紫電改その5  144日本軍

ちょっと後戻りした画像を・・・
クリックすると元のサイズで表示します
主翼から空戦フラップを切り取ったところです。
フラップを下げ状態にすると露出する部分は丸みを帯びているので
そこにはクォーターラウンドのプラ棒をくっつけて整形しました。
でもその画像撮ってねえや。写真は単に切り出しただけの状態です。
クリックすると元のサイズで表示します
モーターはこんな感じです。片側にパテを盛ってモーターを埋める。
ここでちゃんとセンターになるように位置合わせをしておいて固定。
左右を張り合わせるときにもう一方にもパテを盛って完全に固定。
我流のやり方です。モーターの放熱とか全く考えておりません。
クリックすると元のサイズで表示します
完成したら展示はこんなイメージかな。
P51の背後にピタッとくっついて、「もらった!」と思ったら実は・・・
って、そしたらこの虎縞P51は弟じゃん!!
詳しくは原作をどうぞ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ