2010/7/4

再開マクラーレンその2  144以外の模型


今週は下地塗装です。

光沢のブラックを吹きました。

全身真っ黒です。

クローム塗装するパーツはすべて黒を吹きました。

メタルパーツの磨きやサフ吹きで苦労しました。

144スケールに比べると塗装面積も大きいのでたいへんです。

クリックすると元のサイズで表示します

パーツは紛失しないように百均で買った小物整理箱に弱粘着性両面テープ
を使って保存しています。

来週末まで乾燥です。

ではおやすみなさーい

2010/7/4

強風その2  

元の紫電のすじ彫りを消して、強風のパネルラインを彫りなおしました。

地味な画像ですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

先週紹介したタガネで彫ったものです。
苦手な作業ですが、ちょっとうまくいったような気がしてます。

しかしながら、機首部分の工作がちょっと大変そうです。
カウリングの整形くらいで済むかと思ってましたがよくよく図面を比べてみると
なんかいろいろ違うんですけど。

また少し停滞気味です・・・。

2010/6/27

再開マクラーレンMP4/22 その1  144以外の模型

先週から「強風」と「マクラーレン」を同時並行で作業を始めました。

先週はどちらも削ったり、埋めたりの地味な作業で、記事にもならず、更新しませんでした。

きょうはマクラーレンのサフ吹きです。

慣れないF1マシン、しかもマルチマテリアルキットなんで組み立てと塗装の順序が全く分かりません。

一応、どう考えてもこれを先に組んだらあとでデカール貼りとか苦労しそうなパーツは組まずにサフを吹きました。

メタルパーツは一応、先週メタルプライマーを塗ってあります。

144の戦闘機と違って、結構大きいのでサフ吹きもいつもとは違う感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の日本GP(富士スピードウェイ)仕様です。アロンソのマシン(確か早い時点でリタイアしちゃったはず)にするつもり(背景の写真はハミルトン)。

しかしサフ吹くといろんなとこに傷やらなんやらがあって、ちょっとブルーな気持ち。


さて、ここらでちょっと工具類をご紹介します。

今年、3月ごろに通販で北海道の「スジボリ堂」というお店から買った商品です。

クリックすると元のサイズで表示します

左半分は研磨系の工具。

手前は「ハンディ鉄ヤスリ 鬼斬(おにぎり)」の細目と粗目。
ザクザク削れます。
その後ろ3つは「マジックヤスリ」の400#、600#、800#。
ホルダーとヤスリをマジックテープでくっつけて使います。使い切ったら剥がしてヤスリ面を交換します。なかなか使い勝手がよろしい工具です。

一番後ろの黒いのは「パフレックス」という仕上げ用研磨ツールで黒いのはスポンジ。これを適当な大きさに切り「パフレックス」を貼って、2000#で磨いたあと、さらに使うものです。まだ未使用です

右上は「ナノスティック」と「UVクリア接着剤」。「ナノ・・・」は粘着スティックで細かいパーツ用にピンセット代わりに使うものです。「UV・・・」はクリアパーツ専用高透明度接着剤で紫外線LEDライトを当てて硬化させるものです。エアモデルのキャノピーやカーモデルなどに重宝しそうです。いずれもまだ使ってません。

で手前がスジボリ工具の「BMCタガネ」。

クリックすると元のサイズで表示します

ZEROと0.15という極細サイズです。
P144仲間のZIMBAさんがこのお店、知り合いみたいでして、静岡で「144だとどれくらいのサイズがいいんでしょ」って聞いたら「0.2位だと思う。それ以下だと細すぎて扱いにくいし必要ないと思う」とおっしゃってました。
その時点ですでにそれ以下のを買ってしまっていた私は内心「失敗した・・・」と思いながら黙って聞いておりました。
今、「強風」のパネルラインのスジ彫に使ってますが結構使い勝手いいですよ。ダイモテープをラインに沿って貼ってそれをガイドに彫るんです。

てなわけで、いずれも決して安いものではありませんが、やっぱり工具は仕上げや作業効率を思いっきり左右しますし、高いの買うと大事にもするので、結構がんばっちゃいました。


2010/6/13

強風その1  144日本軍

さて、N1K1強風の製作、やっと少しだけエンジンがかかってきました。

いまさら「その1」でもないのですが、ここから強風の製作記としましょう。


今週は機体に手を入れました。

まずは、ベースとなるウイングキットコレクションの紫電の塗装を剥がしました。

Mrカラーの薄め液で落とせました。が、やっぱり材質は脆くなります。
一か所ひびが入りましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

主翼は機銃とかフロートが全然異なるためにパネルラインが全く違います。

そんな訳で黒い瞬着で埋めたり、削ったりしてます。

尾翼は水平も垂直も紫電より大きいので拡張しています。

胴体尾部も形状が異なるので削りました。

今週はここまで。

次週は機首周りかな。ではでは。

2010/6/6

ブレまくり  144以外の模型

静岡以降、なんだかんだと週末行事が続いて、模型製作もそうですがブログ更新もままならず・・・。

 そうはいっても何もしなかった訳でもなく・・・。かといって集中するでもなく、あっちこっち、手を出してブレまくっております。


まずは、静岡で買った「ビビビのねずみ男」

皆さん、ねずみ男の着衣って何色だと思いますぅ?

私は完全にねずみ色だと思っていたのですが、原作は黄色でした。

ゲゲゲの女房みても確かに黄色。

気になって調べたら、アニメの鬼太郎、初期はやはりねずみ色だったみたいです。

アニメもその後黄色になったようですが・・・。

初期のアニメのねずみ男が刷り込まれていたのね。

そんなわけで、原作に忠実に黄色にしましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

髭が3本だったのですが、原作に合わせて4本に。
また髭用素材としてテグスが入ってましたが、テーパーつけなきゃと思って透明ライナーをあぶって伸ばしたものを使いました。強度は不安ですが。

安定して立つように足元に鉛を仕込みました。釣り用の錘と
カメヤ謹製粒鉛を仕込んでいます。
粒鉛、ナカナカのものです。一生使うことはないかと思いましたが・・・。


続いて去年のGW以降、放置されていたマクラーレンMP4/22を引っ張り出してきました。このところF1のキットを立て続けに買っているのですが無理矢理でもこいつを完成させないと次に進めんなと思ってます。

といっても肌荒れのひどいメタルパーツを磨き始めただけですが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

手前のパーツが一応磨いたヤツですが、これでもまだ少し荒れが残ってます。
地味な作業過ぎて根気が続かん。

で、144はというと

クリックすると元のサイズで表示します

主フロートの形ができたので、(スジ彫りに不具合はあるが)仮組してみた。

機体側もいろいろ手を入れねばならず、こちらも先は長い・・・。

さて、この先どうなりますことやら・・・。

2010/5/16

WIN7  雑記

更新が遅れました。
きょうは1日フリーだったのに・・・。
私のメインマシンのOSをVistaのHome Premiumから7のProfessionalにアップグレードしたらなんだかんだで丸1日潰してまだ少々不具合が残っております。

 さて、昨日1日だけ参加した静岡HSでございますがことのほか楽しかったですよ。
昨日の朝のP144ブース立ち上がり状態は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

向かって左のNゲージはIKEさんの労作、CCDカメラ搭載車両が走ります。これが親子連れに大受け。
 マニアしか来ない?秋葉原のP144に比べるとプラモなんてご縁のなさそうな方々がたくさんいらっしゃるのですよ。そんな方々やお子様連れには動く模型とゴジラはなかなかのアイキャッチになるようでした。

私といえば、どこを歩いても模型だらけのイベントに大興奮。
開場まもなくそそくさとSWEETさんのブースへ直行。

クリックすると元のサイズで表示します
ありました。統一型落下タンク。レジン製で1500円。少々お高いがとってもよい出来。しかもイベント限定で機体付き。SWEETさんは10周年だそうです。当然購入。ついでにネコ付きフライトデッキもね。
次の新製品はあの二式水戦だそうです。いよいよですね。レジン製のキット所有者としてはちょっと複雑ですけど。
落下タンクは飛燕の資料のなかに出てきて商品化を思い立ったとのことでした。飛燕についても期待のもてるお話を頂戴したので楽しみです。

お布施のつもりでポスターまで買ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
早速壁に貼ったら、嫁に中高生の子供部屋みたいとか言われましたよ。

ほかにも少々買いました。
ハセガワのブースに寄って、タミヤにいくといやでも目に入るロータス79。
JPSのロゴには特別な思いのある私は大興奮。反時計回りに歩いた先には禁断のSTUDIO27ブースが・・・。
 迷った末に買っちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します
いつ作るんだか・・・。
これの倍近い値段でロータス72Dも売ってましたが躊躇しているうちにあっさり他の人に買われてしまいました。

タミヤブースでは
クリックすると元のサイズで表示します
1/32の零戦52型用エンジンパーツです。メッキ仕様でございます。
エンジンだけなら作れるかも・・・なんてね。

さらにモデラーズフリマでわ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ねずみ男のプラモです。
何を買うておるのだ。
いや、800円だったし、4月からゲゲゲの女房、欠かさずみてるし・・・。

そんなわけで、初参加の静岡HS、とっても楽しかったです。
昔の仲間のdoraさんにも会えたしね。

イベント終了後は静岡駅近くの居酒屋でしぞーかおでん食べながら打ち上げしました。
どれもおいしかったです。
朝早かったし、興奮してたし、そこへ一人で日本酒4合も飲んだので帰りの新幹線は爆睡でした。気づいたら東京駅でしたよ。

皆さんお疲れ様でした。

2010/5/9

今度の週末は静岡です  雑記

クリックすると元のサイズで表示します

GWも終わってしまい、明日から当分祭日もなく月〜金めいっぱいかと思うとややブルーな気持ちに・・・。

でも今度の週末は静岡ホビーショーだぃ!
合同作品展のP144ブースに私も参加します。
私は土曜だけの参戦なのでちょっと残念なんですが・・・。

明日から仕事も忙しいし、土曜は朝早いので、きょうのうちに荷造りしておくつもりです。

修正していたメンフィスベルの情景も作業完了しました。

ウィリスMBは

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中2両が新たに作ったダメヤ製で少々手をいれてあります。
ピンボケの両端2両がアイコム製。
比較すると全長が全然違う。144倍したらたぶん物凄い違いかと。

デカールの貼り直しは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
MYKさんのデカールで統一できました。
よく見ると貼ってる位置が少々ずれてるかも。
まあよしとします。

静岡HSにご来場予定の方、是非P144ブースにお立ち寄り下さいね。

2010/5/5

「急降下爆撃機」最終回  144食玩

最後に残ったスツーカを紹介しておきます。

ルーデル機が3種揃いました。
左から、アルジャーノン、F-toys、マイクロアーマーだす。
クリックすると元のサイズで表示します

F-toysの翼端の尖がり具合はこんな感じ。
(左:F-toys、右:アルジャーノン)
クリックすると元のサイズで表示します
確かに尖がってます。

腹面の国籍マーク位置が三者三様です。
上から、アルジャーノン、F-toys、マイクロアーマー
クリックすると元のサイズで表示します
デカールで貼るのは真ん中のF-toysだけでそれもなるべくインスト通りに貼ったつもりですが・・・。アルジャーノンはちょっとナナメになりすぎのような。

今回の「急降下爆撃機」、私は2BOX買いました。1つ525円ではそれで1万円超えますので、このあたりが限界ですね。例の特典狙いもあって定価買いでしたから。
全体に私個人としては満足していますし、今後もアルジャーノンさん、カフェレオさんには頑張ってほしいです。

ただ、ちょっと改善してほしいのは、画像のような塗装の不具合です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1BOXでこんな感じのがでてきました。
全体としての塗装の仕上がりは悪くないと思うのですが、雑な補修が残念。

ではこれにて。

2010/5/2

静岡参戦  雑記


今年も5月15・16日に静岡ホビーショーが開催されます。
併催されるモデラーズクラブ合同作品展にはP144も参加しています。

今年、私は初めて参戦することにしました。
一度行きたかったので非常に楽しみであります。

展示作品は新作もへったくれもありませんが、双発機を中心にいくつか持っていくつもりです。

きょうはその準備をしてました。

メンフィスベルは出撃準備偏と帰還編を持っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

この二つは製作時期が異なるのでデカールが違うため、並べて展示すると違和感があります。

なので出撃準備偏の機体からデカールを取り除きました。塗装にダメージが発生したのでエアブラシでリカバリーしてます。

このあと、帰還編と同じMYKさんのデカールを貼る予定です。

また、帰還編の2台のウィリスがマイクロギャラリーのメタル製でちょっとオーバースケールなもので、先日浅草橋でゲットした小模研さんのものに差し替えるつもりです。

土曜日だけの参戦なのであんまり時間がありませんけどいろいろ見て回ってモチベーションをあげて帰ってこようと思います。


2010/5/1

「急降下爆撃機」その5  144食玩

さぁ、本格的なGWでございます。

本日はヘルダイバーでございます。

まずはバラした状態から。

クリックすると元のサイズで表示します

ヘルダイバーはやっぱりヒコーキとしてはとっても不細工ですねぇ。

個人的には美的センスのかけらもないように思います。でもそれがまた個性だったりするわけでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これに関しては比較対象がないのですが、ともかくモデル化してくれてありがとう!アルジャーノンさん、ってとこです。
爆弾倉の開状態を再現できるのはうれしいオプションです。

後はカメヤさんにこいつとドーントレスの多孔式ダイブブレーキの開状態エッチングパーツを作ってチョーダイ!ってお願いしたいと思います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ