2006/5/31  23:56

アルフィーのコンサート  

クリックすると元のサイズで表示します

市川市文化会館へTHE ALFEEのコンサートを見に行って来ました。
そう、昨日のブログに書いた年季のはいった王子とは、たかみーこと高見沢さんのことでした。まさに王子様でしたよ。衣装とかもすごかった。
ALFEEのコンサートは、武道館公演しか行ったことがなくて、ホールに見に行くのは今回がはじめてでした。1階の一番後ろの列でしたが、結構よくみえました。(SMAPやkinkiの豆粒状態に比べたら、すごく近い)
3時間以上、おじさまたちは、とてもパワフルでした。トークも楽しいし、もちろん歌もギターも最高。
特にたかみーのギターは、トークでみせるお茶目な感じと対称的で、アダルトで、セクシーで、激しくて、ときにせつなくて、かっこいいです。
それから、照明の演出がとっても凝っていてきれいでした。

それから、たかみーの一番ショックだったことが昨日あったとかで、昨日の堂本兄弟の収録の話をしてくれました。光ちゃんがたかみーにショックをあたえちゃったんですね。ネタバレになるので、内容は書くのはひかえますが、浜崎あゆみがゲストの回だそうです。光ちゃんの話が思わず聞けてうれしかったです。

それから、桜井さんの歌声はやっぱりさすがって感じでしたが、いろんな面で笑わせてもらいました。桜井産さんは、いじられキャラですね。(でも、3人ともそうかな?)
3人中で、外見からいうと一番私のタイプである坂崎さんも、すっごくお茶目でおかしかったです。それでいて、曲にはいると、みんな、プロのミュージシャンになるんですからね、ギャップがすごい(笑)
まあ、そんなこんなで、今日は楽しい時間をすごせました。

さそってくれたお友達に感謝です。帰りも、遠いところ車でおくってくれてありがとう。


2006/5/30  21:37

抱いてセニョリータ  ジャニーズ関係



山Pこと山下智久くんの「抱いてセニョリータ」の初回限定盤(DVDつき)を購入しました。
これから、DVDを見ます。ビデオクリップとオフショットらしいです。

先日、テレビで山Pは「年上はありか」という質問に「お母さんの歳まで」と答えてました。で、山Pのお母さんって42歳なんだそうです。
「ウサギ団か?」ってダウンタウンの松ちゃんが聞いて、「はい」って言ってたので38年生まれってことですかね。(私も実はウサギ団)
ちょっとショックだったりして。
まあ、山Pファンというわけではないんだけどね。
ジャニーズ好きの私も、きゃーきゃー騒ぐのは、自分の息子より上の子だよなって、定義があるんですが(勝手に決めてる)
それによると、山Pはありなんですが、山Pから見るとなしなんですよね。
今迄、相手のことは考えてもみませんでした(^^ゞ

まあ私には、光一王子がいますからいいんですけど…(笑)

そうそう、明日は、年季のはいった王子のコンサートにいってきます。


2006/5/30  21:14

読み聞かせ  

今日は、小学校の朝の読み聞かせボランティアの日でした。
今月は5年生。
私が読んだ絵本は
クリックすると元のサイズで表示します
ふつうに学校にいくふつうの日
コリン・マクノートン/文 きたむらさとし/絵 柴田元幸/訳
[要旨]
ふつうに学校にいくふつうの日、ふつうの男の子はふつうの夢からさめて、いつものように、ふつうの学校にでかけました。ふつうの教室にはいって、ふつうの席につくと…。ふつうの男の子がであったぜんぜんふつうじゃないすばらしい体験。

(e-honのHPより)

ふつうでないことの楽しさがこどもたちにつたわったかしら?
読んでいてふつうでない先生が登場しふつうでない授業をする場面になったら、担任の若い男の先生が身を乗り出して聞く気配を感じ、緊張しました。先生うけしたのかな?

他のメンバーが読んだ本
人にはどれだけの土地がいるか
 トルストイ/原作 柳川茂/文 小林豊/画

てんぐだいこ
 神沢利子/文  赤羽末吉/絵





2006/5/28  17:39

ジャニネタですが  ジャニーズ関係

先日のMステで、山Pの「抱いてセニョリータ」を見た。歌は毎週クロサギで聞いてたんだけど、歌ってるところ初めてみたわけです。
子どもたちも、「なかなかいいじゃん」って。
「でしょ、CD予約してあるんだあ」って自慢したらちょっとひかれた感じ(^^ゞ
クロサギで聞いて、いいなあと思ってたのよ。携帯に着うたもすでにいれてるのよ(笑)
ああ、でも、山Pがすごく好きってわけではないです。きらいじゃないけどね。
しかし、山Pの胸筋ったら、すごかった。あんまりみたくなかったなあ。
山Pはそんなにたくましくなくていいからなんて、勝手なことをのたっまっておりました。
で、今日はya-ya-yahで藪くんと八乙女くんがこの曲歌ってて、ああ、この二人、相変わらず、上手だなあって思ったけど、山Pの方が断然色っぽいなあって思った。娘も藪くんってこどもっぽいって(高校生なのにね)

さてさて、私の光ちゃん(笑)もついにソロシングル発売が決まりました。
2006/7/12
「Deep in your heart」・「+Million but -Love」

7/7と7/14にはMステ出演予定との情報もはいってきた。
いっそのこと6月をすっとばして7月にならないかなあなんて思っちゃう。
待ち遠しいなあ。

2006/5/27  19:34

今日のできごと  家族

昨日の夕方、夫が無事、タイより帰国しました。お土産にトムヤンクンセットがあったので、これから、つくってみようかと思います。

今日は、午前中、娘の部活保護者会でした。
昨年は、演奏してみせてくれたりもしたのですが、今年は、先生からのお話と自己紹介、役員決めだけだったので、ちょっとものたりなかったかな。
練習の様子もみてみたかったなあ。
12時半におわったので、家にもどらず、職場の近くのデニーズで友達とお昼を食べ、2時から、仕事をしてきました。

今、娘のピアノのレッスンが終わったので、これから、超特急で夕食の支度です。

2006/5/25  20:54

嫌なこととと嬉しいこと  

今日は、いい天気だったのに朝から気分が悪かった。
というのも、ベランダのみぞに鳥の死骸が3羽もあるのを発見したからだ。
この季節、ムクドリらしき鳥が家々に巣をつくっていて、毎年、騒音と糞に悩まされているが、毎年のことなので、仕方ないなあとあきらめているが、たま〜に、死んでしまう雛がいる。ここ2〜3年、そのいやな光景を見ないですんでいたのだが、今年は、3羽も同時に発見してしまった。しかも、雛にしては、少し大きかった。
雨が多くベランダにでる回数もへっていたので、鳥たちは巣のつくり放題という感じだった。
で、そのまま放置しておくわけにもいかないので、その死骸をとって、庭の隅に埋葬しました。

そんないやな気分を唯一すくっくれたのは、窓辺においてあったハイビスカスの花が今日咲いたこと。ただ。水をあげるだけしかしてなかったけど、今年も花をつけてくれました。花が咲くというのは、やっぱり気持ちを明るくさせてくれるものだなあと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/5/25  20:40

読書記録  

クリックすると元のサイズで表示します

私を見て、ぎゅっと愛して 上 下  
   七井翔子/著  アスコム

2003年12月15日から2005年2月1日までCGIBOY「日記のススメ」で掲載されたインターネット日記「翔子の出愛系日記」の書籍化。

弱くて、淋しくて、純粋で、でも、強い彼女の心情が、ストレートにつたわってきて、読んでいて、せつなく、苦しく思いました。
共感するところもしないところもあるけれど、いい方向にむかってよかったなって素直に思いました。

2006/5/24  21:04

ダ・ヴィンチ コード  映画・ビデオ

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、映画を観てきました。(レディースデーだったしね)
そう、トム・ハンクス主演 ロン・ハワード監督の「ダ・ヴィンチ コード」です。

これ、原作を読んでない人もわかるのかなあ?っていうのが第1の感想。
というのは、あっというまにおわってしまったという印象だったから。
説明がちょっと少ないような気がしました。
私は本を読んだときも、なかなかわからなくて、何回か、前のページにもどったりしてたので、きっと、読まないで観たら、ついていけなかったかもしれません。
でも、読んでいたために犯人(黒幕)や展開、結末がわかってしまっていたのは、もったいなかったかなあとも思います。えっ、そうだったの?っていう展開なので。(まあ、それは、本を読んだときに、一度満足しているので、いいのかな)

でも、ルーブル美術館をはじめとする建築物や、パリやロンドンの街並みは、実際行った事がない私にとって、映像で観られたことにより、より理解ができたような気がします。
車での逃亡シーンなども、映像ならではの迫力を感じたし、映画と本、両方みることにより面白さが倍増すると思います。

2006/5/23  17:44

ラブレターの日  

5月23日はこいぶみ(恋文)だから、ラブレターの日なんだって
ラブレター、最近書いてないしもらってないなあ(笑)
ああ、この前の母の日に娘から、もらったっけ(え?違う?)
ああ、SMAPさんから、来たなあ(え?それは会報?)
 
ラブレターに限らず、直筆の手紙ってあまりもらわなくなったなあって思う。
携帯やパソコンでのメールがほとんど。
くるとしたら年賀状か、友達にCDやビデオのダビングしてもらって郵送してもらうときかな。ああ、この前は、台湾の女の子からもらったけどね。うれしかったなあ。

直筆で書かれた宛名にまず感動しちゃうのは、大げさかしら?
でも、自分の名前を書いてもらってるってうれしい。手紙をよく書いていた昔は、そんなこと思わなかったんだけどね。
私の若かりし頃の大恋愛時代(笑)にメールがなかったことにちょっと感謝。思い出のいっぱいつまった手紙は、クローゼットの奥の方におしこまれてて、容易にみることはできないけど、宝物だなって思う。

2006/5/21  22:13

ザ少年倶楽部  ジャニーズ関係

今日のザ少年倶楽部はヒガシ(東山紀之さん)がゲストでした。
アンダルシアに憧れてのフルバージョン よかったですぅ。ダンスうまいなあ。風格があるなあ。バックのMADは、緊張したんじゃないかなあなんて思っちゃった。それにしても、スタイルのよさにうっとり。ヒガシは70歳になってもアンダルシアをやりたいって言ってたよ。すごいなあ。ぜひ実現してほしい。超かっこいいおじいちゃんだよね。いや、おじいちゃんにはならないよなあ。ああ、見たい!!
ヒガシって負けず嫌いなんだね。しかも、相手は自分。自分に負けたことがないんだって。そういう意志の強さは、光ちゃんも同じだね。
そうそう光ちゃんといえば、VTR出演したのだ。出るの知らなかったので、ビデオ録画するのまにあわなかったのは、残念だけど、とりあえずみられたのでよしとしよう。
それから、太一くんとのセッションもよかったなあ。太一くんの歌ってあまり聞いたことなくて、ああ、上手って思った。もちろんピアノもよかった。
それから、MAのコーナーのダンスもかっこよかった。私は屋良くんの軽やかなステップがお気に入り。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ