2006/6/29  20:43

うたばん  ジャニーズ関係

うたばんをみてたけど、中居くんがいないとなんか違うなあ。安住アナもおもしろいけどね。
中居くん、治ってよかったね。でも1週間おやすみできて、かえってよかったかもね。働きすぎだもの。
来週はいよいよ光ちゃん登場みたい。やったぁ!!


2006/6/27  21:12

読み聞かせ  

今日は読み聞かせボランティアの日でした。
寝不足のひどい顔であわただしく行って来ました。(朝の読み聞かせは声がでなくてつらいです)
今日は4年生でした。
私の読んだ絵本は
クリックすると元のサイズで表示します
どうぶつさいばん ライオンのしごと
竹田津実/作 あべ弘士/絵  偕成社
タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。

他のメンバーが読んだ絵本
うろこだま
長谷川摂子/文 下田昌克/絵  岩浪書店

ぼくのへやにうみがある
マーガレット・ワイルド/文 ジェーン・タナー/絵
しろたのぼる/訳  ほるぷ出版


2006/6/25  16:16

日曜の朝  

昨夜は、友達と夜中の3時ころまで、IMして夜更かしをしていました。
でも、今朝は、仮面ライダーカブトを見るために8時前に起床(笑)
今日は、息子は、起きてこないなあと思って一人で見てたら、どうやら、自分の部屋で見てたみたい。(息子もライダーファンなのだ)
さっき、はじめてカブトのHPをみたら、天道語録とか料理のレシピとか載ってておもしろかったです。でもって、キャストのプロフィールから、ちょっと気になってた矢車役の徳山秀典さんのブログをみつけて、早速みたりしました。彼って未満都市にでてたんだってびっくり!! それに息子がお気に入りの桜桃とお友達みたい。早速、息子に教えてあげよう(*^o^*)
それから、あと、今日は、題名のない音楽会に河村隆一さんがでていて、朝からご機嫌です。光ちゃんほどではないけど、好きなんだなあ。
「Love is…」も歌ってくれたし、尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」も好きな曲なので、うれしかったですぅ。オペラの「誰も寝てはならぬ」も歌っちゃったり、すごい!!
安全地帯の「恋の予感」も素敵にアレンジされててよかったなあ。
アルバムほしいなあ。

2006/6/23  0:05

今夜はにぎやか  家族

今、息子の友達が2人きている。これから、もう1人くるかもしれないとのこと。
今夜は、うちに泊まって、サッカー観戦するんですって。
楽しそうでいいなあ。

2006/6/21  17:27

映画鑑賞  映画・ビデオ

クリックすると元のサイズで表示します

DEATH NOTE デスノート 前編
監督/金子修介 
原作/大場つぐみ・小畑健
脚本/大石哲也
出演/藤原竜也・松山ケンイチ・瀬戸朝香・香椎由宇 他

退屈な死神が人間界にノートを落とし、退屈な天才がそのノートを拾った。<このノートに名前を書かれた人間は死ぬ>--それは文字通り、人の死を決定づける「死のノート」神だけに許された究極の道具を手に入れたのは、誰にも負けない頭脳を誇る全国トップのエリート大学生夜神月。やがて彼は、理想の世界を築き上げていくことを決意し、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。(映画ちらしより抜粋)

子どもたちにすすめられて読んだ原作コミックがおもしろかったので、観に行って来ました。
ストーリーを知っているので、あっと驚くことはないんだろうなあと思っていたら、原作とちがっていたりしたので、それなりに楽しめました。
登場人物の雰囲気は原作を意識してある感はありますが、主人公月の性格設定がちょっとやわらかいかなあとも思えたりもしたんだけれど、あっと驚くラストで…。
原作はコミックなのに小説のように文とか説明とか多く、ちょっと難しいといわれていますが、その点、映画はわかりやすいので、原作ファンにはものたりないかもしれません。
俳優さんについては、藤原君は、もともと好きな俳優さんなので、かっこいいなあ、上手だなあってみていましたが、死神との会話とかは、CGなので、一人芝居しているというふうにみるとやっぱりうまいなあって思います。
そうそう死神リュークは、大きいです!迫力があるけど、なんだかかわいいキャラです。
L役は、個性的なキャラなんで原作の特徴をよくつかんで演技してるなあって感じです。
後編での、二人の直接対決が楽しみです。そして、ミサの出番も期待しちゃいます。

これから、映画を観るみなさん、エンドロール最後まで見て、客電がついてから出た方がいいですよ。(普通、そうだと思うんですけど、エンドロールはじまると席立つ人が結構いて、ちょっともったいないですから)

2006/6/20  16:59

踊る光ちゃん  ジャニーズ関係

今朝はテレビの前にくぎづけでした。土曜から帰宅していた夫も、丁度起きてきて、なんか、話しかけようとしてたけど、今、それどころじゃないのよというような感じで、テレビに近づいてた私(笑)
そう、めざましテレビで、光ちゃんの新曲のPVが流れたのです。超かっこいいよぅ。ワイルドで、セクシーって感じ。メイキングの映像も放送されて、噂で聞いてたとっても大変だった沖縄ロケの様子もわかり、光ちゃんのかわいい一面もかいまみられたし、めざましテレビさん、ありがとう 
蚊をよけてる姿とか、かっぱを着てダンスのリハしているところとか、テントの水おろしとか、神頼みしてるとことか、もう全部がおいしい(*^o^*)
息子も見ていて、「光ちゃん、かっこいいね。衣装が。」なんて言ってたけど、エクステつけてるところとか、めざとくみつけてました。

そうそう、光ちゃんといえば、先日の堂本兄弟。その時間だけ、サッカーを見るのを中断して見たわけだけど、すっごく面白かった。っていうか、「どうしたの?光ちゃん」って感じ。妙なテンションでした。大笑いしてしまいました。

2006/6/19  19:53

SMAPコンサート  ジャニーズ関係

SMAPのコンサートチケットの申込みをしました。
7500円の4枚 前払いは、結構いたい。
FCから、申込書(振込み用紙)が届いたのが、17日土曜日。
で、締め切りが20日火曜日。
急すぎじゃありませんか?

しかも、これで、行けるというわけでは、ないんですよね。
抽選なのです。

で、私は、10月の東京ドームにエントリーしました。第3希望まで書けるんだけど、
こどものこと、仕事のこと、家からの距離のことなどいろいろ考えると、そんなに行ける日ってないのです。もうその日だけだから、ぜひ当てて下さいねって感じです。
あとは、幸運を祈るのみです。


2006/6/19  19:23

読書記録  

アッコちゃんの時代
林真理子/著  新潮社
クリックすると元のサイズで表示します

[要旨]
あの狂乱と豊饒の時代。地上げの帝王と称される男の愛人となり、キャンティの御曹司を有名女優の妻から奪って世の女たちの羨望と憎悪を一身に浴びた女子大生がいた。マハラジャの饗宴、赤プリの誘惑、キャンティの陶酔―煌めくバブルの東京を、無邪気に、奔放に泳いで伝説となった小悪魔・アッコの素顔を描く最新長篇。 (e-hon HPより)


実話をもとにして書かれているので、あのバブルの頃の様子がとてもよくわかる。主人公アッコちゃんは、実在の人物で、現在37歳くらい。
私よりちょっと下くらいだけど、私は、当時の彼女のうわさ(週刊誌をにぎわしていたとのこと)はおぼえてないし、ちょっと違う世界の話のようだった。というのも、バブル時代だからといっても、だれしもが華やかな生活をしていたわけではないということ。
それに、私は、丁度このころ、結婚して、育児に四苦八苦してた時期だったんじゃないかと思う。
もてもてのアッコちゃん、美人だとこんなに得なのね〜、いや、得なのか? おいしい思いもする反面、真実じゃないことまで、噂され、非難される。でも、結局は家庭も子どもももてる。浮気され別居するんだけど、新しい彼氏もでかる。幸せなのか、不幸なのか。
でも、人生いろいろあって、楽しいだろうなあとも思う。そして、何事もうけとめ、素直に生きているから、今でも、輝いているんだろうなあ。

2006/6/18  17:07

昨日、今日のできごと  家族

昨日は、午後から、仕事に行って、6時ころ帰宅。
で、7時から自治会の会議に出席しました。
自治会、老人会、子ども会、中学地区委員、民生委員、防犯委員、地域文庫の代表者の集まりで隔月にあります。今回は地域文庫の代表が都合がわるかったので、代理ででました。以前、子ども会や地域文庫の代表として、でていたので、なつかしい雰囲気でした。
民生委員さんはかわってなかったし、他の役員さんも結構顔見知りでした。
夜の7時というのは、主婦にとって、都合の良い時間ではないのですが、地域の情報を早くキャッチできるし、他の役員さんたちの頑張っている様子にいい影響もうけられるし、ちょっと得した気分です。

で、今日は、午後から、図書館へ読み聞かせの本を借りに行ったり、買い物にでかけたりしました。

娘は友達と映画(デスノート)を観にでかけ、息子はバイトです。
夫は、新潟から帰ってきていますが、電車で帰ってきたので、家でテレビみたり、ゲームしたりしてごろごろしています。まあ父の日でもあるので、好きにさせましょう。

2006/6/18  16:31

DVD鑑賞  映画・ビデオ

誰にでも秘密がある
クリックすると元のサイズで表示します
2004・韓国
監督 チャン・ヒョンス
脚本 キム・ヨンチャン
出演 イ・ビョンホン チェ・ジウ チュ・サンミ キム・ヒョジン

いつも想われてばかりで、もっと追いかけたくなるような恋がしたい!心を雷に打たれたような、運命的な出会いがしたい!妻でも家族の一員でもなく、女として見てほしい!そんな三者三様の夢見る女たちの前に、突如現われて心を奪い去ったのは1人の男。しかし、3人は実の姉妹。この恋の行方はいかに?! スリリングな四角関係を巧妙に描いた、ロマンティック・ラブ・ストーリー。(関西どっとコムより)

ちょっとエッチなラブコメで、まあ面白かったです。チェ・ジウがとってもかわいい。イ・ビョンホン扮する男は、なんて奴なの、でもなんか憎めないけど、なんで、これでまるくおさまるわけ?なんて思ったけど、最後の最後ででわかる彼の正体に、そういうことかぁって、まあ少しは納得。同じシーンを3姉妹の別の視線からあとで見せる演出はおもしろかったです。ああ、あの時は、こっちでは、こうだったのねって。
イ・ビョンホンって新庄選手にちょっと似てるよなあって思ってたんだけど、V6の坂本くんにもちょびっと似てた(笑) でも、あのキラースマイルは、私にはちょっと…




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ