2010/12/31  22:56

KinKiコン  ジャニーズ関係

昨日、KinKiのコンサートに行ってきました。



KinKi Kids2010−2011
〜君も堂本FAMILY〜
2010.12.30(木) 開演17:30
東京ドーム
11ゲートアリーナ E8ブロック 88番


セトリ

1.Family〜ひとつになること
2.スワンソング
3.硝子の少年
MC
4.フラワー
5.ジェットコースター・ロマンス
6.やめないでPURE
7.ふらいんぐ・ぴーぷる
8.Happy Happy Greeting
9.全部だきしめて
10.キミは泣いてツヨくなる
11. 欲望のレイン
12. No Control
13.スッピンGirl
14.FRIENDS
15. せつない恋に気づいて
16.99%LIBERTY
MC
カウコン用収録(NYC、JUMP18歳未満の子)
17.好きになってく愛してく
18.Music of Life
19.愛のかたまり
20.銀色暗号
21.futari
22.恋涙
23.Tears
24.me〜地球のいろ
25.Family〜ひとつになること
26.Kissからはじまるミステリー
27.カナシミブルー
28.Secret Code
29.SNOW!SNOW!SNOW!
30.Anniversary
アンコール
31.KinKi Kids forever
32.Family〜ひとつになること
Wアンコール
MCのみ


今回の席はバックステージから5列目
センターの移動式花道から3塁側へ10人くらいの席でした。
だから、花道を通る時やバクステに来た時はばっちり。
メインステージはちょっと遠くて背の低い娘は埋もれぎみで見づらかったかもしれないけど、私はなんとか見えたしほぼ正面に見えたのでよかったです。
スクリーンの映像とか照明も正面からなので全体が見えました。
宇宙空間に光り輝く二人って感じで、ほんときれいでした。

セトリは懐かしい曲と二人の作った曲中心でした。
懐かしい若かりし頃?の曲をやるということでなのか、めずらしくJrがわらわらでてきました。
まさかのJrで、娘はあわてて、誠治くんさがしに没頭。
私もいつもならつきあうのだけど、KinKiコンですからね。そうそうJrをチエックするというわけにはいかず、まあ何人か知ってる子を確認したくらいです。
結局誠治君はKinKiがバクステにきたときスタンド前の花道で踊っていてそれが結構近かったので、確認できました。ずっと後ろ姿でしたけどね。

席がアリーナにもかかわらず、銀テープはゲットできませんでした。頭上におちてきたのに、私たち親子の両隣りの人はとれたというのに…
ひっぱりあいまでしてとるより、光ちゃんを見ていたいもん。隣の人が前の人と取り合いをしているのを見て娘はひいたそうです。
でも、「SNOW!SNOW!SNOW!」の時の白い羽根はとれたので記念にいただいてきました。

今回のセットは移動式の花道があり、何回か頭上を花道になる床が通っていきました。
本人たちも照れてた(?)ゴンドラもあり、大型トロッコもあり、クレーンもありました。

どれも好きなのですが、印象に残ったのはたしか「恋涙」だったかな。
メインステージだったので、双眼鏡でみたんですが、二人のダンスがとってもよかったの。背中合わせでのダンスにおおってなっちゃった。
たくさんのコーラスの方たちがはいった「Family〜ひとつになること」も鳥肌がたつほどよかったけど、アンコールで、会場のみんなとの大合唱の「Family〜ひとつになること」も感動しました。

MCも楽しかった。光ちゃんのさだまってないキャラとか、錦織さんダンスとか…

今年もKinKiのコンサートでしめくくれて幸せな1年になりました。




追記
JUMPメンとのMCで、岡本圭人くんがギターをはじめたのは、剛くんの言葉がきっかけだとかまた健一パパは家では納豆キムチごはん食べてると暴露ww

2010/12/19  16:08

読書記録  

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
岩崎夏海/著  ダイヤモンド社  2009年12月

クリックすると元のサイズで表示します

公立高校野球部のマネージャーみなみは、ふとしたことでドラッカーの経営書『マネジメント』に出会います。はじめは難しさにとまどうのですが、野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気付きます。みなみと親友の夕紀、そして野球部の仲間たちが、ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。
(e−honのHPより)

図書館に予約して半年以上待ってもまわってこないので、結局購入してしまいました。
娘も読みたいって言ってたし、経済経営学科に進学する娘にとってはきっとドラッカーの本は今後読むことになるだろうしね。

面白かったです。これもほとんど一気に読んでしまいました。
なるほど〜って思えることが多いし、後半、甲子園出場がかかった夏の大会がはじまると、読んでいるこちらもテンションがあがってきました。
だめだめ野球部が甲子園をめざす物語ってよくある話だけど、その改革の仕方にほんと感動です。たしかに野球部のみならず、職場、家庭あらゆる面でも参考になります。
そして感動のラスト。うるっとしてしまいました。

2010/12/17  21:42

読書記録  

KAGEROU
齋藤智裕/著 ポプラ社  2010年12月

クリックすると元のサイズで表示します

第五回ポプラ社小説大賞受賞作品。「人間の命とは何か?人間の価値とは何か?」という深遠なテーマに、ダイナミックな物語構成で鋭く切り込む。今日的な問題を取り込みながら、時にユーモアあふれる筆致でぐいぐいと読者を引き寄せていく……。小説のあらたな領域に挑む意欲作! 『KAGEROU』――儚く不確かなもの。廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で二人は、ある契約を交わす。肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。水嶋ヒロの処女作、哀切かつ峻烈な「命」の物語。 (e−honのHPより)

話題の本、早速読んでみました。
なにげに読み始めたら、先が気になり、そのまま一気に読んでしまいました。そんなに急いで読んではいないけど、1時間くらいで読み終えました。
面白いです。会話文が多く、読みやすいし、テーマは命だそうですが、重くもなく、それでいてメッセージは自然と伝わってきます。
読後感もまずまずです。

2010/12/17  14:58

忘年会  

昨日は職場の忘年会でした。

場所は例年通り、イタリアンレストランのカスッテッロ
とってもお料理がおいしいので毎年楽しみです。

前菜 甘海老・白イカ・真鯛・前沢牛のミラボール
クリックすると元のサイズで表示します

天使の海老と天然ホタテ貝のグリル
クリックすると元のサイズで表示します

フォワグラと生ハムのパニーノ
クリックすると元のサイズで表示します

フォカッチャ
クリックすると元のサイズで表示します

若狭湾 甘鯛のリヴォルノ風 白子のフリット添え
クリックすると元のサイズで表示します

イカスミとヤリイカのスパゲティ
クリックすると元のサイズで表示します

桜のチップで燻した仔羊のグリリア
クリックすると元のサイズで表示します

デザート
クリックすると元のサイズで表示します

飲み物はシチリア産赤オレンジジュースとマンゴージュース、コーヒーをいただきました。



そして、プレゼント交換でもらったものは
ロクシタンの石鹸とハンドクリーム
娘がさっそくお使いになりました(笑)
私が持っていったプレゼントは入浴剤とタオルのセットと金運マスコットです。
クリックすると元のサイズで表示します

クイズ大会の賞品(参加賞)は小物いろいろ
クリックすると元のサイズで表示します


今回の忘年会の余興(?)は指の体操、グラスハープの体験、クイズ(星座クイズ、流行語クイズ)でした。
来年は私が幹事なので、今から頭を悩ましてます。

2010/12/15  12:10

本の読み聞かせ  

昨日は毎月恒例の朝の読み聞かせでした。
今月も先月と同じ5年生なので、3冊のうち2冊は同じ本にしました。

1冊目
しっぽのきらいなネコ
南部和也/作  いまきみち/絵 福音館書店 2005年4月

2冊目
ピッツァぼうや
ウィリアム・スタイグ/作・絵  木坂涼/訳  セーラー出版
2000年3月

3冊目
悪魔のりんご
舟崎克彦/作  宇野亜喜良/画  小学館  2006年12月

クリックすると元のサイズで表示します
悪魔のおじさんを、いい人と勘違いしてしまう女の子。女の子は、悪魔が置いていった毒入りリンゴを、おじさんのためにとっておこうと考えます。そんな女の子の優しさにふれて、悪魔が悪魔ではなくなってしまうお話。

私は3冊目の悪魔のりんごをよみました。
絵の雰囲気とはちがうとっても癒されるお話でした。

2010/12/12  11:56

マッチコンサート  ジャニーズ関係

おととい、マッチのコンサートに友達と行ってきました。

近藤真彦
30周年記念 あの街この街マッチとデート 思い出ツアー第2弾

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2010年12月10日(金) 18:30開演
日本武道館   
2階 南東−B列38番

いやあ、楽しかったです。
なんてたってマッチ世代ですもん。ほとんどの曲わかります。なつかしいです。
しかも、席が2階でしたが、前から2列目。
とってもよくみえました。
でもね、まわりの方たちが座ってるので、のりのりになっても立てない…。
まあ楽っっちゃ楽なんですけど、
それでも後半花道先のリフターで2階席の方まであがってきたときは思わずたちあがり、そのあともずっと立ってました。
後ろの席の方ごめんなさいです。
マッチは結構、お客さんを年より扱いして、失礼なことずいぶん言ってましたが、まあマッチに言われてもこたえません。
スクリーンに映ってるマッチだってぴちぴちの若さで、あなただって歳とったじゃんって感じだもん。お互い様です。
でも、いい歳のとり方していて、かっこいいんですけどね。
カウントダウンコンサートは観客が若いから出るの好きだとか、ペンライトの振り方が古臭いとか言ってましたが、
結構みんな、後輩たちのコンサート行ってるのにねえ〜
私と友人は光ちゃんのKDのペンライトを近藤のKだからいいよねえっと振ってたんですけどね、マッチの曲調が古いからそういう振り方なんだよって思っちゃいました(笑)
後輩といえば、たくさんのジャニーズの方たちが観に来てました。
アンコールの時にステージにあがりましたが、
私が行った日は、KinKi、KAT−TUN、テゴマス、植草くん、あつひろくん、長野くんとかでした。
もう、光ちゃんを見つけた時は、思わずとびあがってしまいました。
翌日もたくさんのゲストがきたそうですが、光ちゃんの行った日にはいれてほんとラッキーでした。
そうそう、もちろんよっちゃんもでてましたよ。アンダルシアのギターをはじめ何曲か参加してたし、THE GOOD-BYEの「気まぐれOne Way Boy」もうたわされてなつかしかったです。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ