2012/4/30  21:20

連休前半  

4月28日(土)
午前中仕事。
帰宅したら、息子が帰ってきてました。

4月29日(日)
雑誌の切り抜き整理
去年の1月くらいからやってなかったので、かなりの量です。
まだ終わらないので、残りはGW中に片づける予定。
息子は午後から友達とドライブへ→外泊
夕方、庭の草取り。ゴミ袋3袋分とってちょっと筋肉痛。

4月30日(日)
午後から映画へ
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
クリックすると元のサイズで表示します
親子連れにまじってのひとり鑑賞。ちょっと恥ずかしい気もしましたが、観に行ってよかった。面白かったです。
一番好きだった電王はじめ、歴代ライダーとスーパー戦隊が総出で、笑っちゃうシーンもいっぱいあったし、お気に入りの戸谷くんはかっこいいし、そしてテーマは友情で奥が深かったりして楽しめました。
ちょっとお買い物して帰宅したら息子も帰っていました。
日光に行ってたようです。

明日あさっては通常のお仕事です。
3日からの後半も有意義な休日にしたいです。


追記
今日は「Endless SHOCK」の千穐楽でした。帝劇には行けませんでしたが、4カ月の公演が無事に終わったことをほんとにうれしく思います。
昨年が途中で公演中止になっちゃったので余計感慨深いものがあります。
キャスト、スタッフのみなさん、そしてファンのみなさんお疲れさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/27  16:30

SHOCK観劇  ジャニーズ関係

SHOCKも残りわずかな公演数となりました。
私は昨日の観劇が最後の観劇となりました。
2月からの帝劇公演。結局5回行くことができました。

Endless SHOCK
2012.4.26(木) 13:00開演
帝国劇場

2階H列53番 S席

今日は2階。S席の一番後ろです。これならA席1番前の方がお得じゃないかと思っていたけど、S席とA席の1列の差は結構あるもんでよく見えました。
めずらしく上手の席だったのでちょっと違った角度から見ることができました。
一幕の車マジックの前にリカが消えるところ見えちゃったしww


今回のアドリブ、ハプニングメモ

タツミがウチに「リカはサラサラの髪のコウイチが好きなの…」のくだりかんじゃって言いなおしたがマイクがはいってなくてちゃんと聞こえなかった。

屋上シーン、オーナーは「大人の階段のぼる〜」と歌いながら
コウイチはもう「大人なのに」とか言ってたかな。

屋上下 ふぉーゆー通行は、タツミが「ねえねえ僕のマイクはいってる?」と大きな声で言いながら。

公園シーン 遅れてきたオーナーの理由 「タニタ食堂に行ってた」

オーナーのタップシーン マチダセリフ 「オーナーのいたづらに怒ってます。コッシーの両手がふさがってるときにズボンをおろしてお尻にファンデーションを塗った…」などなど
オーナーは、違うと言ってたが最後には「はい俺がやりました」と挙手。
途中、袖からこっしーの声も聞こえた。

ソリタリー後の掃除のおばちゃんは「中国から」で「早く用意しチャイナ」だか「早く着替えチャイナ」だったかな。

楽屋シーンは、オーナーは黄色バージョン。

二幕コウイチ登場シーンは「そろーり、そろーり」
抱きつかれて見つかったときは「こどもはみちゃだめ」「こどもはいないか」と客席をみる。マチダさんは目をかくしてた。

インタビューシーン
好きな食べ物はにんじん

ウチにインタビューしろと言われたフクちゃんは「なんだかどよんとしてるぞ。僕が追い出してやる、福と内」とウチの肩によりかかる。

こんな感じだったかな。
今回もVTR収録はいってたけど、そこそこのアドリブはありです。
緊迫シーンがあるから適度のアドリブはほっと一息できていいなあって思います。

何回も観る機会があると双眼鏡の使用頻度がへってきました。なので全体がよく見えるようになってよかったです。
光ちゃんが好きだから光ちゃんをずっと見ていたいけど、全体を見ないのは損。細部までこだわったパフォーマンス。会場全体を使った照明演出、ほんと素敵です。
でも双眼鏡ないとひとりひとりの表情が見えないのがちょっと残念なんだけどね。


追記
開演前、幕間に久しぶりの友人やアメブロの友人、友人の友人などまたたくさんの方とお会いできました。

そして終演後はいつものメンバーでちょっとはやい打ち上げ。
韓流ファンの案内で大久保へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/21  18:00

KAT-TUNコンサート  ジャニーズ関係

昨日はKAT-TUNのコンサートに行って来ました。

KAT-TUN
LIVE TOUR 2012 Chain


2012.4.20(金) 18:00開演 東京ドーム

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

24ゲートスタンド 3塁側 48通路 5列 548番

スタンドの5列だったので、少し期待したのですが、外野も外野でほんとにはじっこ。メインステージの横でした。ステージの奥だと全然見えません。
でも全体が見渡せる、しかも前から見る感じに近いので、ある意味KAT-TUNと同じ風景を見てた(笑)アリーナ最前列よりも前なんですから。

セットリスト
オープニング VTR
1.BIRTH
2.STAR RIDER
3.CHANGE UR WORLD
4.Keep the faith
5.ONE DROP
6.WHITE
7.LOCK ON
8.COSMIC CHILD
9.儚い指先
10.FINALE (田口淳之介)
11.STEP BY STEP (中丸雄一)
VTR マネザル、パンツマン、5秒でできるかな
12.ノーマター・マター
13.RUN FOR YOU
14.ONE DAY
15.PERFECT
MC
16.SMILE FOR YOU
ボイパとバンドコラボ
17.DANGEROUS CAT 〜MAKE ME WET〜 (田中聖)
18.ずっと (亀梨和也)
19.RUNNAWAY (上田竜也)
20.SOLDIER
21.あの日のように
22.歩道橋
23.NEVER×OVER〜「-」IS YOUR PART〜
24.GIVE ME, GIVE ME, GIVE ME
25.LIPS
26.喜びの歌
27.peaceful days
28.勇気の花
アンコール
29.Real Face
30.CHAIN OF LOVE
31.DIAMOND
Wアンコール
32.Going
33.ハルカナ約束



オープニングの映像ででてきた黒い玉の文字
愛、勇気、仲間、希望、笑顔
そしてツアータイトルChain
これらが今回のテーマなんでしょうね。
ラストに会場にあらわれた巨大な鎖。
亀ちゃんのあいさつ
客席みんなで手をつないだこと。
そう絆とかつながってるんだってこととても強く感じました。

今回のKAT-TUNのコンサートで印象に残ったのは、それぞれのソロがすごくよかったってこと。
誰かが突出してるんでなくて、それぞれがそれぞれの個性をだしてそれぞれの世界をつくりあげてました。
じゅんののダンスはほんときれいでかっこいい。スタイルもよく絵になります。
ゆっちは優しい歌声で心地よかったし、照明をうまく使ってました。ボイパのコーナーも素晴らしかった。もう聞き入ってしまいました。
こうきはワイルドで妖艶でかっこよかったです。かなりエロチック。
亀ちゃんはペンライトの光を消した中でのバラード。照明を効果的に使いロマンチック。フライングもあり天使のようでした。(ペンライト消灯の指示あり)
たっちゃんはドラマのRUNNAWAYの映像もつかい使い英語で歌ってました。色気もありつつかわいい感じもあり、不思議な魅力です。

演出はクレーン、リフター、トロッコ、フロート、ムービングステージ、気球? などおなじみのものに特効や照明を効果的に使ってました。
最近ドームで、気球などで2階スタンドまで上がる演出よくつかうなあって思います。KinKiコンでも使いましたもんね。でもこれとかってはじからはじじゃないんですよね。片方のステージわきからでるんだけど、たいてい途中で終わっちゃうの。これこなかった席だととっても悲しい。はい今回こなかった席でした。
でもまあ華やかな素敵な演出で楽しかったです。
Jr.もたくさんでたんだけど、あまり確認できませんでした。小林瑞生くんの笑顔は確認。

笑顔といえばじゅんのの笑顔最高。まあKAT-TUNの中で1番のお気に入りなんですけど、ONE DAYのYOU YOU YOUって指指しながら歌うところも指さされてしまった錯覚におちいりました。
亀ちゃんもこうきもたっちゃんも前(外周花道)を通ったとき笑顔や手を振ってくれたんだけど、なぜかゆっちはいつもちがう方むいてて近くで正面からお顔見られなかったです。残念。

MCも面白かったです。
ポスタープレゼントの抽選のときのその筒状のポスターをつかってのモノボケ大会。たっちゃんが絶好調。やんちゃなかわいいキャラ全開。
当選発表もみんなそれぞれおもしろかったです。サチコだの、結婚しようだの。きわめつけは5通路ね。ほんと面白かったです。
そしてまとめ役のこうき。お疲れさま。
みんな仲良い感じが伝わって楽しかったです。

あいかわらず亀ちゃんはポイントポイントでかわいいポーズやドキッとするポーズ表情をみせてくれてうまいなあって感心。
ほんと素敵。

セトリはアルバム曲中心。でもノーマターマターとかとかハルカナ約束とか懐かしかったです。

正面からメインステージ見てみたかったけど、でも満足。とっても楽しかったです。
ラストのみんなで手をつなぐのは恒例になったのかな。たしかおととしもやったよね。∞みたいだあって思った。
こういう一体感ってやっぱりいいなあって思う。



追記

グッズ列がほとんど並んでない状態だったので、思わず買ってしまったTシャツとペンライト

クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/19  13:05

読書記録  

プリティが多すぎる
大崎梢/著  文藝春秋 2012年1月


クリックすると元のサイズで表示します

「なんで俺がこんな仕事を!」女の子雑誌で孤軍奮闘する新米編集者の爽快お仕事小説。
(e-honのHPより)


面白かったです。少女向けの雑誌の編集部に異動になってしまった男性編集者が仕事を通して成長していく様子に加え、雑誌ができるまでの様子、編集業界事情、モデル業界事情などなどかいまみることもできました。

2012/4/16  20:05

滝沢歌舞伎2012 その2  ジャニーズ関係

二幕
 キャスト
平将門…滝沢秀明

捨十 … 桐山照史
豊田郷の三郎 … 高橋竜
豊田郷の五郎 … 佐久間大介

藤原秀郷 … 岩本照

坂東の黒影 … 濱田崇裕
坂東の赤影 … 神山智洋
小六 … 山本亮太
八郎太 … 江田剛

藤原久門 … 林翔太
藤原兼盛 … 宮舘涼太

安倍清明 … 阿部亮平

藤原高明 … 渡辺翔太

太郎丸 … 七五三掛龍也(4/14夜) 公演によって変更あり。今野貴之など。

藤原治団 … 重岡大毅
治団の仲間のとうわ… 秋山大河
治団の仲間の余城 … 冨岡健翔


私の行った4/14は太郎丸がしめちゃん。しめちゃんが太郎丸やったのってもしかしてこの時が初? 今野くんがやると思ってたんですが、今野くんはお休みでした。昼は別の子がやったみたい。しめちゃんの太郎丸雰囲気とってもあってました。
でも最初だれかわかんなかったの。おでこだしてたせいかな。

今回は治団と久門のやりとりがあり、親子だったんだあと判明。わかりやすくなりましたね。久門は翔ちゃん。とっても聞きとりやすい。

都のからくり祭りは去年なかったですよね。そこの農民で岸くん登場。セリフあり。
切られちゃう役じゃないけどおののく姿とかちゃんとできてましたね。

恐れられてた将門が実は農民の見方だったってことが今までよりわかりやすくなってた感じがします。

影武者のシーンは切っても切っても将門が登場し面白いです。殺陣は迫力ありますね。

治団の仲間に秋山くんと富岡くん。違和感なくよかったです。そういえば秋山くん。全然私のタイプじゃないんですけど、一幕のダンスの時、すっごくかっこよかったのが印象的です。
二幕でも名前のある役をもらえてよかったです。
今回はじめて名前のある役をもらえた子結構いますよね。ふぉーゆーとかとっつーとかキスマイとか抜けちゃったもんね。でもそれぞれが合った役どころでとってもよかったです。

阿部清明は阿部くん。阿部くんブランクを感じさせない演技でした。去年の歌舞伎はまだお休み前だったのかな。
そうそうその清明の後ろにたたずむおつきの人を岸くんやってましたね。

あいかわらず4Dは目がまわりそう。ここは殺陣の見せ場でもあるけど、見入ってると酔っちゃうので苦手です。
殺陣シーンは誰が誰だか見るのも大変です。岸くんもちらっとみかけたけど。
橋の上から将門に向っていって切られちゃうのってちがうかな?どこの殺陣シーンだか記憶にないけど。

それから治団の最後。結構セリフ多かったですよね。感情はいってて熱演でした。双眼鏡でみたら表情もかなり…

あとそうそう将門と捨十のアドリブコーナー。ちょっと休憩って感じでリラックスできる唯一のシーン。
将門と捨十どちらがすきですか?と客席に聞いたとき2人目の人は捨十って答えたけど、「ほんとは誰のファンですか?」って再度聞かれ「宮舘くん」って答えてました。
捨十はあとで「宮舘斬ったろ」って言ったりしてたけど、タッキーも「宮舘の女」呼ばわりしてある意味宮舘の女って呼ばれたその人すごくうれしかったでしょうね。
関西弁の捨十もいい味をだしてて、ふみきゅん、にかちゃんにひけをとらずおもしろかったです。

カーテンコールのWITH LOVEはスクリーンにうつる写真見つつステージもって感じで大変。人文字は岸くんはLOVEのEの真ん中の横棒。


関西Jr.4人を加えての今年の歌舞伎。最初違和感があったのですが、新鮮味があってよかったです。
見所が多く何度も見たいと思うのですがそうそう行けないのが残念です。
次はファミリーバージョンの日に入ってきます。

タッキーは観客を楽しませることを第一に考える人なので、とっても楽しみにしてます。

2012/4/15  23:59

滝沢歌舞伎2012  ジャニーズ関係

滝沢歌舞伎2012

2012.4.14(土) 開演18:00
日生劇場

1階Q列8番

昨日は娘と滝沢歌舞伎を観てきました。
滝沢歌舞伎はもちろん滝沢演舞城のころから好きな舞台で毎年楽しみにしていまが、今回は応援しているJr.の岸くんがでるというので、いつもにまして楽しみにしてました。

今年もお弁当ありました。
クリックすると元のサイズで表示します

和風幕の内弁当
クリックすると元のサイズで表示します

洋風幕の内弁当
クリックすると元のサイズで表示します

今回の席は1階の一番後ろの下手。7番はじまりだったので、娘が一番はじで、私がそのとなり。後ろが扉です。

(パンフレットより)
場割
第一幕
第一場 OVERTURE
第二場 OPENING
    「春の踊り」
    「いにしえ」
第三場 滝沢秀明「乱」十役
第四場 NEW MASK
第五場 変面
    「卒業〜揚琴独奏」
第六場 太鼓
第七場 DANCE
    「REVENGER」
第八場 滝沢一座
    「少年 WITH LOVE」
第九場 滝沢歌舞伎

第二幕
滝沢映画  将門への序章
プロローグ 将門、死すべし
第一場   久門暗殺
第二場   都のからくり祭り 坂東の赤影と黒影
第三場   豊田郷の三郎と五郎
第四場   暗殺者、そして七人の影武者
第五場   治団
第六場   悪霊と陰陽道
第七場   黒影と赤影
第八場   決戦
エピローグ My Dream〜永遠〜
カーテンコール
        「WITH LOVE 〜命(love)ある限り」

客席が明るいうちにピエロがでてきてそのあとバイオリンの後藤さんが下手に。
パンフによると演舞城から歌舞伎でタッキーと後藤さんがだけが皆勤なんだそうです。もうなくてはならい人ですよね。

Jr.が客席から登場するときは私の後ろが扉でそこからもはいってきてびっくりしました。
岸くん、私の後ろを通り下手に登場です。

口上はメモをとらなかったのですが、今年もたくさん笑わせてもらいました。身長ネタとかありましたね。全員ないのが残念です。

影絵はタッキーと桐山くん。
重岡くんと小さいJr.が歌ってましたが金田くん? 目立ってました。

乱の十役は昨年と少しかわり今年は頼朝→義経→弁慶→明智光秀→織田信長→豊臣秀吉→淀君→沖田総司→芹沢鴨→大石内蔵助だったかな。
橋の上での沖田総司から芹沢鴨に変わるところは去年同様、目の前で一瞬に衣装がかわりお見事です。

NEW MASKはJr.の群舞です。黒いスーツで赤いマスク、手袋、くつで踊りとてもインパクトがありがってるttました。最近、ジャニーズの舞台では群舞を結構やるようになりましたね。そしてどれもレベルが高い。これはJr.のダンスのレベルがあがってるってことでしょうね。

タッキーの変面は
白の衣装で頭に羽根のような触覚のようなものがついていてなんとも不思議な感じ。
それにしても変面は何度観てもすごい、素晴らしいの一言です。中国に行かなくても見られるなんてね。

変面のあとは太鼓だったかな。
また客席から上半身裸のJr.たちが登場。
ふっとふりかえったら、山亮の裸がばっとめにはいりひゃあ〜
ステージをみると、岸くんは私のところからはその立派なカラダの山亮と細見の翔ちゃんの間の後ろで、はすにかまえてるよに見えました。
双眼鏡でみるとこちらを見てる感じに思えました。ちょうど目線の先のあたりだったというラッキーさ。
ドラムは誰?と見たら照くん。迫力あってかっこよかったです。
一番後ろの青い水しぶきがあがるようにみえる太鼓の真ん中には阿部くん。阿部くん腕細いなあ。でもそこがまたよかったりして。
とにかく大迫力のパフォーマンス。

タッキーの生白塗りはなべしょ(渡辺くん)が黒子でうちわであおぐ係。
関西Jr.のおしゃべりも楽しかったです。
途中から後ろにJr.がぞろぞろでてきてそれぞれが着物をきたりかたしたりとかいろんなことをしています。楽屋という設定? 岸くんもほぼセンターの後ろの方でなにやらやっています。みんなが何をしてるんだろうと気になりせっかくの関西Jr.の話が頭にはいってきませんでした。タッキーの白塗りしてる様子もほとんどみてませんでした。

そして歌舞伎
浜松屋は関西Jr.お得意のお笑いで笑わせてもらいました。欲をいえばここはもとの題目の面白さだけで充分かなとも思ったのですが、まあ今年らしさがあってよかったと思います。
白波五人男は井上、橋本、羽場、岡田、金田であってる? 弁天小僧は金田くんかな。見えのきりかたがうまかったなあ。お顔の雰囲気はれいあくんぽい。
そのあと小坊主がでてきて、千野くんの発言がかわいくておかしかったです。
娘道成寺、岸くんは謡いでしたね。
櫓のお七の人形浄瑠璃は照くんと宮舘くんだったかしら?息があってました。
タッキーにかわって櫓で鐘を鳴らすところはやっぱり迫力ありますね。岸くんは下手で赤い布をひらひらさせてました。
琴をひくタッキーと重岡くんのシーンは重岡くんがとってもかっこよくみえました。去年のやらっちとはまたちがった感じでしたね。
そして土蜘蛛も大迫力。さいごにでてきた化粧をしたちびJr.がかわいかったです。
ここでは岸くんは花の枝をもってる走りまわってるのを発見。
岸くんウオッチングもしたいのだけど、歌舞伎の題目もしっかり観たいしと目がたりない状態。
一幕終了
とりあえず、ここでいったんUPします。







2012/4/13  23:25

チューリップまつり  家族

今日は午前シフトでしたので、帰宅してから近くのふるさと広場で開催されているチューリップまつりに行ってきました。
歩いても15分くらいのとこですが自転車で行って来ました。
チューリップまつりは4月末ごろまでやってるのですが、明日は雨だし、チューリップも桜も見たいなあと思って、急遽行って来ました。ちょっとくもってきちゃいましたが。
土日はかなり混雑しますしね。


チューリップは6分咲きってとこかしら。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

桜もきれい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

印旛沼の守り神の龍神クンですって。
印旛沼には龍の伝説があるんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

そして今日のおやつにごぼうせんべい。
ヘルシーでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します

2012/4/13  22:40

読書記録  

夢をかなえるツイッター 
  いいことが起こるつぶやきのコツ

内藤みか/著 技術評論社 2010年2月

クリックすると元のサイズで表示します

「つぶやき始めて、それからどうするの?」「RTってなによ?」そんなキホンから、毎日が楽しくなって人脈も仕事も広がるつぶやきのコツ、教えます。(e-honのHPより)


夢をかなえるiPhone
まいにちが楽しくなるケータイの使い方

内藤みか/著 技術評論社 2010年8月

クリックすると元のサイズで表示します

ほんの少しの工夫で、誰だって小さな夢を次々かなえることができる。まいにちが楽しくなるケータイの使い方。(e-honのHPより)

アメブロのブログをいつも読ませていただいている作家の内藤みかさんの著書です。
もちろんツイッターもフォローさせてもらってます。
私もツイッターもiPhoneもやっていますが自分流。
なるほどと思うところもあったり、そうそうそうなんだよねと共感することも。
ツイッターって面白い? iPoneって難しくない?って聞いてくる友人に薦めたい本です。

2012/4/12  12:53

読書記録  

尾木ママの「凹まない」生き方論
尾木直樹/著
主婦と生活社  2011年9月

クリックすると元のサイズで表示します

悩みや不安、ストレスに落ち込まない!イライラしない!くじけない!「ま、いっか」と笑って前を向ける尾木ママ流“愛とロマン”の生きるヒント。
(e-honのHPより)


とってもよかったです。
わかりやすくまた尾木ママの優しさあふれる文章です。尾木ママ流生きるヒント。即実践です。
割と自分の考え方と共通することが多いかな。
「ま、いっか」とかってまさに私のポリシー(笑)

以下の3つはなかなかできないことなので気をつけたいなあって思います。

“がんばれ!”よりも「そっと寄り添う」
“大丈夫だよ”本当は「全然大丈夫じゃない」
 口が裂けても「言葉の“3D”は使わない」
がんばれとか大丈夫?ってよく使っちゃうんですよね。
3Dとは「でも〜」「だって〜」「どうせ…」だそうです。

2012/4/10  1:14

新車  家族

息子が新車を購入しました。
ホンダCRZだそうです。
私は車はあまりよくわからないので、どうなの?これ。
まあファミリーむけじゃないわね

息子は24歳にして4台目。
キューブ→ローレル(お父さんのおさがり)→プリウスで今回が初めての新車。
マニュアルなので慣れるまで大変そう。
土曜に乗って帰ってきて、「お母さん、乗ってみたい?」って聞かれたんだけど忙しくて乗せてもらう時間がなかったの。
次帰ってきたとき乗せてもらおうかな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ