2013/10/27  20:41

ABC座 観劇2回目  ジャニーズ関係

ABC座もいよいよ明日が千穐楽。

先週の木曜に2回目観に行って来ました。

ABC座2013
ジャニーズ伝説


2013.10.24(木)13:00開演

日生劇場

2階B列51番

今回はカード枠でとった席で、2階席の2列目の上手よりの席でした。
サイドからでしたが照明やダンスフォーメーションを全体的に見ることができてよかったです。

少年役は井上瑞稀くんだったので、2パターン見られたことになります。瑞稀くんの天使のような歌声とってもよかったです。
前回と変わったのはJr.メドレーにA.B.C-Zのメンバーが加わったこと。
仮面舞踏会で五関さんの歌声とダンスみられてうれしい。
今回も思わずうるうる。新しくメンバーに加わったはっしー。僕ここにいていいのかなというはっしーに五関さんが僕もそうだったって話すシーンからもうこらえきれなくなります。
サマリー楽屋でのシーンでのアドリブでは、深澤くんが玉森くんの方が(ふみきゅん)よりかっこいいとか玉森くんに似ていると言われるとか言ってましたね。
とっつーと宮近くんも毎回いろんなネタしてるのかな、このときはリンパマッサージしてました。やっぱり複数回みると楽しいですね。

ほんとにすばらしい舞台でした。


2013/10/15  21:13

ABC座 観劇  ジャニーズ関係

昨日、A.B.C-Zのジャニーズ伝説を娘とお友達と観てきました。

ABC座2013
ジャニーズ伝説


2013.10.14(月・祝)13:00開演
日生劇場

1階L列8番



Cast
橋本良亮
戸塚祥太
河合郁人
五関晃一
塚田僚一

岩本照 佐久間大介 渡辺翔太 宮舘涼太 深澤辰哉 阿部亮平
宮近海斗 岩橋玄樹 半澤暁 岡本カウアン 田中斗希 原嘉孝
森継亮太 金田耀生 井上瑞稀
後藤泰観 石垣大祐 小川優


パンフレットより
Scene & Music
<一幕>
一場  公園
      悲しき雨音
二場  病院
三場  公園
      悲しき雨音(バラード)
四場  アメリカ横断ツアー
      On the town
      New York,New York
      TOUR
五場  ロサンゼルスのハリウッドパレス前
      Put On A Happy Face
六場  ロスのレッスン場
      悲しき雨音
七場  デボーゾンの家
      執事のダンス
      THAT'S WHEN IT HAPPENS
      Nothing Sacred
      I remember
      Never My Love
八場  束の間の休息
      真家(塚田)のアメリカ[ドライブ]
      飯野(五関)のアメリカ[ダンススタジオ]
      中谷(河合)のアメリカ[Daydream Believer]
      青井(橋本)のアメリカ[Mr.Lonely]
九場  帰国
十場  ウエスタン・カーニバルの会場
      青い山脈(snow Man)
      太陽のあいつ
十一場 ウエスタン・カーニバルの楽屋
十二場 ジャニーズのリサイタル
      My Star
      Never My Love
      Walking on Clouds

<二幕>
一場  フォーリーブス伝説
      Season Of The Sun(夏の誘惑)
二場  少年隊伝説
      I'm so exciting
      Knock me
      One Step Beyond
      OH!!
三場  A.B.C-Z伝説
      明日の為に僕がいる
      Vanilla
      Za ABC〜5Stars〜
      ずっとLOVE
      Twinkle Twinkle A.B.C-Z
      Walking on Clouds
      Jr.メドレー(ブルドッグ・バットマン・仮面舞踏会)
      STAR SEEKER
      Crazy Accel
      Crush
      Dream
      Like A Blow
      Five Rings
      Never My Love


はじめジャニーズ伝説とはジャニーズ事務所のアイドルたちの伝説なのかなって思っていたのですが、一幕は初代のジャニーズというグループの伝説、二幕がフォーリーブス、少年隊、A.B.C-Zの伝説でした。
ジャニーズの伝説はアメリカへ修行にいくいきさつ、アメリカでの出会い、修行、レコーディング。夢なかばにしての帰国、そして解散。
脚色されていることもあると思うけれど、名だたるスターとの出会いは、実際に残っている写真もうつしだされ、あらためてすごい経験をしたんだなあと理解できます。
ジャニーズは1962年から1967年までの5年間活動していたとのこと。
私は1963年生まれなので、ほとんど知らない。太陽のあいつは聞いたことありますが、リアルタイムで聞いていたのかは定かじゃないです。
アメリカで会った名だたるスターも実はよく知らない。ジャニーズが歌うはずだったNever My Loveはアソシエーションが歌い全米チャート1位になったそうですが全く聞き覚えがなかったです。
この話、ジャニーさんがでてきませんが、一緒にアメリカに行ってたんですよね、きっと。
ジャニーさんの、あくまでも裏方に徹する考えってさすがだなあって感心しますが、ジャニーさんが育てた、築きあげたジャニーズの歴史も知りたいなあって思ったりして。
二幕はコンサートのようで楽しかったです。
少年隊のところはなんだかスクリーン見ちゃって、さすがニッキのダンスはうまいなあって思ったりしてね。衣装が今の感覚とちがうのでわらっちゃうのだけど、パフォーマンスはすごいなあって改めて思いました、夜のヒットスタジオの映像とかとっても興味深かったです。
A.B.C-Zの伝説では、はっしーがメンバーにはいるくだりを面白く演じていましたが、実際は上からきめられたことを受け入れたんだろうと思います。はっしーが加入してからのそれぞれの気持ちはとってもわかりました。このあたりは雑誌のインタビューなどで知っていたことですが、実際演じられると、胸がつまります。そしてはっしーのアカペラ。泣きそうになります。
そして圧巻の車輪?のパフォーマンス。ほんと素晴らしいです。
練習風景をちょうど、この日の朝 TVでみていたのでなおさらです。おしくもとっつーが最後すべっちゃって残念そうな顔をみせていましたが、一歩間違えば怪我をしてしまう演技なんですよね。
ほんとにすばらしいステージでした。

そうそう一幕ではSHOCKで使われていた楽曲もあり懐かしかったです。TOURのちゅるるるるる〜って好きなんですよね。そのツアーのシーン、車が解体してタイヤがバッグになるってのも懐かしい。

Jr.はWキャストの少年役、この時は耀生くんでした。そういえば、はっしーがヨウセイというところミズキって間違えてしまいましたね。光ちゃんもね昔間違えたことありますからねww
スノーマンがメインで活躍してましたが、岩橋くん、宮近くんの仮面舞踏会。さすがトラジャ、宮近くんダンス綺麗です。あと、カウアンくん、ソロパートありましたよね。
それから半澤くん、背が高い!! 斗希くん、髪型かえちゃったのね。でも斗希くんのダンス好きだなあ。半澤くんとか斗希くん、森継くんとかみてると、となりに岸くんもいるような錯覚に。あのへんにいてもおかしくないって…出て欲しかったなあ。
でもいなかったから全体をみれたのかなとも思います。
そうそう、原くんが犬役をやっててびっくりwwそうデボーゾンの家のシーン面白かったです。執事たちもかっこよいしww
サマリーの楽屋でのシーンでのなべしょとふみきゅんのやりとりもすごく面白かったです。

笑わされたり、泣かされたり、感動させられたりとほんとに楽しい時間をすごせました。








2013/10/11  21:19

SONG WRITERS 観劇  

a new musical SONG WRITERS

2013年10月10日(木) 1:30開演

シアタークリエ

10列6番 2扉  S席

クリックすると元のサイズで表示します


脚本・作詞・音楽プロデュース  森雪之丞
演出・技斗  岸谷五朗

CAST
屋良朝幸 中川晃教 島袋寛子 武田真治 泉見洋平
藤林美沙 コング桑田 植原卓也 平野良  他

STORY
「世界が驚愕するミュージカルを創るんだ!」と大胆不敵な夢を見る、自信過剰の作詞家エディと、気弱な作曲家ピーター。
歌姫マリーの出現、音楽ディレクター・ニックの後押しにより、夢が実現へ急速前進を始めた。
ところが・・・作品の魔力にとりつかれ、何と! エディは現実と物語の境界線を越えてしまう。
「ここは、現実 それとも夢の世界?」 エディがコントロールできなくなった虚構の物語は、 いつしか現実の世界で巨大な 犯罪組織への招待状に変わっていった!
ニューヨークの街を、友情が、切なさが、恋が、幾つもの謎を解きながら“愛”に向けて疾風の如く駆け抜ける!日本発、世界を席巻するスーパー・ミュージカル!
(公式HPより)


屋良さん主演の舞台。なんかの番組で屋良さんが岸谷さんの稽古の話をしているのを聞いて観たくなりました。植原くんも見たかったし。
で、観て正解!!
と〜っても楽しかった。みんなチャーミングでした。歌も素晴らしいし、ダンスも軽快で。
特に中川さんの歌声は素晴らしいです。泉見さんもゴングさんも素敵な声なんですけど、やっぱり中川さんは格別。
ストーリーも意外な展開で最後まで面白かったです。
屋良さんもダンス一番素敵。パティ役の女性のダンスがやけにはげしくびっくりしたんだけど、今回の振付を担当してたんですね。
寛子ちゃんは、とってもキュート。なまりも面白かったし、屋良さんとのキスも可愛かったなあ。
歌もダンスもお芝居もレベルが高く、そしてハラハラしたりドキドキしたり、笑ったり、ほほえましかったり一緒に暗号考えたりと脚本も演出も最高。ミュージカルって楽しいって思える舞台でした。
  

2013/10/8  20:37

本の読み聞かせ  

今日の朝の読み聞かせは3年生
メンバーは2人だったので、3冊にするのではなく、1冊はいつもより長めの話にしました。

1冊目
やさいのせなか                           
きうちかつ/作・絵  福音館書店  2005年7月

クリックすると元のサイズで表示します
やさいの上に紙をのせてクレヨンでこすると、やさいのせなかのふしぎな模様が現れて…。さて、これはなんのやさいかな。想像力を思いっきり広げて、遊びながら楽しむ絵本。

2冊目
おさる日記
和田誠/作   村上康成/絵  偕成社  1994年

クリックすると元のサイズで表示します
船のりのお父さんがつれて帰ったおさるの子は、だんだん人間らしくなってぼくの弟みたい。でも、ある日秘密を知って?

やさいのせなかはやさいのおなかより難しいです。でもみんな元気に答えてくれました。
私は2冊目を読みました。9分弱です。
小学生の日記のスタイルですがラストがあっとびっくり! 子どもたちも先生も驚いてくれて大成功。終わった後の感想も好評でした。
来月も3年生の別のクラスなので、またこれにしようかな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ