2013/12/26  22:42

クリスマスはひとりでしたが…  

22日トニトニ鑑賞後 友人と合流して5人でつるとんたんで食事
クリスマスのプレゼント交換もしました。

クリックすると元のサイズで表示します


東京ドームホテルにチェックイン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


翌日KITTEにて

クリックすると元のサイズで表示します

2013/12/26  20:21

JOHNNY'S2020WORLD 続き  ジャニーズ関係

二幕
死んだ薮プロデューサーを追ってやってきたセクゾン、セクボたち。
13月のバス亭があり、ここは地球じゃない→宇宙だということに?
薮くんが上空にあらわれ、勝利くんとハムレットのセリフ。
Where My Heart Belongsを勝利くんがリングブランコで歌い、ステージ上では五関さんがダンス。昨年は山田くん歌で知念くんダンスの曲ですね。曲がアップテンポになり、私服っぽい衣装のJr.とかがでてきたような。このへんあやふやですが、岸孝良くんはグレーのパーカーでした。で、Let's Go To Earthだったかな?
そのあと、A.B.C-Zが宇宙人として登場。ふみきゅんが22日は、ねこキャラで、23日は最初山下清のしゃべりかたをしてたのにセクゾンが気づかない様子だったのでおじいちゃんキャラに変更していました。さすがふみきゅん。
薮くんを探すお手伝いをしながら宇宙の案内をしてあげるA.B.C-Z
ということで、踊りますって言ってA.B.C-Zの曲。
SPACE BEAT 軍服っぽいスノーマン他Jr.がバックでかっこいいです。
Like A Blow はっしーのブランコ。他はリングのアクロバット。ブランコの回転を曲に合わせるところとかほんとすごい。
はっしーのブランコがおわると勝利くんとのブランコ難しい?そうでもない。やってみる?などの会話。地球が灰色になっていて、ショーで人々が笑顔になれば青い地球をとりもどせる。あのプロデューサーが夢見たショーをみてみようというような展開で、ミュージカルメドレー
Hello, Dolly
I Could Have Danced All Night
Never My Love
Singin' in the Rain
Dream girls
その後ブラックホールへ行く黒マントの人たちが通り、
薮くんの額縁歩行や勝利くんの浮くベッドなどのあと風磨くんととっつーのやりとり。
風磨くんの日替わりのセリフ。22日夜は「入所当時は高木くんにお前、俺と同じにおいがすると言われ、仮面ティーチャーときは藤ヶ谷くんからお前、俺と同じにおいがすると言われました。俺ってどんなにおいなんだろ?」23日昼は「風磨くんて汗かけるんだねって小さいJr.に言われました。菊池です。俺、今めっちゃ汗かいてるよ」
このあととっつーと風磨の口論。とっつーが宇宙にはないもを人は持ってるとサグラダファミリアを例にだし何もないところから大建造物を作り出し、設計者が亡くなっても誰かが引き継いでいてすばらしいと言うが、風磨は教会ならさっさと完成させた方がいいんじゃないかと反論します。
ふきでた噴水に洪水のことを思い出し怖がる勝利におまえがとめるんだ。といいナイフで刺すふみきゅん。その血がお前を正しい方へ導いてくれるだろうみたいなことを言い、勝利は赤い布でフライング。
A.B.C-Zとセクゾンたちの対立
闇を突き抜けて 上着を脱いで半裸でダンス
裸の少年 勝利くんが歌い、銃を担いだ少年役は今年も今野くん
和解
13月目のユートピアとはそれぞれの心の中にある。
このあとアップテンポな曲がありA.B.C-ZやJr.は客席に登場。
ステージに宇宙船が現れ、くるっとまわると、A.B.C-Zとセクゾが現れます。
Let's Go To Earth スクリーンにタッキーや光ちゃんが歌う姿がうつしだされ、たまちゃんのときにサイドのマンションにJr.が出現。岸孝良くんはここでは下手の2階。おかげでこれ以降はずっと双眼鏡でマンションをみていました。23日の席は岸くんの向く方向だったのでまるで自分を見ているような錯覚におちいいりました。
いつのまにかステージには大きな木が生えてきて、エンディング。メンバー紹介で、勝利くんのあいさつがあり幕がおりずに終了。
23日もは幕はおりませんでしたが、A.B.C-Zはセリでさがっていきました。
これ、木がじゃまで幕がおろせないのかな?

だーっと書きましたがなんかいまいちうまく書けません。
二回観たというのに見てないところが多いこと。まあ岸くんみつけると双眼鏡使っちゃうから他見えないんですよね。
22日は娘の好きな誠治くん全然みてなかったですもん。23日は何回か確認しました。パーマがかわいい。髪型といえば、岸くんも後ろ髪がふわふわってしてていい感じでした。
あ、あとどの曲だったかな、ハットをかぶってステッキを持って座ってる後ろ姿がものすごく素敵だったの。
それから、23日の席ではふみきゅんと五関さんのフライングがとっても近くで二人のタイミングをあわせてるところとかばっちり見えました。
ストーリーはなんか強引なところもあるけど、昨年よりはわかりやすくなったかな。歴代のジャニーズの舞台の演出をたくさんとりいれているわりには、休憩こみで2時間35分。ちょっとコンパクトな感じがしました。でもアクロバットとか結構大変な技をやってるんですよね。ジャニの舞台に慣れちゃうと普通に見えちゃうけど、全然普通の舞台じゃないんですよね。
公演はまだまだ続きますが最後まで怪我のないようにと祈るばかりです。

2013/12/26  9:11

JOHNNY'S2020WORLD  ジャニーズ関係

12月22日と23日の友人3人でトニトニワールドを観てきました。



JOHNNY'S 2020 WORLD
2013.12.22(日)17:00開演 帝国劇場 
 1階V列26番 S席
2013.12.23(月) 12:00開演 帝国劇場
 1階P列38番 S席

作・構成・演出 ジャニー喜多川
キャスト
佐藤勝利 中島健人 菊池風磨(Sexy Zone)
橋本良亮 戸塚祥太 河合郁人 五関晃一 塚田僚一(A.B.C-Z)
薮宏太(Hey!Say!JUMP)
ジャニーズJr.


ストーリーは昨年のジャニーズワールドとほぼ同じです。

一幕
オープニング 客電がおちないまま客席で少年と女性客の席のトラブルからフライングという昨年と同じ流れではじまります。22日の少年役は川崎皇輝くん23日は別の子でした。
菱形に幕があき、フライングで登場したのは勝利くんと聡ちゃん、マリウス。あれ?聡ちゃんたちもでるの?って驚いたけど、二人が登場したのはオープニングだけだったようで、しかも23日昼は勝利くんと、神宮寺くん、岩橋くんでした。これが通常なのかな? 聡マリを観られたのはラッキーだったってことですね。
健人くん、風磨くんが客席フライング。勝利くんがステージ上フライングでセットにぶつかり薮プロデューサーが登場でshow must go onで水のカーテンをフライング。昨年は1列目で水よけ大変だったなあって思いだしました。
パネルマジックでA.B.C-Z登場
セクゾバンドのあと赤い衣装のJr.が客席通路にたくさんでてきての Not Enough
薮くんの4Dフライングはその次だったかな?
私のお気に入りの岸孝良くんは今回はステージ上ばかりマンションには二幕ラストのみだったと思います。Not Enoughでは手拍子しつつも双眼鏡で探しちゃいましたが、いないのかなあって思った瞬間ステージ奥の上の方で発見。
そして12か月の演目
1月は水太鼓。ここでスノーマンの岩本くんがいないことに気づきました。残念。マンションは三味線。
2月はMASK はっしー。今回ダミーはどなた? 岸くんは扇をもって広げたり閉じたり。
3月はピンクの布をまとってCongratulations 視覚的に春らしさいっぱいでした。
4月 タイタニック 薮くんのMy Heart Will Go Onの歌に五関さんのダンス。岸くんは下手で乗客の役。楽しそうにしてるところから衝突のパニックの演技、照明はくらいのですがちゃんと演技しています。ここは五関さんもみたくてちょっと忙しかったです。五関さんの弟?役は金田くん。
5月はヒンデンブルグ号の墜落事故 とっつーが記者役。勝利くんのフライング
6月〜7月戦争 Jr.軍服 このへんはよく覚えてないのですが、岸くんのほふく前進のダンス?が印象的。
8月終戦
9月復興
10月オリンピック 下手でジェシーが歌ったのはここかな?23日昼はジェシーじゃなく増田良くんでした。隣にはカウアン 上手には岸優太くんいましたね。
A.B.C-Zのまわるリング 岸孝良くんはとっつーのリングを回す係。回したり、速度調節したり、止めたりと手の動きを双眼鏡で見入ってしまいました。ちゃんと最後は客席に顔をむけてましたね。
11月はシェークスピア 健人くんが1人で何役もやります。シェークスピア→客席の上のゴンドラ上でマクベスのマクベス→ハムレットのガートルート(女声で)→ハムレット→クローディアス→真夏の夜の夢のオーベロン→妖精パック(このときステージ上では妖精役の岸孝良くんはじめJr.がわちゃわちゃしててかわいい。健人くんはバンジーもします。)→ロミオとジュリエットのロミオ→お気に召ジェイクイーズ→シェイクスピア。パックのところでかな?DVDの告知をいれてきてましたね。それにしても健人くんすごい!
12月はマクベスの最期 マクベス役の健人くんとマクダフ役の風磨くんのたたかいのシーン。岸孝良くんも下手で鎧風の衣装でたってました。勝利くんが薮くんの制止をふりきりそれをとめようと乱入し、なぜかマクベスを斬って(刺して?)しまい、歴史が変わってしまい決壊して大洪水へ。で、薮くんが死んでしまうというところで一幕終了。ここは水の中での殺陣。岸くんが斬りつけるところ、健人くんに斬られ、倒れるところなどなど、双眼鏡で見てたので全体をよくみてなかったです。

いったんここでアップします。続きはのちほど。


2013/12/20  23:20

カノ嘘  

今日は映画を観てきました。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

クリックすると元のサイズで表示します


原作 青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
監督 小泉徳宏
脚本 吉田智子 小泉徳宏
音楽プロデューサー 亀田誠治
キャスト
佐藤 健
三浦翔平 窪田正孝 水田航生 浅香航大 吉沢 亮 森永悠希
大原櫻子
谷村美月 勝村政信 相武紗季 反町隆史

ストーリー
若者を中心に絶大な人気を誇るバンド“CRUDE PLAY”通称、クリプレ。ボーカル&ギターの坂口瞬(三浦翔平)、ベース=篠原心也(窪田正孝)、ギター=大野薫(水田航生)、ドラム=矢崎哲平(浅香航大)の4人は、デビュー以来、音楽シーンのトップを走り続けている。その全楽曲を手がけるのが、サウンドクリエーター・小笠原秋(佐藤健)だ。かつてはクリプレのベースを担当していた秋だがデビュー直前、音楽プロデューサー・高樹総一郎(反町隆史)の手により、自分達の演奏を一流スタジオミュージシャンの演奏に差し替えられたことにショックを受け、クリプレを脱退。ベースの座を心也に譲り、自らは影から楽曲を提供することによってクリプレを支えていくことを決心したのだった。
それから5年。秋はクリプレはもちろん、美貌と確かな歌唱力で人気の歌姫・茉莉(相武紗季)の曲も、高樹のゴーストライターとして手掛けるなど順風満帆な活躍を続けていた。だがその心は常に満たされない。秋の恋人の茉莉が、高樹とも密かに関係を持っていること。ビジネスとしての音楽業界の中で安易に音楽が消費されていくこと。すべてが秋を苛立たせるに十分だった。
そんな秋の前に、突然彼女は現れた。マッシュルームのような髪型をした小柄な女子高生・小枝理子(大原櫻子)。何かにすがりたかった秋は気まぐれで彼女に声をかける。「一目惚れって信じますか?」冗談のつもりだったが、理子は秋に“一目惚れした”と言う。秋が歌っていた鼻歌に、鳥肌がたったのだ…と。秋は思わず嘘の名前を告げ、自分がクリプレのサウンドクリエーターの『AKI』だということを隠してしまう。しかも茉莉との一件から、歌う女が嫌いだと、さらなる嘘をつく秋。この嘘が、実は同級生とバンドを組み、歌うことが大好きな理子を思い悩ませることになるのも知らずに…。
そんな折、偶然理子の歌声を聞いた高樹が、理子と理子の同級生・君嶋祐一(吉沢亮)、山崎蒼太(森永悠希)の3人をスカウトし、“MUSH&Co.”(マッシュ&コー)としてデビューさせることに。高樹はマッシュのプロデュースを秋に任せようとするが、かねてから高樹の音楽への姿勢に強い反感を抱いていた秋は、マッシュのボーカルが理子だとは知らず、それを突っぱねてしまう。音楽の住人だということをお互いに打ち明けられない秋と理子は、ある日クリプレの歌番組の収録ではちあわせに。自分の正体が“クリプレの秋”だと明かした秋と、歌を歌うことを告げた理子。お互いを受け入れた2人は付き合いを続けていくことに。その日の夜、初めて理子の歌声を聞いた秋は、その特別な歌声に一瞬で魅了され、プロデュースを辞退したことを激しく後悔する。だが時はすでに遅く、高樹はマッシュのプロデュースを心也に依頼していた…。
理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める――。
(東宝HPより)



よかったです。ラスト、理子が秋の作った歌を歌うところ、うるうるしちゃいました。
そもそも健くんが素敵。ピュアで不器用な秋にぴったり。
そして理子の歌声、ほんと感動もの。
キスシーンはどれもおばさんの私でさえも胸キュンしちゃうシュチエーション。
恋愛ものでもあり、友情ものでもあり、音楽ものでもあり、青春ものでもある。いろんな魅力がつまっていて、そしてキャストも魅力的でした。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/12/20  22:24

忘年会  

昨日は職場の忘年会でした。
場所は毎年恒例のリストランテ・カステッロ

院長、副院長、職員、薬局さん、製薬会社の営業の方などあわせて25人位だったかな?
内容も毎年恒例で、食事とクイズ大会、プレゼント交換というクリスマス会って感じです。
院長先生はクリスチャンだしね。

前菜盛り合わせ 
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

フォワグラと生ハムのパニーノ
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

和牛頬肉の赤ワイン煮
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クイズ大会景品(参加賞)
クリックすると元のサイズで表示します
まあ、これは提供品の詰め合わせだから、期待はしてなかったんですが、水筒は使えるかな。
プレゼント交換でもらったものはフランフランのバスグッズとハンドクリームでした。とってもいい香りで満足。
クリックすると元のサイズで表示します
私が持っていったのもバスグッズww
1000円程度のものにすることになってるので、バスグッズは妥当なんですね。みんな考えることは同じ。

今回私の向かいに座った女性は製薬会社の方で、今年1年間で8回も友人の結婚式にでたって言ってたので適齢期なんですねって言ったら、26歳ですって。なんと、息子と同じ歳でした。とってもしっかりしてて、うちの息子も外ではこんな感じなのかしら?って思ったりしました。そうそう嵐コンに行ったとか言ってました。もっと話したかったな。
隣の席の方も製薬会社の男性で、なんと彼女はKinKi担だとか。
先生が近くの席だったので、ジャニ話があまりできなかったのが残念。やっぱりレストランでの食事メインの忘年会だと、ちょっとかしこまっちゃって話しづらかったりもするしね。

そんなこんなで、美味しい忘年会も終わり、今年もあとわずかです。

2013/12/19  11:15

ザ少年倶楽部  ジャニーズ関係

12月16日(月)
NHKBSのザ少年倶楽部の公開収録観覧に行ってきました。
NHKホール 7時開演

3階C6-9

毎月毎月はずれていた少クラ。ツイッターにおもわず嘆きのつぶやきをしたら、フォロワーでもある友人が誘ってくれました。
娘と同じくらいの歳の岸孝良担のお譲さん。
好みもあうし、優しくて明るいお譲さんなので、観覧も楽しみでしたが彼女に会えるのもとっても楽しみにしてました。

少クラ観覧は今回で4回目。前回はいったのはいつだろう?ってブログ内を検索したら2011年1月でした。約3年ぶりです。

今回は1月放送分の収録。2回分でしたが一つのテーマは地球。もうひとつは何だったのか聞き逃してしまいました。
あいかわらず、トークが聞きとりにくいのが難点。トーク中にステージセンターにスタンバイででてきたりすると、ざわざわしてキャーとか声もでるしね。
でも、その映らない部分でのJrくんたちの素の様子やファンサとかみられるのも収録ならではですが。

司会は藪くんとゆうとくん
ゲストは内くんと優馬くん。桐山くん中間くんもきました。

私たちの関心事は岸孝良くんがいるか?ってこと。でてくるまでどきどき。前日は大阪のキスマイについてたからもしかして休みかも?って思ったりね。
でも、しっかり出演していてほんとよかったです。
スノーマンの照くんは欠席でしたね。ドラマですかね。

放送前なので、レポは詳しく書きませんが気になったことを少し。

気になるJはJr紹介ではなく地球くん。これってどうなの?って正直思いました。
ジェシーの歌ったKinKiのme〜地球のいろ。あれ?どこかできいたことあるよ。って思ったらやっぱりKinKiの曲。ジェシーはほんとよくKinKi曲うたってくれてうれしい。
これ、バックが4人で岸くんでてるんでTVの映り込み、期待大です。赤いスーツでかっこよかった。
A.B.C-Zの新曲のバックにもついていてこれもよかったです。これ、結構スタンバイ時間長かったのでなんか他のJr.と楽しそうにしてました。岸くんの後ろに誠治くんもいて、娘にもみせてあげたかったなあ。
あと、スワンソング。松倉くんと松田くんコンビメインで歌ったのにちょっとびっくり。その他Jr.もしっかり踊ってて早くKinKiのコンサートに行きたくなりました。
他に印象に残ったのは増田くんのビジュアルの良さと半澤くんの歌声。半澤くんのソロってあまり聞いたことなかったんだけどとても上手だった。
それから高橋海人(かいとって字あってるかな?)くんの推され具合。
内くんのおもてなしトークでは、気になる後輩は?って質問。勝利くんって答えてました。愛の告白も勝利くんあてに言ってましたね。かっこいい内くんですが、どうしても昼ドラのイメージが大きくてつい笑ってしまいます。さすがにNHKなので、昼ドラのはなしとかはふれませんでしたが、どこかで高田くんと語ってほしいなあww(雑誌には載ってたりしますけどね)

今回は開場前に並んでたときから帰り道まで、楽しい話ができて、そしてかっこいい岸くんの姿を見られてほんとにほんとに楽しいひと時でした。

2013/12/13  20:42

CLUB SEVEN 9th stage 観劇  

昨日、すごく楽しみにしてたCLUB SEVENを観てきました。

10th Anniversary
CLUB SEVEN 9th stage!


2013年12月12日(木) 14:00開演
シアタークリエ
2扉8列6番

クリックすると元のサイズで表示します

脚本・構成・演出・振付:玉野和紀

キャスト:
玉野和紀 吉野圭吾 西村直人 町田慎吾 中河内雅貴
古川雄大 上口耕平 小野田龍之介 橋本汰斗

PROGRAM
ACT1
M1 Ciub7のテーマ
M2 I'm A Woman
M3 Get'cha Head in the Game
M4 Are You Ready/Mickey
Sketch1 日比谷セブン学園
Sketch2 部屋探し人と不動産屋
M6 僕らは貧しい鯉の家族
Sketch3 鯉の家族
Sketch4 人命救助
M7a 決断
M7b 白鳥の湖
M8 War
Sketch5 玉子とニャン子 憑りつかれちゃった編
M9a WINGS OF THE EAGLE
M9b UNCHAINED MELODY
Sketch6 監督シリーズ 子役オーディション
M10 THE JITTERS
M11 Story

ACT2
Mini Musical Artists Soul
M12 50音順ヒットメドレー
M13 Ciub7テーマ(Reprise)
(パンフレットより)


1幕は歌ダンスと、寸劇
2幕はミニミュージカルと50音順メドレー
ダンスが半端なくかっこいいです。寸劇はどれもコミカルなお芝居ですごく面白いです。もちろん女装もあるわ、かぶりものあるわ。
玉野さんのむちゃぶりによるアドリブのお芝居も楽しいです。
今回は子役オーデションのシーン。母子でのお芝居のシュチエーションがその場で振られアドリブで対応します。こうやって若手俳優さんたちがきたえられるわけですね。
玉子とニャン子のコーナーでは玉子とニャン子が客席で会話のやりとりをするんですが、私の席の近くだったので、真近かでみました。ニャン子さん、とってもいいにおいしました。で、グータッチされました。「みんなわかってくれてるのね。やってくれてありがとう」って言ってましたが、いやあ私はわけもわからずやったのですが…。ラッキーなお席でした。
通路から2席めでしたが、通路を通ることも結構あったし、ステージも双眼鏡なしでばっちりみえました。
50音順メドレーは、ジャニーズの曲も結構はいっててテンションあがりました。
曲名はメモしなかったのですが、ネット検索で見つけましたので記載しておきます。

50音順ヒットメドレーセトリ

pride/GReeeeN
栄光の男/サザンオールスターズ
当たり前体操/COWCOW

ワイルドアットハート/嵐

Fitsの歌
ウルトラブロックの歌
美しいあなたといると/福山雅治

Walking on crowds/A.B.C-Z

インベーダーインベーダー/きゃりーぱみゅぱみゅ

Come on my house/Hey!Say!JUMP
サワーズかめかめの歌

潮騒のメモリー/天野春子
夢の終わり愛の始まり/アンジェラ・アキ

楽天カードマン
黒酢にんにくの歌/健康家族
クレラップの歌

けんかをやめて/竹内まりや

Everybody go/Kis-My-Ft2
暦の上ではディセンバー/アメ横女学園芸能コース
恋するフォーチュンクッキー/AKB48
HELLO/福山雅治

さよならクロール/AKB48
残酷な天使のテーゼ/高橋洋子

愛は勝つ/KAN

Everything/MISIA

世界中の誰よりきっと/WANDS&中山美穂

ひこうき雲/松任谷由実
ハナミズキ/一青窈

タウンワークの歌

チキンラーメンの歌

虫よけ当番

虫コナーズテクノ

夢想花/円広志

なめこのうた/福原遥
青春にかけろ/VIP

アタック25のテーマ

盗まれた唇/AKB48

友達より大事な人/剛力彩芽

auの乗り換えるの歌

バリバンバンバリバリバンバン/SoftBankのCM
タマホームのCM

mirage/AAA

ファッションモンスター/きゃりーぱみゅぱみゅ
フライングゲット/AKB48

チャンカパーナ/NEWS
ダイワハウスのCM

僕が僕であるために/尾崎豊

負けないで/ZARD

ブルドック/城咲仁

joy/SMAP

女々しくて/ゴールデンボンバー

モンキーマジック/ゴダイゴ

ヤッターマンの歌

ジャパネットのテーマ
キミとのキセキ/Kis-My-Ft2

あそぼう/ウルフルズ

ラストクリスマス/Wham!

リンダリンダ/THE BLUE HEARTS

徹子の部屋のテーマ

Lady diamond/sexy zone

ロマンスの神様/広瀬香美
ろくなもんじゃねぇ!/長渕剛

お祭りマンボ/美空ひばり
123〜恋がはじまる〜/いきものがかり
エロティカセブン/サザンオールスターズ
笑ってたいんだ/いきものがかり

ライジングサン/EXILE
僕にできること/AKB48

seasons of love

このメドレーはノンストップでほんとすごい。で、楽しい。歌にあわせてダンスしたり小芝居したり。そしてキャストがみんな楽しそう。
2幕のミニミュージカル以外はどれも楽しくて観ていて自然に顔がほころびます。

最後にキャストの紹介があって一言ずつ話すんですが、この回は(毎回ちがうようです)最近びっくりしたことでした。
上口くんは自分の両親と玉野さんが同じ歳だと知りびっくりしましたってこと言ってましたが、玉野さんはいったい何歳なんでしょう? 年齢は公表してないんですね。上口くんは28歳くらいなので、玉野さん、私より年上かしら? それにしてはパワフルです。玉子もかわいいです。
今回、私の正面が上口さんの立ち位置だったので、結構見ていたのですが、彼の笑顔ほんと素敵です。すっごく楽しそうに歌ったりダンスしたりしていてそのチャーミングな笑顔に魅せられてしまいました。
あと、中河内さんはほんとハンサム。かっこよかったです。
今回初参加の古川くんもとっても綺麗な顔で、舞台を観たのははじめてです。雑誌とかでみるより実物の方が素敵でした。女装も綺麗。町田さんの女装もそれなりに綺麗でしたがまけますね。町田さんの幽霊の動きすごかったです。上手でした。素敵でしたww鯉もねww
町田さんはジャニではない外部の舞台にでるようになりましたが、SHOCKに出てた時よりも活躍されていて、ある意味よかったなあって思います。

ほんとうに楽しくて素晴らしい舞台。ぜひ来年も行きたいと思います。昨年観て感激したので今年は娘にも見せてあげたいって思ってたんですが、都合が悪く連れて行けなかったので、ぜひ来年は見せてあげたいです。この楽しさ知らないと絶対損だと思います。

2013/12/10  20:48

本の読み聞かせ  

今日は4年生の読み聞かせでした。

1冊目
いくらなんでもいくらくん                       
シゲタサヤカ/著  イースト・プレス  2013年11月

クリックすると元のサイズで表示します
町外れに突然出来た「なんでもや」。その店主は、なんとイクラのおすしでした。城に連れてこられたイクラのおすしは、何でも屋としての力をお殿様の前で披露します。季節外れのあまーい葡萄も、きれいな桜も、盛大な花火も、なんでもござれ。その方法も奇想天外。喜んだお殿様はイクラくんを城に住まわすことに。もう、イクラくんなしの生活なんて考えられません。そんなある日…

2冊目
魔法の筆                              
ホン・シュンタオ/作  ワン・レイミン/絵  ほるぷ出版  1987年

クリックすると元のサイズで表示します
貧しくて、絵筆も買うことができないけれども、天才的な絵の才能があるマーシャン。ある日、仙人が現れて、一本の魔法の筆をくれるのです。それから、彼が、貧しい人々のために、その筆を使って大活躍をするお話です。
マーシャンが、筆を武器に、悪い役人達をやっつけてしまう、勧善懲悪な痛快娯楽絵本です。


私は1冊目を読みました。最近はまっているシゲタさんの新作。このなんでもありの世界観が好きです。お殿様の時代なのにTVとか扇風機とかの絵まで登場しちゃうし。でも単純におもしろがれたらいいなあった思いました。4年生の子たちもびっくりしながら笑っていました。
友人が読んだ2冊目は中国の民話で、勧善懲悪で面白かったです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ