2014/1/30  11:37

読書記録  

東大院生。僕ジャニ男(ヲ)タです。
福 博充/著 
アールズ出版 2014年1月
 

クリックすると元のサイズで表示します


[目次]
第1章 ジャニ男タ、J化する―嵐の「きらきら」を追った日々;第2章 ジャニ男タ、臨む―∞コン、おひとりさま参戦記;第3章 ジャニ男タ、魂消る―「今井翼を称賛する会」とともに;第4章 ジャニ男タ、立ち上がる―片道切符もカンケーねー!太P(藤ヶ谷)担にまっしぐら!;第5章 ジャニ男タ、焦がれる―応援なのか?恋なのか?ジャニーズJr.を追う日々;第6章 ジャニ男タ、出会う―Jで人生を切り開く女性
[出版社商品紹介]
ジャニーズ・女子コミュに迷い込んだ、東大院生・ジャニ男(ヲ)タ君。気づけば、ジャニヲタ道まっしぐら。ジャニヲタ一大男の8年間。
(e-honのHPより転載)


コンサートでたまに見かける男性ファン。でも知人にはいないので、男性ファンの心理には興味があり読みました。男性ならではの苦労してるところ、得してるところなどはあるとおもうけれど、ジャニヲタには性別も国境も関係ないですよね。ついでに年齢もとつけくわえておきます。
同じジャニヲタとして共感できることばかりで、楽しく読めました。

2014/1/26  12:39

JOHNNY'S2020WORLD  ジャニーズ関係

先日、トニトニ3回目の観劇してきました。
もう観る予定はなかったんですが、仕事で、六本木まで、勉強会に行くことになり、勉強会は夜なんですが、バドミントンの練習を休まなきゃならないし、交通費は出るっていうので、それなら、昼間、舞台でもみるかってなって、チケットを探したんです。運よく2階席ですが定価以下で譲ってもらえることになり観てきました。
が、前日になって、その日はお気に入りの岸孝良くんはお休みだということを知り、ちょっとがっかりもしたんですが、まあ舞台を観ること自体が好きなので楽しんできました。
五関さんも好きだしね。

JOHNNY'S 2020 WORLD
2014.1.23(木)13:00開演 帝国劇場 

2階H列53番 A席

作・構成・演出 ジャニー喜多川
キャスト
佐藤勝利 中島健人 菊池風磨(Sexy Zone)
橋本良亮 戸塚祥太 河合郁人 五関晃一 塚田僚一(A.B.C-Z)
薮宏太(Hey!Say!JUMP)
ジャニーズJr.


今回は2階席 A席ですが2階の前ブロックの最後列。結構よく見えました。ただ見えないフライングもちょっとありました。双眼鏡で、きょろきょろ頭を動かしても後ろがいないので、気を使わなくてもよかったのはいいかも。
あとは、そう2階席ならではって感じで、奈落とかも見えるし、1階からは見えないものも見えるのは面白いです。今回は2階でもサイドだったので見えたものもあります。
MASKの時など、ステージセンターでははっしーのダミーが演技中、後ろのほうでセットの陰ではっしーが着替えてて、スタッフが肩をポンって叩いて合図してるとことか見えちゃったり。
Not Enoughの時は最後の、奥のステージがせりあがってJr.がでてくるところ、せりあがる前にスタンバイしてるJr.もみえました。直前まで、隣の人と話したり普通にしててあがったと同時にすっと踊りだすとかね。
またダンスのフォーメーションとかは2階席の方が楽しめますよね。
内容は二幕で前回行ったときにはなかったセクゾンメドレーがありました。
あと、オープニングの客席トラブルシーンの会話が結構白熱した感じだったし、少年がフライングするときに名前を聞かれてましたね。ちょっとレポをぐぐってみたらその会話の内容毎回違うみたいですね。
今回は、娘の好きな田中誠治くんを結構見てましたが、かわいかったです。前髪がちょっと長めで、目がかくれちゃうのが残念。いつものようにポーカーフェイスが多かったけど、ちょっと笑顔もみれました。あと、松倉くんのダンスのはりきり具合がほんとかわいかったです。
そしてジェシー、増田くん、カウアンの歌のうまさにうなりました。私はビジュアルがとってもいい増田くんがいいなあ。(また増田くん、高田くん、岸くんで一緒に活動してほしいなあ。雑誌に一緒にでてたのが懐かしい)

2014/1/21  14:23

PLAYZONE  ジャニーズ関係

PLAYZONE→IN NISSAY

2014.1.18(土) 18:00開演
日生劇場

1階M列30番

先日、友達とプレゾンを観てきました。

キャスト
今井翼
中山優馬 屋良朝幸
ふぉ〜ゆ〜(越岡裕貴、辰巳雄大、福田悠太、松崎祐介)
They武道(山本亮太、林翔太、江田剛)
"MAD"(池田優、松本幸大)
Travis Japan(川島如恵留、森田美勇人、仲田拡輝、七五三掛龍也、中村海人、吉澤閑也、梶山朝日、阿部顕嵐)

セットリスト
ACT1
01 You & Me & Who?
02 仮面舞踏会
03 ケジメなさい
04 ハッとして! Good
05 100%・・・SOかもね!
06 LOVE YOU ONLY
07 どうなってもいい〜It's BAD
08 水の帰る場所
09 愛・革命
10 まいったネ 今夜
11 パラダイス銀河
13 What's your name?
ACT2
14 情熱の一夜
15 青春アミーゴ
16 HONEY BEAT
17 ズッコケ男道
18 A・RA・SHI
19 青いイナズマ
20 よく遊びよく学べ
21 フラワー
22 お祭り忍者
23 想 SHO
24 パーティーが終わっても

25 Guys PLAYZONE

だいたい、夏のプレゾンと同じ。
変わったところは
一幕オープニングは2階にも登場(閑也 海人 顕嵐 朝日)
セトリでは
ROAD TO PLAYZONE →You & Me & Who?
どーしようもない→どうなってもいい〜It's BAD
アンダルシアに憧れて→What's your name?
星屑のスパンコール→想 SHO
Liar→パーティーが終わっても
「まいったネ 今夜」で、バーでの小芝居。日替わりのセリフはやらっちがマスターに「キンキンに冷えた熱燗ください」(注文するものが毎回ちがうらしい)あと福ちゃんは「浅草公会堂をいっぱいにする」(この場所もいろいろあるらしいです)
「よく遊びよく学べ」のあと「プレゾン学園」というコーナーがありました。先生や司会は交替制のようで、このときは林先生、常識クイズ司会はニートたけし(拡輝)ここでのネタも毎回違うようです。
あと「Liar」がないので大階段なしです。(残念)
夏の時の方が客席通路を通るのも多かった気がします。まあ会場のつくりちがいますしね。

今回は通路から2席めの席だったので、拡輝くん、林くん、江田ちゃんとタッチできました。のえるくんともしたかな。タッチはできなくても近くにきたりした人も多くわけがかからない状態です。ただ、気になるみゅうとくんが近くに来なかったのが残念。タッチした人は、汗かいてるのに手はひんやりしている感じでした。

プレゾン学園の前に翼くんが「亮太くんのお母さん、プリンごちそうさまでした」って言ってたので、この日、亮太ママ観覧してたのかな。
プレゾン学園はほんと面白かったです。
転校生優馬が福ちゃんの生き別れの弟って設定で、なぜかアンパンマンキャラがいっぱい。
松崎くんがばいきんまん、こっしーがしょくぱんまん、辰巳くんがカレーパンマン、林くんがバタコさん、福ちゃんがジャムおじさん
そんな福ちゃんが客席登場し、自分が何に遅刻しそうなのか、お客さんに聞くんですが、このときは「パセリの収穫」ってお客さんが言って、ステージ上のパセリが好きなみゅうとくんが大喜びでした。福ちゃんはわかってない感じでしたね。お客さんみゅうと坦だったのかな。
このコントっていうかお芝居はほんと面白かったんだけど、どこまでが台本でどこがアドリブかわからないので省略します。
あと、辰巳くんがお客さんの「ふぁ」って思わず出た声を拾ったりしてましたね。
学園のエリートレッツ&ゴーの山亮と江田ちゃんが登場してクイズで対決。
常識クイズの問題は「金田一事件簿の決め台詞」
これも面白かったので覚えてるのだけ
江田「犯人はこの中にいる」
池田「じっちゃんの名前は金田一耕介」
優馬「あとはじっちゃんにまかす」
しめ「のえるになりかけて」アクロするのえるのものまねをする
山亮「シャドー」山田くんのものまね
江田「カモナマイハウス」
しめ「アンパンマンになりかけて」アンパンマンのまねして客席に降りる。1回休みって言われてしまう
海人「しょくぱんまんになりかけて」と言ってこっしーを見るとこっしー「おれ、なりかけてじゃなくて電車で幼稚園生にしょくパンまんに似てるねって言われた」と言う
あらん「空にあこがれて」といい、前で「そらにあこがれて〜」と歌う
山亮「じっちゃんの名にかけて」で正解しおわり
最後は司会の拡輝くん「ちなみに私は今年から事件簿じゃなく家計簿つけてます」
こんな感じ。
あ、辰巳くんが剛くんのものまねもしてました。すごい似てる〜って思いました。
こんな感じで、ほんと面白かったです。

でもね、ダンスではほんと、レベル高くてそろってて圧巻って感じです。
派手なセットや演出がなくても華やかで存分に楽しめる舞台でした。

2014/1/16  11:33

読書記録  

ジャニーズ魔法の泉 〜アイドルの掟A
小菅宏/著 竹書房 2013年12月


クリックすると元のサイズで表示します

[要旨]
著者が四十五年前に聞いた、ジャニー喜多川氏の今日の興隆を予見する「3つの予言(宣言)」を元に、「少年を見る感性」、「ファミリーを大事にする姿勢」を軸にして、少年の「同志」としてのクリエーター(創造者)の戦略と手法を綿密に紐解く。日本芸能史の中で、燦然と輝く「魔術師」の流儀にスポットを当てる、唯一無二のインサイド・ドキュメント。若き才能が集まり続ける「ジャニーズ・システム」の秘密を明かす必見の書!
[目次]
序幕 四苦八苦の果ての栄光;第1幕 ジャニーズアイドル宝塚版の野望;第2幕 和製ミュージカルを定期公演する;第3幕 自前の劇場に関して;終幕 ジャニーズ今昔物語;ジャニー・H・喜多川の履歴書 毀誉褒貶が交錯する半生記
(e-honのHPより転載)


ジャニーさんの人生とか考え方(筆者の推測)を書いた伝記的な本でした。古くからかかわりのある筆者が知っている事実から推測されるジャニーさんの思い、考え方、感性は納得がいきます。
新しいジャンルを切り開き常に驚きを与えてきたジャニーさん、ほんとにすごいなあって改めて思いました。でも、筆者も言っていますが、最近の舞台ではジャニーズの舞台の総大成のようであったり過去を振り返ってる感がいなめません。常に新しいことにチャレンジしていってこそのジャニーさんらしくないのが残念です。ジャニーさんの思いを受け継いでいく人がいないのかなあって思うとさびしくもあります。

追記 筆者はジャニーさんの理想のアイドルとして堂本光一と滝沢秀明をの名をあげていますが私も同感です。

2014/1/14  11:53

本の読み聞かせ  

今年初めての読み聞かせボランティアに行って来ました。
5年1組です。
今回も1人都合が悪く2人での参加のため2冊です。

1冊目
オニじゃないよおにぎりだよ                       
シゲタサヤカ/著  えほんの杜  2012年1月

クリックすると元のサイズで表示します
おにぎり好きのオニ達が、人間の落としたおにぎりを拾って食べて、大ショック!
「ひどすぎる!こんなまずいおにぎり、食べてるなんて!」「おれたちが、ほんとうのおにぎりの あじを おしえてやる!」と人間におにぎりを作ってあげようとするがこわがれれてしまう。

2冊目
どうぶつさいばん ライオンのしごと                  
竹田津 実/作  あべ弘士/絵  偕成社  2004年8月

クリックすると元のサイズで表示します
タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。

私は1冊目の本を読みました。またシゲタさんの本です。来月は節分なので鬼の本ということで選びました。オニがにんげんにこわがられないようにする工夫がとってもおもしろいんだけど、5年生は声をだして笑ってはくれませんでした。そういうお年頃かな?でもまあ心でくすっって笑ってくれれば成功です。
2冊目は弱肉強食の自然の中での機能がとてもよくわかるお話でこれはこの学年にはちょうどよいかなって思いました。

2014/1/14  9:26

真田十勇士  

日本テレビ開局60年特別舞台
「真田十勇士」


2014年1月12日(日) 12:00開演
青山劇場

S席 1階N列31番

クリックすると元のサイズで表示します

脚本 マキノノゾミ
演出 堤幸彦
出演
中村勘九郎 松坂桃李 比嘉愛未 福士誠治 中村蒼 高橋光臣
村井良大 鈴木伸之 青木健 駿河太郎 石垣佑磨 加藤和樹
音尾琢真 加藤雅也 真矢みき

ストーリー(公式HPより転載)
関が原の戦いから10年以上の歳月が流れ、徳川家康は天下統一を目前にしていた。最後に残ったのは、豊臣秀吉の遺児・秀頼【福士誠治】と付き従う武将たちであった。秀頼の母・淀殿【真矢みき】は、「豊臣の世をふたたび」という妄想に駆られ、徳川との対立を深めていた。大坂を戦場とした戦が始まるのは、もはや時間の問題となっていた。
紀州(現在の和歌山県)九度山、抜け忍びの猿飛佐助【中村勘九郎】は、真田幸村【加藤雅也】と出会う。幸村は天下に知られる名将だが、関が原で西軍に与したため、九度山で隠遁生活を送っていた。ところが、実際の幸村は、芯には光るものがあるものの、無口で平凡な武将にしか見えない。幸村大活躍のエピソードは、「噂話に尾ひれが付いたものか、偶然が重なったに過ぎない」と言う。己の虚像と実像のギャップに悩み、名誉を保ったまま、命を落すことまで考える幸村。その話を聞いた佐助は俄然、目を輝かせた。
「オイラの嘘で、あんたを本物の立派な武将に仕立て上げてみせようじゃないか!」
押しかけ家臣となった佐助は、幸村を本物の「天下の名将」にすべく、いわば<真田幸村をプロデュースする>ために策を考える。まずは、頼りになる仲間を探し、かつての忍び仲間・霧隠才蔵【松坂桃李】と再会する。容姿端麗で頭の切れる才蔵だが、山賊に身をやつしていたところを佐助に誘われ、「本物の英雄づくり」という世の中を相手にした大博打を仕掛けようとする考えに共鳴し、幸村の家臣になることを承知する。才蔵の屈強な2人の手下、三好清海【駿河太郎】と三好伊三【鈴木伸之】も行動をともにする。
やがて、関が原などで戦経験豊富な強者・由利鎌之助【加藤和樹】、仕官先を探して諸国を旅する武芸者・筧十蔵【高橋光臣】など、新たな仲間が加わっていく。そんな中、佐助と才蔵は新たな企てを思いつく。幸村の存在をより神秘的なものにして世間に売り込むため、一騎当千の勇者たちを揃えて、世の中を震え上がらせようと…。仲間は十人、思った通り、「真田十勇士」の存在は一気に噂として広まった。
「世間というものは常にわかりやすい英雄を欲しているから、そこを利用するんだ!」
一方、徳川方の忍び集団の首領・久々津壮介【音尾琢真】は、娘の火垂【比嘉愛未】とともに、忍びの里を抜けた佐助と才蔵を付け狙っていた。壮介は影の存在である忍びの宿命を背負いながら、真田の勇者たちを追い込んでゆく。火垂も同じ使命を帯びているのだが、昔恋心を寄せていた才蔵に対しては複雑な感情を抱いており、闘いの場面では常に心の葛藤が見隠れしていた。久々津集団には、豪腕無敵の戦士・仙九郎【石垣佑磨】という存在も控えており、佐助たちの行く手をさえぎり、時として格闘、乱戦となり、毎回激しい戦いを繰り広げていた。
幸村は本当に大坂に味方するのか? 諸説が飛び交う中、最後まで決断を渋っていた。そんな中、昔の佐助とよく似たお調子者の根津甚八【福士誠治】をはじめ、幸村の忠実な家臣・海野六郎【村井良大】、そして、幸村の長男で幸村を信じて疑わない実直な息子の大助【中村 蒼】、大助に付き従う家来・望月六郎【青木 健】らが加わり、ようやく10人が揃い、名実ともに「真田十勇士」が誕生したのだった。
豊臣と徳川が一触即発となる中、九度山に意外な人物、淀殿が訪ねてきた。幸村は若かりし頃、淀殿を慕っており、今なお純粋な思いを抱いていた。佐助たちが考えた「虚像を真実として貫き通す」という企てに本腰を入れて乗ろうと決めた瞬間だった。十勇士たちも賛成し、幸村の意を汲んで大坂方に味方することが決まった。「真田十勇士」たちは、いよいよ大坂城に入場し、慶長19年(1614年)、遂に「大坂冬の陣」の幕が切って落されようとしていた…。
佐助の本当の狙いは何なのか? 才蔵は仲間を信じているのか? 火垂の恋は叶わぬまま終わるのか? 幸村は本物の名将になれるのか? 淀殿の思惑の裏にあるものは…? それぞれがそれぞれの思いを抱えたまま、最終決戦の場に突入し、豊臣と徳川に翻弄された十勇士の運命は思わぬ方向へと突き進んでいく。たとえ、佐助や才蔵たちが望もうと望まなかろうと…。


先日「真田十勇士」を観てきました。
プロジェクションマッピングなど映像をふんだんに使った舞台でした。背景やセットなどに使われていて、舞台のよさと映画のよさがあわさった感じでした。また客席登場もあったり、フライングあったりとあきることのない演出でした。殺陣も迫力があるのだけど、見ていて綺麗。殺陣の指導はSHOCKでもおなじみの諸鍛冶さんだそうです。アンサンブルはJAEの方たちがたくさん参加されていました。Gロケの半澤さんや斎藤さんもいました。
また映像のみの出演で平幹二朗(家康役)さん。オーラがすごかったです。語りは坂東三津五郎さんでした。
ヘンリー4世の桃李くんがよかったのでまた舞台の桃李くんを観たいと思ってチケットを購入したのですが、 加藤和樹さんはじめ好きな俳優さんが多くとても楽しみにしていました。
中村勘九郎さんの舞台も一度観たいなあって思っていました。勘三郎さんの舞台も観たことはなかったんですが、自分の思っていた勘三郎さんのイメージと重なりました。また年配の観客の方たちが幕間にお父さんに似てきたねって言っているのを耳にしました。とてもチャーミングでそして落ち着きがあり役を演じているという感じがまったくなく佐助そのものでした。
台本なのかアドリブなのかわかりませんが、くすくすって笑っちゃうセリフや演技がたくさん。本当に楽しい舞台でした。
桃李くんもクールで素直じゃない才蔵をちゃんと表現しながら笑えるポーズやセリフを言っちゃったり。まあキャスト全員そうなんですね。ちゃんとそのキャラを演じながらもちょうどいい具合に笑える要素をおりこんでいました。
今回福士誠治さんは秀頼と根津甚八の二役をしていましたが、まったく別人のようでした。
中村蒼くんは14歳の役だったのですがキラキラしてとてもかわいかったです。笑顔に癒されます。
加藤和樹さんは長槍での殺陣がすごく素敵でした。石垣くんはメイクでせっかくのお顔が隠れてしまっていましたがとてもインパクトがありました。あと高橋くんの男が好きなキャラ、笑っちゃいました。今回戦隊ヒーローものの出身者多い気がしました。だから知ってる俳優さん多かったんだなって気付きました。
それから真田雪村役の加藤雅也さん。ほんとに素敵。たしか私と同じ歳なんですよね。比嘉さんもアクション頑張っていました。最強のキャラとってもキュートでした。でも真矢さんの淀殿はさすが貫禄ありますね。
俳優さん方が魅力的で演技も素晴らしかったんですが、ストーリーにも驚かされました。ラストのどんでん返し、びっくりしました。
ほんとにスケールが大きく、スペクタル時代劇というコピーはぴったり。そして新年初の舞台らしく楽しく幸せな気持ちになれました。
そうそう、オープニングの紹介とかラストのパラパラとかも面白かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

2014/1/9  19:33

2013年ライブ・舞台鑑賞記録  

2013年の鑑賞記録

1.6(日)12:00 JOHNNYS' World 新春 正月はタッキーと共に(帝国劇場)

2.9(土)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)
2.10(日)14:00 舞台「マティーニ! 〜ただ今、撮影5時間押し〜」(THEATRE1010)
2.21(木)13:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

3.14(木)13:00 Endless SHOCK(帝国劇場)
3.17(日)17:00 JOHNNYS'Worldの感謝祭 in DOME TOKYO・OSAKA(東京ドーム)
3.28(木)13:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

4.6(土)18:00 舞台「銀河英雄伝説」第三章 内乱(青山劇場)
4.7(日)13:30 見上げればあの日と同じ空(紀伊國屋ホール)
4.21(日)13:00 ヘンリー四世(彩の国さいたま芸術劇場 大ホール)
4.27(土)18:00 滝沢演舞城2013(新橋演舞場)
4.28(日)17:00 A.B.C-Z 2013 Twinkle×2 Star Tour(国立代々木競技場第一体育館)

5.4(土)13:00 舞台「ロボティクス・ノーツ」(全労済ホール/スペース・ゼロ)
5.5(日・祝)13:00 Sexy Zone Japan Tour 2013(横浜アリーナ)
5.12(日)18:00 Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー2013(東京ドーム)
5.19(日)13:00 Live House ジャニーズ銀座 ジャニーズJr.(シアタークリエ)

6.5(水)18:30 THE ALFEE Grateful BIRTH(市川市文化会館)
6.23(日)13:00 オセロ(世田谷パブリックシアター)

7.14(日)17:30 PLAYZONE‘13 SONG & DANC‘N。PARTV。(青山劇場)

8.15(木)14:00 舞台「タンブリング」vol.4 (赤坂ACTシアター)
8.17(土)17:30 2013 神宮外苑花火大会(国立霞ヶ丘競技場)
8.18(日)12:00 舞台「タンブリング」vol.4 大感謝祭トークイベントin東京(赤坂ACTシアター)
8.25(日)19:00 Johnny's Film Festa 2013(TOKYO DOME CUTY HALL)

9.7(土)18:00 NEWS 10th Anniversary(東京ドーム)
9.12(木)18:00 Endless SHOCK(梅田芸術劇場メインホール)
9.28(土)18:00 DREAM BOYS JET(帝国劇場)

10.10(木)13:30 a new musical SONG WRITERS(シアタークリエ)
10.14(月・祝)13:00 ABC座2013 ジャニーズ伝説(日生劇場)
10.24(木)13:00 ABC座2013 ジャニーズ伝説(日生劇場)

11.3(日)13:00 SOME GIRL(S)(東京グローブ座)
11.16(土)18:00 Kis-My-Ft2 SNOW DOMEの約束(東京ドーム)
11.17(日)12:00 DAIGOトークショー(成蹊大学 4号館ホール)

12.12(木)14:00 CLUB SEVEN 9th stage!(シアタークリエ)
12.16(月)19:00 ザ少年倶楽部公開収録(NHKホール)
12.22(日)17:00 JOHNNY'S 2020 WORLD(帝国劇場)
12.23(月・祝)12:00 JOHNNY'S 2020 WORLD(帝国劇場)
12.27(金)19:00 SUPER ハンサム LIVE 2013(舞浜アンフィシアター)
12.28(土)14:00 日付のないカレンダー(中野ザ・ポケット)
12.31(火)17:30 KinKi Kids Concert 2013-2014(東京ドーム)
12.31(火)23:00 Johnnys' Countdown 2013-2014(東京ドーム)


2013年も素晴らしい舞台やお芝居をたくさん観に行くことができました。
そして初めて遠征をすることができました。その初遠征がSHOCKだったのはとても嬉しいことです。
ジャニーズ銀座やプレゾンでは席にめぐまれたくさんの人とハイタッチできました。
またタンブリングではキャストのお見送りがあり、ハイタッチや言葉を交わすことができました。トニトニでもハンサムライブでも近くに感じられる機会にめぐまれました。
もちろん舞台などの内容もとても楽しめたのですがこういうサプライズもまたいい思い出になりました。








































2014/1/8  21:33

カウコン  ジャニーズ関係

Johnnys' Countdown 2013-2014
2013.12.31(火)開演23:00
東京ドーム

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

24ゲートスタンド 3塁側47通路37列485番

12/31 KinKiコンのあと、食事をして、再び東京ドームへ。
今回は1階スタンド後方でしたがほぼ見渡せてKinKiの時のアリーナ席よりいいかもって思いました。
でも、持っていったうちわは役にたちませんでした。Jr.の岸孝良くんのうちわ持っていったんですが、彼の立ち位置はちょうど私の席の反対側の1塁側花道の一番はじだったんです。3塁側だったらよく見えたのになあ。
でも、出てくれてただけで満足。
TV放送前はJr.がでなかったので、もしかして今回Jr.なし?なんてびびっちゃいました。
ちゃんとでてくれてよかった。センステで踊ってた時はTVにもうつってたしね。
今回のカウコンはV6もTOKIOもいなくてKinKiがちょっとかわいそうだったかな。若返ったけどね。KinKiは司会だったけど、出番は少なかった気がするし。まあおかげで心おきなく岸くんを見てられたからよかったけど。ほんとに楽しそうに踊っていました。印象に残ったのは最後にはけるときいったんステージの方にむきなおして一礼してから降りて行ったこと。岸くんらしいなあって思いました。
あと風磨くんがやけに力がはいっていて面白かったです。
それから一番のびっくりはジャニースWEST4のデビュー決定の発表でした。関西Jr.はデビュー予備軍がいっぱいいるのに4人っていうのがね。まだまだあとに続きそうですね。
香取くんが登場したのも驚きました。ムービングステージはじめてだとか。そういえばスマコンではないなあって思いました。
そんなビッグサプライズよりも一番もりあがったのは舞祭組の棚からぼたもちでした。さすがです!!そのあとのA.B.C-Zはマイクの調子がいまいちでしたがTVではちゃんと聞こえててよかったです。なんかその時とっても残念だったの。
KAT-TUNは大阪からの中継があり、セクゾンはVTRもあったのに、V6、TOKIO、嵐、∞はVTRなかったですね。
18歳未満のJr.の見学席もとってももりあがってました。トロッコがきたときとかも手を振ってましたね。そういえば剛くんも見学Jr.に手を振っていました。
私の周りの席はキスマイファンとかが多かった気がしましたがKinKiのペンラを持ってる人もちらほら。あとNEWSファンは恋祭りでタオルまわしして盛り上がってましたね。
もうひにちがたってしまったので記憶が薄れてきてますが、ほんと楽しかったです。
あっという間でした。もう少し長くやってほしかったなあ。
セトリ見ると曲目数すごいんですけど、メドレーですしね。
今回は実家の母が家にきてたんですが夫と二人に留守番させちゃって心苦しかったんですがわがまま言って行かせてもらってよかったです。



セットリスト(ネットより)

テレビOA前
01.Luv Sick/Kis-My-Ft2
02.FIRE BEAT/Kis-My-Ft2
03.SNOW DOMEの約束/Kis-My-Ft2
04.Daybreaker/Kis-My-Ft2&A.B.C-Z
05.Vanilla/A.B.C-Z
06.Crazy Accel/A.B.C-Z
07.ずっとLOVE/A.B.C-Z
08.Walking on Clouds/A.B.C-Z
09.Dreams come true/Hey!Say!JUMP
10.Magic Power/Hey!Say!JUMP
11.ride with me/Hey!Say!JUMP
12.BAD BOYS/Sexy Zone(中島健人・菊池風磨のみ)
13.WORLD QUEST/NEWS
14.恋祭り/NEWS
15.SEVEN COLORS/NEWS
KinKi Kids登場(CM5秒&10秒スポット)

テレビOA中
16.硝子の少年/KinKi Kids(Kis-My-Ft2以外全員)
17.ガラスの十代/光GENJI(Kis-My-Ft2)
18.仮面舞踏会/少年隊(翼、屋良、優馬)
19.MUSIC FOR THE PEOPLE/V6(タッキー、A.B.C-Z)
20.LOVE YOU ONLY/TOKIO(八乙女、伊野尾、岡本、裕翔、玉森)
21.A・RA・SHI/嵐(山田、知念、内、橋本、河合)
22.男の子女の子/郷ひろみ(小山、手越、藪、有岡、高木)
23.ハッとして!Good/田原俊彦(増田、加藤、藤ヶ谷、北山)
24.太陽のあいつ/ジャニーズ(塚田、五関、戸塚、健人、菊池)
25.抱いてセニョリータ/山下智久(山下、タッキー)
26.Everybody Go/Kis-My-Ft2
27.Ultra Music Power/Hey!Say!JUMP
28.Za ABC 〜5stars〜/A.B.C-Z
29.スシ食いねぇ!/シブがき隊(優馬、桐山、中間、重岡)
30.お祭り忍者/忍者(舞祭組)
31.ブルドッグ/フォーリーブス(内、屋良、戸塚、健人)
32.DAYBREAK/男闘呼組(翼、桐山、中間、重岡、岡本)
33.Real Face/KAT-TUN(手越、増田、橋本、河合、藤ヶ谷)
34.ズッコケ男道/関ジャニ∞(塚田、桐山、中間、重岡)
35.Sexy Summerに雪が降る/SexyZone(健人、菊池)
36.勇気100%/NYC(優馬、健人、菊池)
37.希望〜Yell〜/NEWS
38.夢物語/タッキー&翼
39.SHAKE/SMAP(全員)
カウントダウン
40.ギンギラギンにさりげなく/近藤真彦(全員)
41.AMBITIOUS JAPAN/TOKIO(NEWS、翼)
42.愛なんだ/V6(内、屋良、優馬、タッキー)
43.好きやねん、大阪。/関ジャニ∞(滝翼、NEWS、内、屋良、優馬)
44.Love so sweet/嵐(JUMP、健人、菊池)
45.Monster/嵐(Kis-My-Ft2、A.B.C-Z)
46.SHE!HER!HER!/Kis-My-Ft2(Kis-My-Ft2、健人、菊池)
47.SUPER DELICATE/Hey!Say!JUMP(Hey!Say!7)
48.weeeek/NEWS(小山、増田、Hey!Say!BEST)
49.SAMURAI/タッキー&翼(翼、中間、桐山、重岡、五関、戸塚、河合)
50.ファンタスティポ/トラジ・ハイジ(手越、加藤、舞祭組、塚田、橋本)
51.青春アミーゴ/修二と彰(山下、藤ヶ谷、北山、玉森)
52.愛・革命/滝沢秀明(タッキー、優馬、屋良、内、A.B.C-Z)
53.キ・ス・ウ・マ・イ〜KISS YOUR MIND〜/Kis-My-Ft2
54.Come On A My House/Hey!Say!JUMP
55.チャンカパーナ/NEWS
56.GIMME LUV/KAT-TUN【大阪ドーム】
57.Venus/タッキー&翼
58.サヨナラにさよなら/テゴマス
59.愛、テキサス/山下智久
60.Missing Piece/中山優馬(ダンス:屋良)
61.棚からぼたもち/舞祭組
62.Never My Love/A.B.C-Z
63.Sexy Zone/Sexy Zone 【VTR】
64.ええじゃないか/関西ジャニーズJr.(ジャニースWEST4)
65.Dear Woman/SMAP(Kis-My-Ft2)
66.世界に一つだけの花/SMAP(Kis-My-Ft2、Hey!Say!JUMP)
67.SUMMER NUDE '13/山下智久(山下、ふぉ〜ゆ〜)
68.カナシミブルー/KinKi Kids(滝翼、NEWS)
69.まだ涙にならない悲しみを/KinKi Kids 70.フラワー/KinKi Kids(全員)
71.ミッドナイト・シャッフル/近藤真彦(全員)
各グループ挨拶

テレビOA終了後
各グループ紹介、挨拶

2014/1/4  22:52

KinKi Kids コンサート  ジャニーズ関係

KinKi Kids Concert 2013-2014

2013.12.31(火) 17:30開演
東京ドーム

11ゲートアリーナ A2ブロック 164番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

31日 Kinkiのコンサートに娘と行って来ました。毎年30日に入ってたんですが今回は31日1日しかないので家族にはちょっと迷惑かけちゃったけど行かせてもらいました。
年越しそばの用意をしてから家をでて、娘とはドームで待ち合わせ。
今回はアリーナのAブロでしたが、センステがメインの360度ステージだったので後ろ姿を見ることが多かったかな。ステージはスタンドに比べたら近いのですが、センステだと全身見えない高さでした。ステージが上がってくれたときは見えるんですけどね。なので、ステージ上のモニターを見上げるように見ていることが多かったです。
それでもトロッコが通る通路から2列目だったので、剛くん、光ちゃんと1回づつはほんと近くで見られました。しかも光ちゃん、いつも目線があわないのですが今回はばっちり目が合った錯覚におちいりました。(まあ実際あってはいないんでしょうけどね)

セットリスト
1.inst(「Glorious Days 〜ただ道を探してる」)
2.Cool beauty
3.3-2-1
4.99%LIBERTY
5.硝子の少年
6.まだ涙にならない悲しみが
7.WELCOME
8.生命のキセキ
9.ウタカタ
10.Morning Glory
11.スピード
12.全部だきしめて
〜MC〜
※ラッシュの映像
13.Glorious Days〜ただ道を探している〜
14.むくのはね
15.恋は匂へと散りぬるを
16.i love you
17.Tomorrow Again
18.もう君以外愛せない
19.ビロードの闇
20.Destination
21.Secret Code
22.愛のかたまり
23.Candle night
〜アンコール〜
24.スワンソング
25.やめないで,PURE
26.雨のMELODY
27.to Heart
28.永遠のBloods
29.フラワー


MCは本人いわく45分くらいやってた模様。乾燥するって言って飲み物飲んで歌うかな?と思うとまた話しはじめるというくりかえし。
ラッシュの話と映像も流れました。剛くんの声はそのままって感じ。光ちゃんはちょっと違うかな? 映画すごく楽しみになりました。
Candle nightはペンライトを使う演出。ふぉ〜ゆ〜とかダンサーさんもペンライトを持っていて、それにあわせて、客席みんな色を変えてほんと綺麗でした。赤と青とオレンジ
最近、どのコンサートでもペンライト演出が多いので買っちゃいますね。

クリックすると元のサイズで表示します

終演後はマイミクさんが予約してくれてあったBubba Gump Shrimpで食事
クリックすると元のサイズで表示します
この日初対面でしたが、このKinKiコンもカウコンもお互いの席がかなり近くて、やっぱりなにかご縁があったんだなあって思いました。

2014/1/4  22:13

日付のないカレンダー観劇  

12月28日に「日付のないカレンダー」を観に行って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

トライフルエンターテインメントプロデュース
日付のないカレンダー


2013年12月28日(土)
14:00開演 中野ザ・ポケット

C列1番

脚本・演出:西永貴文
出演:戸谷公人・山本匠馬・唐橋充・西ノ園達大・粟島瑞丸
あらすじ
ある部屋で食事をしている5人の男。彼らは何故ここで過ごしているのかを覚えていない。その光景は毎日続き、いつも、何事も無く、1日を終える。何も気付かなければ、そんな毎日もずっと成立していたのに…。1人の男がこの光景に疑問を抱いた時、平穏は音を立てて崩れて行く。彼らはなぜここにいるのか?ここはどこなのか?閉ざされた空間を舞台に繰り広げられる、密室サスペンス劇!!
(フライヤーより)



中野ザ・ポケットは2度目ですがほんと小さい劇場です。しかも今回は3列目。臨場感半端ないです。
このお芝居、エンディングが4パターンあって、私が観たのはDでした。他のエンディングが気になるところです。どこからどうちがうのでしょうか?
この時は、この5人は同じアパートの住人で、戦争かなにかでシェルターに避難し、そこでの生活により精神的につらくなり、科学者である1人が開発した過去を忘れてしまうという薬を飲ませることにしたという。毎日起きてはご飯を食べ薬を飲んで寝る。翌日にはそれを忘れていてそのくりかえし。で、その不自然さに気付き、真実がわかる。そして1年たった今、外にでてみる決断をし、でたら周りはなにもなくなっていたが復興に向けて人々が頑張っていたとうような結末でした。
日々繰り返されるシーンもあきることなく観られる演出。そして引き込まれずにはいられないストーリー。意見の対立による殴り合いのシーンの迫力感。
とてもおもしろい作品でした。
そしてやっぱり戸谷くんの素敵なこと!唐橋さんも魅力的でした。
実は29日千秋楽のチケットも持っていたのですが、家の事情で行けず、譲り先も決まらず空席にしてしまいました。もったいなかったなあ。まあ年末の忙しい時期だったしね。
戸谷くんが好きなので彼のでる舞台は日程のあう限り1回は観ることにしてますが、はずれはありません。いつも楽しめます。おすすめです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ