2014/9/29  22:04

映画 るろうに剣心  

今日はるろうに剣心を観てきました。

るろうに剣心 伝説の最期編

佐藤健 武井咲 青木崇高 
蒼井優 大八木凱斗 伊勢谷友介
土屋太鳳 田中泯 小澤征悦 江口洋介 
福山雅治 福崎那由他 神木隆之介 滝藤賢一
丸山智己 高橋メアリージュン 藤原竜也 

原作:和月信宏「るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー」
監督:大友啓史
脚本:藤井清美 大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Heartache」


前回の京都大火編にましての大迫力でした。殺陣などのアクションシーンがかなり多いです。ほとんどといっていいほど。スピード感半端なく、目がおいつかないほどです。
剣心と蒼紫のたたかい、宗次郎とのたたかい、激しい闘いのあとの剣心のセリフが心にしみます。声のテンションがそれまでの闘いのテンションとの違いにぐっときます。
そして志々雄の最期。駒形由美とのシーンが好きです。
それから斎藤一かっこいい。
処刑シーンで過去の罪状を聞き、回想するところの剣心の表情がとてもせつなくなりました。
表情といえばラストの神谷道場での横顔の美しいこと。それが新しい平和な未来を充分語っていました。
まだ興奮さめやらずという感じで感想がうまくまとまりません。観た人と語りあいたいなあ。息子帰ってこないかなあって思ったりして。(息子も原作ファンなので)

2014/9/29  21:16

KAT-TUNコンサート  ジャニーズ関係

27日KAT-TUNのコンサートに娘と行ってきました。

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here

2014.9.27(土) 17:00開演
国立代々木競技場第一体育館


スタンド南ブロック1階13列6番

セットリスト(netより)
01.Come here
02.Real Face
03.BIRTH
04.BOUNCE GIRL
05.FANTASTIC PLANET
06.DANGEROUS
07.HIDE and SEEK
08.優しい雨
09.ART OF LIFE
10.不滅のスクラム
11.クレセント
12.フェイク
13.EXPOSE
14.楔-kusabi-
15.STAR
16.Birds
17.BLACK
18.BREAK UR CAGE
19.SIGNAL
20.Love yourself〜君が嫌いな君が好き〜
21.FACE to Face
22.WHENEVER I KISS YOU
23.Emerald
24.TRIANGLE
25.In Fact
26.SUMMER EMOTION
27.Believe In Myself
28.MY EVERY TIME
(アンコール)
29.SUNRISE
30.Peacefuldays


今回の席はスタンドでしたがメインステージに近く、ちょうど前がアリーナの最前列くらいのところでした。センターステージもバックステージもなく、トロッコ移動以外はメインステージでしたので、とてもよく見えて恵まれた席でした。
照明と映像に凝った演出という印象を受けました。
トロッコはアリーナは3回、スタンドは2回だったかな。2回目のトロッコでは水鉄砲で客席に水をかけまくり。私も中丸くんにかけられました。上田くんもきたんですが、ちょうど水切れのところだったので交換していてかけられませんでした。結構濡れるのでやだーと言いつつも濡れないとちょっと残念だったりして。
スタンドトロッコは2階前列は触れる近さですが、私の場所ははじでちょうど2階席がない場所たったので絶対下を見てくれるというラッキーな席でした。1階の後ろの方だったし、田口くんも亀ちゃんも近くで見られました。
セトリはアルバム中心で、ダンサブルな感じ。あ、ダンサーさんは外部で、10数人全員男性。
最後に一人ずつ名前を呼んで紹介してました。上田くんのソロのところでは殴られる演出とかあったりしました。上田くんね、怖かった。でも狂気じみた表情がとってもよかった。BARのセットでの演出はミュージカル風にも見え面白かったです。ショーを見てる感じでした。中丸くんのソロコーナーではお客さんも参加したりと趣向をこらしていました。亀ちゃんはとってもセクシーで見とれちゃうし、田口くんのダンスも素敵。笑顔にもとっても癒されました。
席がよかったせいもあるんだろうけど、ほとんど双眼鏡を使わなかったので、一緒に踊ったって感じでほんと楽しかったです。全体的にアーチスト感がでてきたなあって思いました。
MCはドラマや映画の話とか。下ネタもありました。レポみると毎回下ネタあるそうで。それだけ大人になったのねって感じです。
しっとりとした大人の雰囲気であったり色気であったり無邪気にはしゃぐ顔だったり、アイドルスマイルだったり、若さあふれる攻撃的なところもあったりとたくさんの顔をみせてくれました。男子から見ても素直にかっこいいって思えるんじゃないかな。
最後は恒例。みんなで手をつなぎwe are KAT-TUN ほんとに楽しいライブでした。


クリックすると元のサイズで表示します

2014/9/23  22:34

読書記録  

小森谷くんが決めたこと
中村航/著 
小学館  2014年8月


クリックすると元のサイズで表示します

初恋相手が先生だった幼稚園時代。愉快だった小学生時代。暗黒面に落ちた中学生時代。悪友とのおバカな高校時代。美容師の女性と初めてきちんとした交際をした大学時代を経て、紆余曲折の後、憧れの映画配給会社に就職が決まる。しかし、そこで、彼に思わぬ出来事が出来してしまう−−。作者が出会った、小森谷真というごく普通の男性の三十年近くに及ぶ半生の物語。(e-honのHPより抜粋)


面白かったです。普通の男の子の成長していく様はほほえましく、男の子ってこんなこと考えて大人になっていくのねって改めてわかりました。そして終盤の病気発覚からの闘病を通してまたひとまわり成長した姿にほんとよかったなあって思いました。

2014/9/21  22:13

台風n Dreamer 観劇  ジャニーズ関係

昨日、娘とジャニーズWESTの舞台を観てきました。

台風n Dreamer

ジャニーズWEST 主演
ジャニー喜多川 企画・構成・演出

2014.9.20(土)18:00開演
日生劇場

2階I列31番

キャスト
ジャニーズWEST 6名 (重岡くん他のお仕事のためでてません)
向井、室
原、目黒、シャルフ、田中誠治、影山、千田、福本、谷村、根岸、高橋実靖

無人島で1週間で宝探しをし、見つけたら賞金をゲットできるという番組に参加する5人とそのプロデューサー、スタッフの話。

セトリ(ネットで検索)
お芝居の中で
1. For now and forever
2. 星を探そう (桐山ソロ)
3. P&P
4. Break Out!  (桐山&小瀧)
5. Be cool  (神山ソロ)
6. 約束の歌  (桐山&小瀧)
7. For now and forever 
ショータイム
1. Summer Dreamer 
2. ええじゃないか  
3. 粉もん
4.Jr.コーナー
蒼い季節 
流星 
春雷 
蒼い季節
5. Criminal
6.オンリーロンリー 
7. バンバンッ!!
8. Ole Ole Carnival!



当初観る予定はなかったものですが、公演がはじまってから娘の好きな田中誠治くんがでてるというのを知り、なんとかチケットを探して観に行くことができました。
席は2階席の後ろから2列目でしたが真ん中で見やすかったです。
ショータイム含めて約2時間。休憩なし。ショータイムは着席のままですがうちわ、ペンライトOKでした。
ストーリーは兄弟愛、友情などをおりこんだものですが、それほど深い話でもなく、笑いをまじえながらのミュージカル仕立て。
台本なのかアドリブ(日替わりネタ)なのか、たくさん笑わせてもらいました。
コミカルな演技はさすが関西だけあって面白いです。安定感あります。歌もメンバーみんな上手だなあって思いました。
東京のJr.もお芝居に参加していてところどころおかしなセリフがあり楽しかったです。
そしてショータイムはほんと楽しい。楽しく盛り上がる楽曲が多いせいもありますが、バックJr.の楽しそうにダンスする姿を見てるだけでこちらも笑顔になります。
娘の担当の誠治くんも始終笑顔でかわいくてかわいくて。
いつもポーカーフェイスの実靖くんでさえ、時折口元がゆるんでいてなんか貴重なものを見たって感じでした。あと、谷村くんのダンスがほんと元気で、頑張ってます感がでていて好感もてました。他のJr.もみんなかっこよかったです。
楽しい舞台でした。

2014/9/17  16:30

A.B.C-Zコンサート  ジャニーズ関係

9/14と9/15 A.B.C-Zのコンサートに行ってきました。

Summer Concert 2014 A.B.C-Z☆“Legend”

国立代々木競技場第一体育館



2014.9.14(日)17:00開演    スタンド南Eブロック2階5列12番
2014.9.15(月・祝)13:00開演  アリーナB1ブロック25番
2014.9.15(月・祝)17:00開演  スタンド北Kブロック2階13列1番

セットリスト

ブランコ
01.Za ABC〜5stars〜
02.5Rings
03.Finally Over
04.Naked
05.Higher! Fly!
06.A.B.C-Z LOVE
07.恋(橋本良亮、マリウス、ジェシー)14日
もう君以外愛せない(橋本良亮、マリウス、ジェシー)15日
08.Red Sun(河合郁人)
河合ドラム戸塚ギターセッション
09.ときめきイマジネーション(戸塚祥太)
10.Walking on Clouds
11.Twinkle Twinkle A.B.C-Z
12.Never My Love
13.ハッピー!ハッピー!
だるま落とし
14.Attraction!
MC
Jr.ダブルダッチ
15.限界メーター
16.ソロダンス(五関晃一)
17.space beat
18.僕らのこたえ〜Here We Go〜
19.DANCE!(橋本良亮)
20.気にせずGO MY WAY(塚田僚一)
21.InaZuma★Venus
22.A to Z
23.孤独のRUNAWAY
24.Freedom〜溢れ出す想い〜
A.B.C-Zゴーランド
25.ずっとLOVE
26.LegendStory
アンコール
27.Vanilla
28.A.B.C-Z LOVE
Wアンコール
29.Za ABC〜5stars〜(15日夜のみ)


今回のA.B.C-Zのコンサートはバックに岸孝良くんがついていたので、頑張って3公演見に行きました。バックだと席によって全然見えなかったりするじゃないですか。
案の上、15日夜はほんとにサイドだったので、バンドの定位置が全く見えない席でした。A.B.C-Zのオープニングのブランコも5starも見えませんでした。メインステージの前の部分を真横から見る感じでそれより後ろはセットで見えないんです。そのかわりメインステの見える部分は結構近くなのでよく見えました。特にとっつーソロとかバンド組が前にでてたときとかね。
15日昼は、ラッキーなアリーナ席。しかも外周脇の2席。外周脇の席は娘にして2人で孝良くんのうちわを持ってアピール。ただ、孝良くんが外周を通るのはたった1曲のみ。結局私たちの横を通った時は反対のスタンド側を見ていてこちらを見てもらえなかったという悲しい結果になったのですが、まあ後ろ姿でも目の前を通るということだけでも嬉しいww
14日は2階席でしたがとても見やすい席でずっと見てられてよかったです。
バックの孝良くんを見たいのが1番ですが、A.B.C-Zも好き。だからやっぱり3公演はいれて良かったと思います。A.B.C-Zもちゃんと見たいですからね。まあ多分見逃してるところ結構あると思うんですけどね。

まず孝良くんについての感想。最初は下手の少し高いところで踊ってました。隣は笑顔いっぱいの小林瑞生くん。途中から諸星くんが隣に。
楽器演奏があるときはベースの孝良くんは上手の少し高いところ。なんか演奏する姿がセクゾンのコンサートの頃に比べると格段にさまになってる。手がすごく綺麗でドキドキ。そして歌を一緒に口ずさんでるし。リズムの取り方も素敵と目をハートにして見つめてしまいました。
とっつーのソロではステージの前にバンドメンバーもでてきてダンスしながらの演奏。京本くんとアイコンタクトしてたり、とっても楽しそうでした。
今回は楽器だけでなくダンスでも参加していて、はっしーのDANCE!とかもすごくかっこいいのです。はっしーの後に続き花道を進んでいく様にひゃあって。でもなんといっても一番おどろいたのは限界メーター。ここでソロダンスがあったのです。ソロダンスは孝良くん、瑞生くん、萩ちゃんの3人で、孝良くんが1番最初でした。全く知らない状態で見たので、え?!今一人で踊ったよね?って。で、翌日はもうその前からドキドキ。
あと、塚ちゃんのソロ、例の塚リカ(女装の)ですが、塚ちゃんのかわいさに目をひかれつつもバックの孝良くんにキュンキュン。王子様みたい。かわいくてかっこいい!
Attraction!は外周をまわりお手振り。14日はちょうど私のいた席のあたりを通った時つるって小さくこけたのでびっくり。転ばなくてよかった。15日夜は2階席の一番後ろだったので双眼鏡で見てたのでけど、自分のうちわにしっかり手をふったり両手投げキッスみたいなのしてたり。以前コンタクトつくろうかなあって言ってたけどどうしたのかなあ。入れてるのかな?見えてるのかなあ?
それから組体操みたいなのをしたのは何の曲だったかな?五関さんのダンスのあとだったからspace beatだったかな?なんかキスマイコンをちょっと思い出してしまいました。
そうそう、15日ではじめて気づいたのが、とっつーソロの時、なんで黒のベストの下の白シャツが右が袖がなくて左が半袖なのかってこと。そういうデザインなのか片方があがっちゃってたのか?その後の曲ではノースリだと思ってた右が少し袖が見えてたんだけど、左ほどじゃないのね。
結局わからずじまい。
そんなこんなに孝良くんを堪能したわけだけどA.B.C-Zの感想も。
まず一言でいうと、楽しい。
なんかA.B.C-Zっていい人って印象を与えるコンサートでした。雰囲気があたたかい。
大ブランコ、5star、5Rings、そして新しいA.B.C-Zゴーランドとあいかわらずのサーカス団ばりのパフォーマンスはただただ凄い。A.B.C-Zゴーランドは回転するポールダンス風パフォーマンス。これはアリーナ席のはじからだと全体がよく見えず地味な感じもしたのだけど2階席からみたらすごかったです。そしてメンバー全員がそろっていて姿勢がとても綺麗。
ペンライトを使った演出も一緒に参加してる感じがしてよかったです。珍しい形のペンライトでしたが使い勝手はよかったです。
また、見学にきてる人たちを紹介してくれたり(モニターにもうつりました)ステージ上とトークしたり、アンコールのお手振り曲では一緒にまわらせてくれたりしました。
ちなみに14日見学は宮近、岩橋、神宮寺、顕嵐、岸優太、安井
15日昼は、スノーマン、平野、永瀬、高橋海人、森継、半澤、増田、アンダーソン、寺西
15日夜は、藤ヶ谷、北山、横尾、二階堂、菊池、勝利、、松島、林、江田、のえる、美勇人、七五三掛、中村海人、長妻、仲田、閑也、梶山、深澤、渡辺、半澤他2人、それから京本パパ
(ぬけてるかもしれませんが)
MCは14日は塚ちゃんの舞台の舞台裏の映像を見せてくれました。15日昼は公開記者会見。このときの記念写真で、Jr.のうちわも持ってね。昔、タッキーとかのコンサートで後ろに郁人とかうちわあったりしたのうれしかったし。なんて言ってくれて、Jr.やJr.坦に優しいなあって感心しました。
15日夜のMCでははっしーが虫よけウォッチをみせるくだりで妖怪ウォッチのようかい体操を振り付きでかるく歌ったりしました。
それぞれのソロコーナーははっしーは2回。ただし1曲はゲストのマリウスとジェシーと3人で。14日ははっしーが作った歌でしたが15日はKinKiの曲に。KinKiファンの私は嬉しかったけど、はっしーの自作曲でもよかったんじゃないかなあ。DANCE!は文句なしのかっこよさでした。
河合くんのソロはなんか聞いたことあると思ったらKAT-TUNの曲でした。ビジュアルも歌もかっこよかったです。河合くんちょっとジュリーっぽいww
とっつーのソロはギターをひきながら、楽しい曲でしたが、ここはごめんなさい、孝良くんしか見てなかったです。
五関さんソロは歌なしのダンスオンリー。照明や後藤くんのバイオリンを効果的に使って魅せてくれました。
塚ちゃんのソロは塚ちゃん自作の曲で、女装してアイドルチックに歌います。すっごくかわいんだけど面白い。そしてこのまま連続バク転。15日夜は25回でした。本人は27歳なので27回が目標だったそうなんですが、記録更新しました。
塚ちゃんはだるま落としも頑張ってました。塚ちゃんが上にのって、河合くんが抜く役目。14日と15日昼は成功でしたが夜は失敗。これ次回リベンジするそうです。はっしーも挑戦したけど失敗したし、難しいんでしょうね。
代々木体育館なので、トロッコは1階スタンドの後ろでちょうど2階席の高さにきます。2階席前列の人はハイタッチとかしてましたが、後列も結構近くで見え、2階席にも楽しみがありました。
それからA.B.C-Z LOVEはメンバーの紹介曲なんですが、それぞれコールのあとに一言セリフがあって、その時によって違ったりしたようです。メモしといたら面白かったかな。まあネットで検索したらでてくるかな。
バックのJr.の紹介も2回ありスクリーンに名前もでるし、今日はA.B.C-Zを見に来てくれてありがとう。Jr.を見に来てくれてありがとうという言葉がうれしかったです。
ほんとに楽しい2日間でした。




追記
両日とも近くに孝良くんのうちわを持ってる子がいました。
それから、娘は松田元太くんのファンサにメロメロになってしまいました。れいあくんにもしっかりもらってました。あと、颯くんの立ち位置が近くてTVでみるよりずっとかっこよかったです。
あと、田島くん、萩ちゃんがかっこよかったなあ。それからヴァサイェガくんの美しさにびっくり。
そうそう、Jr.のガムシャラ羅チームのダブルダッチを生で見られてよかったです。

2014/9/9  20:21

本の読み聞かせ  

今日の本の読み聞かせは2年生
3人で行ってきました。

1冊目
しゃっくりがいこつ                           
マージェリー・カイラー/作  S.D.シンドラー/絵  黒宮純子/訳
セーラー出版 2004年10月

クリックすると元のサイズで表示します
2006年 第11回 日本絵本賞 読者賞(山田養蜂場賞)受賞
がいこつのしゃっくりはほねがきしんではががちがちいっておなかがよじれてもうたいへん。ヒック、ヒック、ヒック。どうしたらがいこつのしゃっくりはとめられるでしょうか。


2冊目
とてもおおきなサンマのひらき                    
岡田よしたか/作
ブロンズ新社 2013年11月

クリックすると元のサイズで表示します
またやさんは、かいものが大好き。今日もいちばに出かけます。そこには、とてもおおきなサンマのひらきが売られていました。「ええなあ、これ。」と買って帰り、焼いて食べようとしたそのとき、サンマがとつぜんあばれ出しました。みんな吹きとばされて大さわぎ! つぎのひ、また、またやさんはいちばで、とてもおおきなスルメをみつけて......

3冊目
どんなかんじかなあ                     
中山千夏/作  和田誠/絵  
自由国民社 2005年7月

クリックすると元のサイズで表示します
めがみえない、みみがきこえない、おともだちがいる。両親を亡くしたおともだちもいる。ひろくんは考える…みえない、きこえないって「どんなかんじ」なんだろう…と。お話のラストに明らかになりますが、ひろくんも、ある事情を抱えています。

1冊目はガイコツがハロインの準備をしたり落ち葉の掃除をしたりする場面もありこの季節にぴったり。こどもたちもとても楽しそうに聞いていました。
私は2冊目を読みました。これまた秋にぴったりのお話。関西弁だったので楽しいのですが発音があってなかったかもしれません。お話が面白いので多少読み方が下手でも大丈夫。うけていました。
3冊目は少し真面目な話。あとで担任の先生とお話したのですが、2年生なのでわかる子とわからない子がいたと思うけれど、なにか感じ取ってくれたと思うと言ってもらえました。
とても元気な子どもたちでこちらも元気になりました。

2014/9/7  17:36

SMAP コンサート  ジャニーズ関係

昨日、娘とSMAPのコンサートに行ってきました。

Mr.S“saikou de saikou no CONCERT TOUR”

2014.9.6(土) 17:00開演
東京ドーム

25ゲートアリーナ D6ブロック 155番


セットリスト
01.Theme of Mr.S (colorful ver.)
02.Mr.S
03.シャレオツ
04.やりたい放題
05.無我夢中のLIFE
06.TRIANGLE……会場選曲
07.さかさまの空
08.KANSHAして
09.ココカラ
10.夜空ノムコウ
11.ありがとう……ゲスト(ザキヤマ)選曲
12.BANG! BANG! バカンス!
13.Amazing Discovery
14.DaDaDaDa
15.SKINAIRO (香取慎吾)
16.Battery
17.ダイナマイト
18.$10
19.Mistake!
20.The Future
21.CRAZY FIVE
22.Yes we are
23.One Chance! (木村拓哉)
24.よわいとこ
25.好きよ
26.オレンジ
27.ハロー
28.世界に一つだけの花
29.Dramatic Starlight(稲垣吾郎)
30.掌の世界
31.アマノジャク
32.青いイナズマ
33.Top Of The World
アンコール
34.藍色のGANG(草塙

2014/9/4  20:05

読書記録  

胡蝶殺し
近藤史恵/著
小学館 2014年6月

クリックすると元のサイズで表示します

歌舞伎の子役を主人公にしたミステリー 市川萩太郎は、蘇芳屋を率いる歌舞伎役者。花田屋の中村竜胆の急逝に伴い、その息子、秋司の後見人になる。同学年の自分の息子・俊介よりも秋司に才能を感じた萩太郎は、ふたりの初共演「重の井子別れ」で、三吉役を秋司に、台詞の少ない調姫(しらべひめ)役を俊介にやらせることにする。しかし、初日前日に秋司のおたふく風邪が発覚。急遽、三吉は俊介にやらせる。そこから、秋司とその母親由香利との関係がこじれていく。さらに、秋司を突然の難聴が襲う。ふたりの夢である「春鏡鏡獅子」の「胡蝶」を、ふたりは舞うことが出来るのか…?(e-honのHPより抜粋)


ミステリーと紹介されていてしかもタイトルには殺しというワード。あまり気分のよいストーリーではないのかと思ったのですが興味のある歌舞伎が舞台というので読むことにしました。
ミステリー感はあまりなく、親子の愛情物語という感じでしたが、臨場感あふれ先が気になり一気に読んでしまいました。実際に殺人事件など物騒な事件がおこることもなくとてもよい結末でした。そして歌舞伎が観たくなりました。ぜひ鏡獅子の胡蝶を。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ