2014/12/24  16:35

嵐コンサート  ジャニーズ関係

12月22日 嵐のコンサートに行ってきました。

ARASHI LIVE TOUR 2014
THE DIGITALIAN


2014.12.22(月) 18:00開演
東京ドーム

22ゲート 1塁側23通路15列66番

セットリスト(ネットより)
1.Asterisk
2.Take off!!!!!
3.Wonderful
4.Welcome to our party
5.Bittersweet
6.Disco Star
7.Hey Yeah!
8.One Step
9.Oh Yeah!
10.ハダシの未来
11.Love Wonderland
12.Wish
13.メリークリスマス
14.STAY GOLD
15.Imaging Crazy
16.Tell me why
17.TRAP
18.Trouble maker
19.Lucky Man
20.Hope in the darkness
21.Zero-G
アンコール
22.A・R・A・S・H・I
23.SUNRISE日本
24.君のために僕がいる
25.a day in our life
26.言葉よりも大切なもの
27.サクラ咲ケ
28.Love so sweet
29.Happiness
30.One Love
31.Monster
32.迷宮ラブソング
33.Calling
34.誰も知らない
35.GUTS!
36.キミの夢を見ていた




今回のコンサートグッズはペンライトとうちわの合体したようなファンライトというものがあって、演出で使われるといので事前に購入。購入後デジタリアンエリアというところでチケットの嵐ロゴの色別のブースにてデジ嵐くんにタッチしておくようになっていました。混雑をさけ事前に購入して設定しておいたのですが、当日もグッズ売り場もデジタリアンエリアも混んでいなかったようです。またこのファンライトは場内売り場では売ってなかったので、中のグッズ売り場もガラガラ。いつもこのくらいグッズ買うのにすいていたらいいのになあって思いました。
このファンライトは手動で色も変えられるのですが、コンサート中は無線で制御され席や曲によって色が変わります。無線を切って手動で参加するコーナーもありました。
普通のうちわより重いのと、これをペンライトのようにふりまわされると見えなくなるので胸の高さで持つのですが、最初前列の人が高くあげてちょっと迷惑でした。
とても綺麗でイルミネーションをみているようでしたが、これうちわの裏側が光るし、胸の前に持ってるのでアリーナ席が全くついてないようにみえたのが残念。多分、自分の席がスタンドのセンターだったからですよね。バクステで歌ってるときはアリーナ席の人が後ろをむくのできれいに見えたんですけどね。うちわ型でなくペンライト型でよかったのになあって思いましたが難しかったのかな?
他にデジタリアンということで、メンバー全員の心拍数がわかる機械をずっと胸につけていたり、筋肉の動きで音やライトの色を変えたりする機械をつけてやった曲もあったり興味深かったです。
また嵐はメインステージ、バクステ、ムービング、トロッコ、フロートをふんだんに使い移動が多い印象でした。どの席でも見えにくい場所があるので、ひとつのところにずっといないというのはほんとにうれしいですね。アンコールでの気球も天井席には近くに見えてよかったのでは。
アンコールは第2部という感じで、15年間のヒットメドレーという感じでした。
とても満足感が得られるコンサートだったと思います。
それからバックのJr.のダンスもかわいかったです。久しぶりに岸本くんをみた気がしました。
幸大くんはいつも通り笑顔全開で嬉しい気分になりました。あと林くんとか千田くんなどを主に双眼鏡で見たりしてました。
嵐の楽曲では相葉ちゃんのソロがとっても楽しかったしにののソロもよかったなあ。
あ、私は嵐では大野くんが一番好きなんですがダンスかっこよかったです。
なかなかチケットがとれないコンサートですがまた機会があったら(幸運に恵まれたら)行きたいです。

2014/12/20  22:47

イルミネーション  

季節がらTVや雑誌でイルミネーションスポットが特集されてますが、行きたいなあ、見てみたいなあと思いつつも、なかなかわざわざ見に行く機会がありません。

昨日は友人が嵐のコンサートグッズを買いに行くというので一緒に東京ドームに行ってきました。コンサートはこの日ではなく別の日に見るのですが、グッズを買う時間がとれるか心配なので事前に行くことにしたんです。
並ぶのを覚悟して行ったのに待ち時間0ですんなり買えたので、ご飯を食べてドームのイルミネーションを見てきました。毎年この季節にドームにいってるのですが、コンサートのみで遠目に見てるだけでしたが光のトンネルを通ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あまりきれいに撮れてなくて残念。

食事は「神戸元町ドリア」にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2014/12/20  22:26

読書記録  

図書館戦争
角川文庫 図書館戦争シリーズ 1
有川浩/著
2011年4月 角川書店


クリックすると元のサイズで表示します

[要旨]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。(e-honのHPより)


映画化された図書館戦争。実は読んだことなかったんですが、娘が有川さんにはまり図書館シリーズの文庫本を買って、私にもすすめてきたので読んでみました。前からいつかは読もうと思ってはいたのですが、図書館利用派なので人気本は予約待ちがすごいんです。
映画は見てないんですが主要キャストは知っていたので顔をおもいうかべながら読みました。堂上さんの岡田くんはまさにぴったりだと思いました。そのうちDVD借りてきて見てみたいと思いました。図書館を舞台としながらも戦闘シーンがありハードかと思いきや、きゅんとするような恋愛要素もたくさんありおもしろかったです。

2014/12/20  21:57

忘年会  

12月18日は職場の忘年会でした。
今年も例年通り会場はリストランテ・カステッロというイタリアンのレストランでした。

美味しい料理とクイズ大会などで楽しいひとときをすごしました。

前菜盛り合わせ
クリックすると元のサイズで表示します

鴨川産 地金目鯛のカルパッチョ
クリックすると元のサイズで表示します

フォッカチオとパン
クリックすると元のサイズで表示します

フォワグラと生ハムのパニーノ
クリックすると元のサイズで表示します

生海苔のリゾット
クリックすると元のサイズで表示します

ポルチーニ茸のパスタ?
クリックすると元のサイズで表示します

仔羊の燻製風味グリル
クリックすると元のサイズで表示します

ドルチェ
クリックすると元のサイズで表示します

他にシャンパンとラフランスジュースとコーヒーもいただきました。

2014/12/15  23:14

タキツバコンサート  ジャニーズ関係

Two Tops Treasure
Tackey&Tsubasa Tour 2014


2014.12.13(土) 18:00開演
横浜アリーナ

スタンド東ブロック6列5番

13日は娘とタキツバのコンサートに行ってきました。
翼くんが病気療養中のためタッキーだけで開催されるということで、行かない人は返金ということでしたが、会場に入って空席はほとんど見当たりませんでした。
私の席はスタンド上段だったので、隣の隣が2席あいてましたが、他に近くでは空席はなかったです。
今回の席はセンターステージの真横でしたのでゴンドラ? の時は目の前に見えました。またボックス席の正面でしたので、この日見学に来てたやまぴーと塚ちゃんもよく見えました。スタンドトロッコがなかったのはちょっと残念でした。

翼くんの音源を流し、ステージでは翼くんの立ち位置にスポットライトをあてたりとあくまでもタキツバのコンサートにているこだわった演出でした。
翼くんが座る椅子、翼くんが乗るトロッコやゴンドラ、クレーンがからのままうごいてるのを見ると涙が出そうになります。常に翼くんを感じることができるコンサートでしたがより一層悲しくなりました。かといってお通夜のようなコンサートではなく、あたたかく、楽しいコンサートでした。みんなで翼くんがかえってくるのを待ってるよって思いが伝わりました。
バックのメインJr.はスノーマン。ほとんど出ていました。また外周花道がなかったのですがJr.も結構たくさんでました。花道ではなく通路で踊ってたので通路脇の人はほんとに目の前だったんじゃないかな。さねやすくん、根岸くん、トランピーなどみつけました。

翌日の夜公演に友達がはいったんですが、終演後すぐメールをくれました。翼くんが最後にでてきて挨拶をしたそうです。
退院してると聞いていたのですがそれでも顔を見ると安心しますよね。TVカメラは13日にはいったので、翼くんの姿はワイドショーでは見られなかったのですが、Twitterで写真がでまわってました。無許可な写真かと思いますが元気そうな顔をみることができてよかったです。

セットリスト(ネットより)
1.Treasure Hunting
2.ギラメラ
3.ラブ・スパイラル
4.抱夏-ダキナツ-
5.We are the T&T
6.ココロウルオシテク
7.灼熱の律動
8.雨が虹に変われば
9.ビバビバモーレ
10.パピプペヤッポAlright!
11.queen of R
12.Number One!Only One!
13.山手線外回り
14.Wonderlan Dream
15.ねぇ
16.Heartful Voice
17.愛 Check it!
18.REAL DX
19.夢物語
20.Venus
21.Ho! サマー
22.愛はタカラモノ
23.Luv the Shangri-la
24.僕のそばには星がある
25.Journey Journey 〜ボクラノミライ〜
26.Hey Now!
27.コイゴコロHUNTER

2014/12/15  22:11

関ジャニ∞コンサート  ジャニーズ関係

関ジャニズム
LIVE TOUR 2014 >> 2015


2014.12.12(金)開演18:00
東京ドーム

11ゲートスタンド3塁側48通路11列538番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12日、職場の友人と∞のコンサートに行ってきました。前日に友人の同行予定者が病気になり行けなくなっちゃったので、急遽誘われたんです。
申し込むときも誘われたのだけど、12月はいろいろあるからってことわったんだけど、結局その日はあいていたのでお誘いにのって行ってきました。
そんなわけで、アルバム曲も聞いてなかったのですが、全然大丈夫。とても楽しかったです。

席は外野スタンドで、横からメインステージを見る感じでしたがまあドームにしてはよく見えた位置だと思います。外周トロッコの時はとてもよく見えましたが戻ってくるときは結構みんな降りちゃって(一人だけ乗ってる状態)せっかく近くに見えるチャンスだったのに残念。
大倉くんが金髪でかっこよかったのと、すばるくんの歌唱力が印象的でした。もうさすがうまい!!ってビジュアルはアイドルからかけはなれてるんだけどね。
あと丸山くんのファンサービスみてるとほんといい人だなあって思います。それから横山くんのトランペット頑張ってました。
楽しい曲も、かっこいいダンス曲も、バンド演奏もいろいろとバラエティーにとんでてほんとに楽しいコンサートでした。

セットリスト(ネットより)
1.おえかき
2.EJ☆コースター
3.無責任ヒーロー
4.がむしゃら行進曲
5.RAGE
6.FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN
7.三十路少年
8.アダムとイヴ
9.アイスクリーム
10.道
11.Masterpiece
12.フローズンマルガリータ
13.ふたつ手と手
14.CloveR
15.TWL
16.Cool Masic City
17.愛 Love You
18.Butterfly loved
19.愛以外のなんでもない
20.Fantstic Music
21.Revolver
22.アイライロ
23.ワンシャン・ロンピン
24.絆奏
25.象
26.キング オブ 男!
27.好きやねん、大阪
28.ワッハッハー
29.関風ファイティング
30.あおっぱな
31.へそ曲がり
32.ゆ
33.ドヤ顔人生
34.言ったじゃないか
35.LIFE〜目の前の向こうへ〜
アンコール
36.オモイダマ
37.無限大
38.ズッコケ男道

2014/12/11  20:29

来年のEndless SHOCK   ジャニーズ関係

12月8日 Endless SHOCKの制作発表が帝国劇場で行われました。
来年2月3日から3月31日まで公演することになりました。
それにあわせキャストも発表
堂本光一
屋良朝幸
福田悠太 越岡裕貴
野澤祐樹 岸優太 諸星翔希 岸孝良
ラフルアー宮澤エマ 石川直
前田美波里

8日午後、娘からSHOCKのポスター見た?ってLINEがはいりあわててTwitterで検索したら岸孝良くんが載ってるじゃないですか? また岸優太くんとまちがえられてる?なんて思ったりもしたけど、優太くんもいるしね、それはない。決定ってことで、もうほんとにびっくりしました。

岸孝良くん 私が応援しているJr.です。光ちゃんの次に好きな人です。
ジャニヲタ的にいうと光ちゃんが神坦、孝良くんが自担って感じです。以前みきーるさんのトークショーで私の自坦は光ちゃんと岸孝良くんって2人の名前を答えました。もちろん他にも横尾さんとか五関さんとか、ジャニーズでなければ佐藤健くんとか戸谷公人くんとかも好きですが、順番をつけるなら2番目に好きな人です。
まあそうはいっても、娘と同じ年、息子より年下なので母親目線で応援しているような感じですが。そんな孝良くんが光ちゃんと共演。しかもSHOCKです。
正直なところ大丈夫なの?って思いました。なんで選ばれたの?
孝良くんはピアノ、ギター、ドラム、ベースなど楽器もできるし、まあ多少の舞台経験もあるし、Jr.歴も長いし、なによりかっこいいのだけど、でもねSHOCKはほんとレベルが高いって思うんです。今回、野澤くん、諸星くんも初参加なので、新しい若い風をSHOCKカンパニーに吹き込んでくれると思うんですけどね。
でも今は心配の方が大きいです。
毎回キャストが発表されると、今度のリカはどう? Jr.の子は踊れるの? ○○の方がよかったなどどSHOCKファンの人たちは結構言います。まあ結局最後には気に入られるパターンが多いのですが、こわい発言をする光一ファンをみてきているのでそういうのを聞きたくないし。
でもそんなハードルの高いSHOCKに出る機会を得たってことはより一層成長するチャンスだし応援するのみなんですね。
Jr.はオーディションで選ばれたようだし光ちゃんも多少それにかかわってたようなので、孝良くんが認められたんだって自信をもっていいのかな。ファンが不安に思ってたらだめですよね。
ダンスもまだ癖がないし、性格もいいしきっと頑張ってくれますよね。
で、光ちゃんと仲良くなれたりしますよね。光ちゃんは自分から行くタイプでないので、人懐っこく慕えばそれにこたえてくれると思うんですよね。
キャストが発表されてからずっと嬉しくてそして心配でなんともいえない気持ちでいっぱいでした。ほんとの親でもないのにね。
今まで雑誌もたまにしかでてなかったけど、これからはSHOCK関係で舞台雑誌にもでたりするんですよね。ドル誌にもきっとでるでしょう。ファンも増えますね。
ポジティブにとらえ、心からお祝いしたいと思います。

孝良くんはじめ野澤くん、諸星くんものびのびと楽しくしっかり演技やダンスができますように。

来年のSHOCKは光ちゃんより孝良くんを目で追っちゃうって予感。でもすごく楽しみになってきました。

2014/12/11  20:13

読書記録  

ひみつのジャニヲタ
みきーる/著
青春出版社 2014年12月


クリックすると元のサイズで表示します

[要旨]
同じコンサートを何度も観に行く、本人がいないのに誕生会をひらく、特定のカラーのグッズまみれになる、タレント相手にマジで恋する…etc.家族も知らないナゾの行動&ふしぎな生態がまるわかり!
[目次]
Introduction ジャニヲタとときめきの歴史(3分でふわっとわかる!ジャニーズ・ヒストリー
これだけ知ってればヲタと会話が通じる!?基本のジャニヲタ用語集)
1 ジャニヲタの“恋愛”のふしぎ(「どんな気持ちでジャニーズを見ているの?」
「ジャニヲタって結婚できるの?」)
2 まわりの人によくあるギモン(「家族にジャニヲタがいるんです」
「恋した相手がジャニヲタなんです」
「仕事相手がジャニヲタなんです」)
3 ジャニーズにちょっとハマりそうな人へ(チケットの取りかた
コンサート前の準備
コンサートに行くことになったら)
4 ジャニヲタの“応援活動”のふしぎ(「なぜ同じ公演を何度も観に行くの?」
「ヲタの世界をもっと教えて!」)
(e-honのHPより転載)


みきーるさんの最新刊。またまた面白いです。ほんとその通りってことで、ジャニヲタをよく知らない人、知りたい人に読んでもらいたいなあって思います。もちろんジャニヲタにとってもあるあるネタだし、自分だけじゃないんだって安心できるし、おすすめですww
「あなたはジャニヲタ?それとも…診断チャートでチェック!」というのがあるんですが、私はやはり「現場上等!がっつりガチヲタさん」でした。

2014/12/9  23:18

本の読み聞かせ  

今日は本の読み聞かせに行ってきました。
今月は4年生。
実は10月は台風のため中止になり11月は私が喉の調子が悪く欠席したので、久しぶりの参加でした。

1冊目
十二支のおはなし                            
内田麟太郎/文  山本孝/絵 岩崎書店 2002年11月
クリックすると元のサイズで表示します
年のくれに、かみさまがいわれました。「しんねんのごあいさつにきなさい。はやいものからじゅんに十二ばんまで、一年かんずつその年のたいしょうにしてあげよう」どうぶつたちはおおよろこび。さてさて、だれがいちばんになるのやら…。

2冊目
トラネコとクロネコ                       
宮西達也/作・絵  すずき出版 2014年9月

クリックすると元のサイズで表示します
野原に落ちていた桃を見つけて、とりあいをはじめたトラネコのたまと、クロネコのブルース。自分のほうがヒゲが長くてかっこいいとか、しっぽが長くてステキだとか、自慢しあいっこがはじまります。ネコのくせにねずみがこわかったり、魚がきらいで捕るのもへただったり、木登りが苦手だったり・・・。お互い、苦手なことをちくちくと責めあう、たまとブルース。最後にはかけっこで勝負をつけることになりますが・・・。

3冊目
こどもたちのはし                             
マックス・ボリガー/作 シュタパン・ジャヴレル/絵 福田佐智子/訳 岩倉務/文
平和のアトリエ  2002年10月

クリックすると元のサイズで表示します
川をはさんだ2軒の農家は、仲が悪くてけんかばかりしていた。でも子どもたちは親に内緒で、飛石伝いに川を渡って仲よく遊んでいた。雨が降り続いたある日、水かさが増えて川を渡れなくなり、子どもたちはしょんぼりしてしまった。そのわけを知った両岸の親たちは、子どもたちが元気になるように、協力して川に橋をかけることにする。


私は2冊目を読みました。
宮西さんの新作です。「にゃーご」「ちゅーちゅー」に続く第3弾で、とても好きな作品です。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ