2015/2/23  23:27

Endless SHOCK  ジャニーズ関係

Endless SHOCK 15th Anniversary
2015 2.3-3.31 at Imperial Theatre

2015年2月21日(土)6時開演
帝国劇場

1階N列52番 S席

21日は4回目のSHOCKの観劇でした。
今回はじめての1階席。前回観たXA列より若干前だし、ステージとの距離は近いかもって思ったけど、上手サイドなので、上手のステージ奥は見切れてしまう。しかも誰かの後ろ側になると見えないこともある。それから前席の人の頭の陰で見えないこともある。う〜ん、やっぱり2階席の方がずっと目で追えるかな。でも光ちゃんのフライングは近くに見えました。そして双眼鏡の出番も若干減ったかも。

今年のSHOCKは岸孝良くんが初出演ということで孝良くん中心に見ていて、例年よりはSHOCKの世界に入り込めてない感じがしましたが、4回目にしてやっと本来のSHOCKの世界に踏み込めたような気がしました。もちろん孝良くん中心に見てたのですけどね。
一幕と二幕のそれぞれのONE DAYに聞き惚れて…。二幕のONE DAYではどうしても涙がでてしまいます。
SOLITARY後の楽屋でのコウイチとヤラのミュージカル調になった言い争いのところも昨年よりは苦しい気持ちにならなかったのだけど、歌にこめられているお互いの気持ちがすんなりつたわるようになりやっぱり切ない気持ちになりました。
新曲のDancing On Broadwayはほんと好きです。ああ楽しい、ほんと楽しいって気持ちになります。あとDance!もね。でもこれはまだ孝良くんのタップとか気になっちゃって他をあまり見られてないかも。
SORITARYは前回孝良くんのセクシーな表情を一瞬みてひゃ〜ってなったんだけど、今回は席の関係上なのかなその瞬間みられなかったの。ここ双眼鏡でみてるのでヤラくんがでとちりするところまだ一度も見てません。他の人のびっくりする様子。コウイチの指示でさっと体制をかえるところを見てます。昨年まではヤラくんの方中心にみてたように思います。
屋上下の諸星くんの日替わりネタは諸星くんが孝良くんに飛びつきお姫様だっこされるも、即座に下に落とされるという。毎回いろいろ変えてきていて楽しみです。
今年は光ちゃんの日替わりのアドリブがいつもより少ないしね。インタビューの答えもあまり変えてこないしね。
二幕のDead or Aliveは昨年まではコウイチ以外は誰かわかりづらいからあえて他を見ずに光ちゃんを見ていたのだけど、今回は孝良くんを見てます。背格好からわかるのね。ここのコッシーがゾンビ感がでてて上手だって聞いたのでこの時はコッシーを見ようと思ってたんだけど、ちょっとしか見られなかったです。
HigherとかMUGEN〜TAIKO〜Ladder Flyingは一体感が半端ないです。圧倒されます。ただ単に踊りがそろってるというのではなくそれぞれの感情が揃って合わさって大きくなって劇場内に溢れてるって感じ?うまい表現がみつかりませんが、とにかく感動します。Ladder Flyingのとき、ステージセンターのヤラくんにライトがあたり表情が良く見えるんですが、前というかコウイチを見てるんですね。その力強く見守る(決して心配そうに見守るって表情ではないんです)その目が素敵です。他の人たちもまっすぐ前を、コウイチを見ながら太鼓をたたいてます。その高く振り上げた腕もまっすぐで壮観です。そのあとすぐヤラとリカの静のダンスになるのでヤラくん腕がぷるぷるしないのかなとか扇子綺麗になげられるかなとか思っちゃいます。
夜の海は踊り切ったコウイチの倒れる前の表情が印象的です。悲しいけどその優しいかすかなほほえみに救われる気持ちになります。
そうそう殺陣のこと。ヤラ軍とコウイチ軍の殺陣のかたの違い。ヤラくんの身軽なみのこなし好きです。そして孝良くん、野澤くん諸星くん、優太くんのキレ具合。みんな頑張ってます。
真剣を渡してから階段落ちまでのヤラ、コシオカの表情や動作。ここは落ちていくコウイチと交互に見るようにしています。リカやオーナーもいるんだけどそこまで見る余裕がないです。殺陣のシーン同様目が足りない。いや前篇とおして見たいところ多くて目が足りないです。
シェイクスピア劇はリチャード三世のひとつひとつがSHOCKのストーリーとリンクしていてほんとよく考えられてるなあと毎回感心します。昔ロミジュリがなくなったときは残念だなって思ったけど、今の方がすっきりしていいです。
今回もストーリーにそってではなく思い出した順に感想を書きましたが、書き忘れまだありそう。
あ、そうそう、Twitterとかみると、今回はじめてSHOCKを観たって人が割といるようで、その人たちが光ちゃんのフライングを絶賛してます。もうねあたりまえのようにみてたけど、やっぱり光ちゃんほど綺麗に飛ぶ人いないようですよ。SHOCKも年々進化して今の舞台になったのだけど最初から観てこられたことにほんと幸せと喜びを感じます。

次回は、少しあいて3月4日に観てきます。

2015/2/20  16:30

Endless SHOCK  ジャニーズ関係

2月18日、SHOCK3回目の観劇をしてきました。

Endless SHOCK 15th Anniversary
2015 2.3-3.31 at Imperial Theatre

2015年2月18日(水)6時開演
帝国劇場

2階XA列6番 S席

初めてのXA席。2階席でしたが1階のO列の上あたりなので、結構近くに、いやとてもよく見えました。残念ながら下手のはじは見えないところもあったんですけどね。
今回は岸孝良くん坦のカリスマ的存在のお友達と一緒に見てきました。彼女のブログはそれはそれは孝良くんへの愛情があふれているし、文章力、レポ力に優れた大好きな友人です。

さて今回の感想。順番通りではないのですが、思い出しながら書いていくことにします。
前回より双眼鏡を使わないで見ることができたので今回は孝良くん以外…諸星くんとかもわりと見ることができました。彼も表情がほんと豊かです。力強くメリハリのあるダンス。そして誰かが顔でも踊ってるって言ってましたがほんとそんな感じです。そんな諸星くん、毎回屋上下のシーンではアドリブを考えているようですごいなあって思います。孝良くんも合いの手いれたりと参加してますが今後も楽しみです。この日は藤崎マーケットのまねで「パーティーだよ〜 ヤバイ ヤバイ テンションあがってる ヤババイ ヤババイ」って言ってました。孝良くんもしゃがんで手拍手で参加してました。
この日の孝良くんは、側転もきれいにできたし、ヤラくんの扇子キャッチも成功。
側転は背が高い分綺麗に見せるのは難しいのかもしれません。スピードもそんなに早くないから余計綺麗に見せるのは難しそう。
今回印象に残ったのは、SOLITARYでの孝良くんの表情。ちょっとセクシーな目にドキってなりました。
Dance!はのんちゃんと踊る時のうでの開き方が違うのがちょっと気になりました。そろってたらもっと綺麗だろうなあ。ここはそろえなくてもいいところなのかな? でもタップはあっていて気持ちいいです。最後の決めポーズ。ヤラくんにしゃがまされるところ微笑ましくて好きです。
孝良くんがってわけではなく全体的に感動するのはHigherとMUGENです。コウイチが戻ってきた驚きからの喜び。ヤラ以外がまとまって嬉しさいっぱいで踊りきったHigherのラストは見ている方も高揚感でいっぱいになります。そして真実を知ったあとのみんなが一つになったというのが強く伝わるMUGEN。コウイチとヤラの息のあったダンスと力強い太鼓の音とダンス。本当に感動的です。
大きな見せ場の殺陣については、計算されたひとつひとつの動きは何回見ても迫力がありつつも綺麗ですごいなあって思います。ヤラがコウイチに乗るところも成功。
ヤラ軍のちょっといっちゃったような表情はそれぞれがちがっていて面白いです。でもほとんど孝良くんばかりみているので、他の人もなるべく見たいなあって思います。のんちゃんの階段をおりてくる時の笑い顔は無邪気なこどものようでした。初めてみたときは階段上でクールな感じの顔をみました。それぞれがどんなキャラをつくって演じているか興味深いです。優太くんの刀を舐めるところまた見逃しました。
そうそう、美波里さんも踊るステッキダンスのところ。後ろでヤラチームも途中から踊っているんだけど、その最後に上手にはけるとき、ハットを上に投げながら歩いてたのは孝良くんだったかなあ? 次回確認します。
夜の海はくるくるってまわるとことか腕のラインとか、腰の動きとかが好きなダンスで、光ちゃんの儚くも力強い意志が感じられ、昨年までは光ちゃんだけをみていた感じなんですが、今回も光ちゃんを横目で見つつも孝良くんを見つめるというスタンス。綺麗な腕の動き手先を見ていたら光ちゃんの赤い衣装を着せたくなりました。ターンするたびにひらひらなびく赤い衣装、これをきた孝良くんを見てみたい。
カーテンコールでは王子様のように右手を胸によせお辞儀をしたり、まわる階段の上で最後までステージ上のダンサーさんに拍手を送る笑顔にほっこりした気分になりました。そして幕がおりるときは客席に手を振ってくれたのですが、下手2階席の方に手を振ってくれた時は、自分に振ってくれたような勘違いさえおこしてしまいました。
光ちゃんが大好き。SHOCKが大好きで毎年観てきたのですがやっぱり今年は孝良くん中心に観ています。まあ仕方ないですよね。
次回は21日に観てきます。



2015/2/12  21:18

Endless SHOCK  ジャニーズ関係

SHOCK2回目の観劇は昨日2月11日でした。

Endless SHOCK 15th Anniversary
2015 2.3-3.31 at Imperial Theatre

2015年2月11日(水)6時開演
帝国劇場

2階J列20番 A席

今回も2階席。でも前回よりセンターより。お隣は岸孝良坦のお嬢さん。
前回、孝良くん中心で見てしまったので、今回はなるべく全体を見よう。そしてできれば他のキャストも見たいと思っていましたが、どうしても孝良くんを目で追ってしまうし双眼鏡のぞいてしまいました。

前回は初日の翌日だったため、今回の方がのびのびしてる感じはありました。孝良くんはあいかわらず表情豊かでした。まあ実は他のキャストもちゃんと表情をつくってるんですけどね。
千秋楽の楽屋シーンはほんと楽しそう。リカとハイタッチからのジャンプしての喜ぶ様子。それからダンサーの豊田さんとのからみもあって個人的にうれしい。豊田さんアイメイクがなんか目立ってたなあ。そして顔が少しシャープになってた印象。でもこのシーンはやっぱりのんちゃんとのからみが萌えシーンです。ここは前の方の席で何しゃべってるか聞き取りしたいなあ。
順番が違いますが、Off Broadwayのショーをはじめ何回か孝良くん側転をしますが、うーんもう少しかなあ。やっぱりねJACさんとか綺麗だから比較しちゃうとね心もとない感じ。でもおそらくはじめてかなって思うので、これを機に上手になってほしいなあ。馬跳びでは馬になって優太くんがとぶ方なんだけど結構高い馬でちょっと心配しちゃったけど全然大丈夫でしたね。
屋上シーンは屋良くんのせつない表情を見るのが好きです。そして屋上下をみんなが通るところ。今回はモロホシはスシ食いねえの替え歌で、肉くいね〜とか歌ったんだけど、タカがヘイラッシャイって合いの手入れててびっくりしました。この日替わりアドリブどんどんおもしろくなるといいなあ。
公園でのシーンの孝良くんは新聞をみて喜ぶ姿が前回よりさまになってたかなあ。前回はなんか同じような動きばかりしてた印象をうけたので。セリフもちゃんと聞けました。孝良くんの声、優しくて高いんだんあって思いました。ヤラを心配する様子とかとってもよかった。インペリアルガーデンシアターの楽屋でのコウイチとヤラの言い合いのあとのはけるところもいったん、ヤラのところでとまりおどおどした感じでたちさるとこもね。
インペリアルガーデンシアターでのショーの今回の新曲はDancing On Broadwayという曲。このコウイチのタキシード姿がザ・ミュージカルって感じで好き。ダンスも可愛かったりコミカルだったり楽しいです。
Jungleは孝良くんをみちゃってせっかくのかくれたりするのとか見てない…
DANCE!はひとりずつダンスするところもありいわゆる見せ場。でもやっぱり諸星くんのアクロとか優太くんのソロとか屋良くんのタップとかに目を奪われ、客観的にみると孝良くん、のんちゃんの印象はうすいかな。もっとのびのびとできたらいいかなあって思いました。
そして好きな曲SOLITARY 孝良くんのスタイルの良さにドキドキ。ヤラがはいれないところのみんなの驚きのお芝居もよくできてました。フォーメーションも綺麗。最後に女性ダンサーさんに手をさしのべ連れていくとこいいなあ。女性ダンサーさんといえばふくちゃんのエロっぽい視線で踊るとことかも健在。
ジャパネスク 殺陣は ステージのセンターで倒れてるタカにコウイチに刀を突きつけるところドキドキ。そこ写真にならないかあって思ったりww
コウイチに真剣を渡され動揺するヤラの演技、階段を落ちていくコウイチをみるヤラ、コシオカの演技がとてもいいです。でもどうしても光ちゃんがうまく落ちれるかな?って心配もあって階段落ちを見ちゃうんだけどね。
Dead or Aliveは今までは光ちゃんの表情見るのが好きだったんだけど、今回ばかりは仮面をつけてる孝良くんを一生懸命さがして見てます。
シェイクスピア劇はリチャード三世とヤラをリンクさせてるところがさすがだなあっていつも思います。エマさんの演技はセリフの強弱が自然で上手だなあって印象。今のストーリーになったとき、光ちゃんが3回も刺されるシーン(ジャパネスクの時、シェイクスピア劇中、リカに気付かされる時)があることに抵抗があったけど、今は普通に受け入られれるようになってる自分にちょっと驚き。慣れかなあ。
リチャード三世が光ちゃんから屋良くんにチェンジするところ、ここは2階席からよりも1階からみたいなあって思う。あの下からすーってでてくるところね。
光ちゃん復活のシーンは今回はあまり日替わりアドリブいれてこない感じかな。ここよりユウタと会うところに毎回ネタをいれて笑いをとってるみたい。お兄ちゃんガチャのところね。
美波里さんとのステッキダンス。あ、この時はコッシーが投げるステッキ光ちゃん取り損ねました。
美波里さんで思いだしました。1幕の楽屋で差し入れビバリンゴ受け取った光ちゃんがリンゴをみせたり隠したりしてそれにいちいち反応するタカたちの様子がなんだかすごく笑えました。
そしてHigher コウイチ復活を喜び徐々にみんながダンスに加わり最後の達成感のような表情。激しくリズミカルなダンスにテンション上がります。下手のヤラの演技も見たいんだけど、今回はごめん、ちらちらしか見られない。
ヤラの告白からコウイチの死の事実。ここはやっぱり屋良くんの演技のすばらしさ。なんで何もいわないんだよってのんちゃん突き飛ばされてるよね。タカにはないのが残念ww
そして光ちゃんのONE DAY 毎回涙腺がゆるむ場所です。
そして布フライングやコウイチヤラの夢幻。太鼓は昔に比べて短くなったけど、夢幻のダンスが二人の息があっていてすごくいいです。分かり合えた感が伝わってきます。
ラダーはステージ上の太鼓を見つつの光ちゃんを見守る。この時のコウイチを見守り見つめるヤラの視線が素敵です。孝良くんは真正面をみてたかな。2階席なので、2階着地の瞬間は見逃しません。他にもこの時は照明とスモークでほんと綺麗なんですよね。2階席のための演出。
あ、そうそう傘のフライングが昨年より大きく長くやってる気がするんだけど違うかな? 光ちゃんから金粉が舞い散ってるようでほんと綺麗。
また順番めちゃくちゃだけど、ヤラとリカの和のダンス。ヤラの投げる扇キャッチは安定してました。
そしてみんな大好き夜の海。この手の動き好きなんです。着物をなびかせくるくるまわる光ちゃんに溜息しつつ、孝良くんをみる。手を伸ばし胸を反るところや指先手先がとても綺麗。
ラストコウイチ降臨でCONTINUEから他の曲のミックス。若手4人はNEW HORIZON歌ってました。コウイチの姿が見えるヤラが驚きつつも嬉しそうな表情が印象的。
やっぱりSHOCKって主役はヤラじゃないかなあって思えるストーリーだと感じました。
あ、書き忘れ。夜の海が終わって、コウイチが倒れる瞬間、何かをつかむようにしてそしてかすかに微笑んで倒れました。これで、コウイチの死は悲しいけど受け入れられる気持ちになります。
もひとつ書き忘れ。記者会見シーンのみんながカメラにピースするところすごくかわいいです。
ほんとにかわいくてまたまた、コウイチのインタビューの内容聞き逃しましたww
あと〜何かあったかなあ、あ、何かのダンス終わりにタカはじめ4人が立膝でしやがんで下を向いてるところをヤラが通りがてらタカの肩をポンってたたいていくところ好きです。

感想を書いていて役名と本人名の書き分けがめちゃくちゃになってしまいました。
そういえば、芝居のなかでタカって呼ばれてたかな? ユウタはあるよね。ノザワは? モロホシは?
役名読んでもらえると認知されやすいとおもうんだけどねえ。

とりあえず今回はこのくらいで。また思い出したら書きます。
次は2月18日観劇予定です。

2015/2/12  20:58

本の読み聞かせ  

今月の読み聞かせは2月10日。5年生でした。

1冊目
オニじゃないよおにぎりだよ                       
シゲタサヤカ/著  えほんの杜  2012年1月

クリックすると元のサイズで表示します
おにぎり好きのオニ達が、人間の落としたおにぎりを拾って食べて、大ショック!
「ひどすぎる!こんなまずいおにぎり、食べてるなんて!」
「おれたちが、ほんとうのおにぎりの あじを おしえてやる!」


2冊目
エゾオオカミ物語                           
あべ弘士/著  講談社  2008年11月

クリックすると元のサイズで表示します
それは、たった100年前のことでした……
北海道にいたエゾオオカミが、この世からいなくなったのは約100年ほど前のこと。動物絵本作家の第一人者であるあべ弘士が、人間と動物の歴史をしずかに語ります。


私は1冊目を読みました。節分を終えたばかりだったので鬼のお話。楽しいお話に子どもたちもうけてくれました。実は昨年の5年生にも読みました。選書の時間がなかったので手持ちの本から決めたので。
他のメンバーが2冊目を読みました。ちょっとしんみりしました。

2015/2/7  21:29

Endless SHOCK  ジャニーズ関係

Endless SHOCK 15th Anniversary
2015 2.3-3.31 at Imperial Theatre


今年もSHOCKがはじまりました。
今年は15周年記念ということで、劇場の外も中も豪華です。








2015年2月4日(水)6時開演
帝国劇場
2階I列51番 A席

キャスト
堂本光一、屋良朝幸、前田美波里、
福田悠太、越岡裕貴、岸優太、野澤祐樹、諸星翔希、岸孝良、
ラフルアー宮澤エマ、石川直 他

Scene & Music


一幕
Overture
- Endless SHOCK メドレー

Scene 1 / SHOCK OPENING
- OPENING CONTINUE
- オーナー挨拶
- 劇場への誘い

Scene 2 / Off Broadwayのショー
- So Feel It Coming
- パネルマジック
- New Horizon

Scene 3 / 劇場のバックステージ
- Yes, My Dream

Scene 4 / 劇場の屋上
- ONE DAY

Scene 5 / Broadwayの街
- It’s A Wonderful Day

Scene 6 / Broadwayの裏の路地

Scene 7 / World Adventure
- Introduction
- Dancing On Broadway
- Jungle
- Dance!
- SOLITARY

Scene 8 / バックステージ

Scene 9 / Japanesque Show

二幕
Prologue
- 死への招待
- DEAD or ALIVE

Scene 1 / シェイクスピア ・シアター
- バッハ ミサ曲
- マーラー 5番
- ベルディ レクイエム

Scene 2 / オーナーの劇場のバックステージ
- Don’t Look Back
- New York Dream

Scene 3A / インペリアル・ガーデンシアターのステージ
- Higher

Scene 3B / バックステージ
- What 10(ju) wanna say(BGM)
- Japanesque(BGM)
- 和解(BGM)
- ONE DAY (reprise)

Scene 4 / It’s A New World On The Earth
- New Show Introduction
- MUGEN(夢幻)
- USA TAIKO
- Ladder Flying
- インターミッション
- マスク
- 夜の海
- 大桜

Scene5 / フィナーレ
- CONTINUE

Curtin Call 
チェイサー
- カーテンコール
- チェイサー(大桜)


私は初日の翌日の4日に観に行ってきました。
A席でしたが前が通路で視界も良好でした。51番だし演技がいいww
今年は15周年というメモリアルイヤーでもあるのだけれど、私にとってはかねてから応援しているジャニーズJr.の岸孝良くんが出演するということになったこと、しかも一番好きな光ちゃんの舞台だということでほんとに特別な公演になりました。
SHOCKは初演の15年前から毎年観に行っていました。そのなかで、初日の幕があくまでこんなにドキドキしたのは初めてかもしれません。初日のレポをネットで読んでまずは安心したものの、この日もずっとドキドキしっぱなし。
でも、そんな心配をよそに孝良くんは素敵な笑顔をたくさんみせてくれたし、ダンスもしっかりできていました。いままでみたことのない側転も4回もやったし、いつのまにこんなにできるようになったの?って思いました。稽古期間もかなり短かったしどれだけ頑張ったのかなあ。でも、今までの舞台とちがいダンスの基礎とかお芝居とかちゃんと教えてもらえる機会を与えられてほんとによかったなあって思います。パンフレットを読むと光ちゃんに感謝の気持ちもわいてきて、ますます孝良くんも光ちゃんの大好きになりました。
そんなSHOCK 例年ですとまあ2回〜4回位観るのですが、今年はもう少し行けるといいなあって思ってます。
4日は娘と行ってきました。
ストーリーは前回と同じ。ラストのCONTINUEも昨年同様、他の曲がはいってきます。変わったのは一幕Scene 8バックステージでのコウイチとヤラの言い争いからのつかみあうところ、歌がはいりミュージカルっぽくなりました。あと一幕Scene 7 World Adventureで新曲「 Dancing On Broadway」これはダンスがとっても楽しい振りになってました。
他にも変わったところがいくつかありましたが、今回は、全体が見える2階席なのに孝良くんをほとんど双眼鏡で見てたのでかなり見落としがあります。
孝良くんに関しては印象的だったのは、表情がとても豊かだったこと。ダンス中もだし、お芝居の時もセリフがなくてもちゃんと演技をしていました。千秋楽のバックスステージの場面や公園での場面はいつも目が足りないって思うんだけどもう孝良くんにロックオン。他のキャストの演技まで見られなかったです。リカと楽しげにしてたり、ダンサーの坂本さんや豊田さんともからんでたり。あ、そうそう今年も豊田茂樹さん出てました。毎年彼の笑顔にいやされるんだけど、それに負けないくらいいやそれ以上孝良くんの笑顔よかったです。
のんちゃん(野澤くん)と同じ箱型の台に乗るところ、のんちゃんが孝良くんをあすなろ抱きみたいにしてたり、もう見どころ満載。あとコウイチに記者がインタビューするところ、カメラマンにむかっってピースしたりするとこすごくチャーミングでした。見いっちゃうと耳も聞こえなくなるのかコウイチがインタビューになんて答えたか聞こえなかったという。好きな花とか好きな食べ物とかね。
アドリブはまだ控えめな感じがしました。でもユウタに「かわいい。お兄ちゃんガチャ。」って光ちゃん言ってましたね。翌日は「オレSランク」とかも言ってたとかで、光ちゃんも優太くんのドラマみてるんですね。
他に孝良くんの演技で目についたのは、コウイチとヤラの緊迫した雰囲気のところからはけるときの迷いながらはける様子(足の動き)が心情がよくわかりました。多分他の人も細かい演技してるんですよね。どうしても光ちゃん中心で見てたから今までそこまで見てなかった気がします。
ダンスは背が高くスタイルがいいのでほんと素敵。以前はその背の高さがマイナス要素になちゃいそうな気もしましたが体幹がしっかりしてきたのか綺麗にみえました。タップも頑張ってました。SOLITARYもきちんとそろっていました。
殺陣は孝良くんはヤラチームなので、山賊のような感じで正統派の殺陣じゃなく、ちょっといっちゃった悪者ふうの感じを頑張ってだしてましたが端正な顔立ちだから難しいですよね。台上に掲げた旗(布)からコウイチ、ヤラが登場するシーンでは旗を持つ役でしたがそのあと、気付いたら孝良くん刀をもってなくて素手でたたかってました。どうしたのかな?って思ってたらいつのまにか刀を持ってました。あとで、その瞬間をみていたお友達に聞いたところ、刀のさきがとんだかなにかでなくなったあと舞台袖から別の刀がスライドされそれを拾ったとか…。まさにショーマストゴーオン。
二幕のヤラの和のダンスのところではヤラが後ろ向きに投げる扇をキャッチする役目があるんだけど、結構とりにくそうな感じだったけど無事キャッチ。ここは毎回ひやひやしそう。
あと孝良くんで印象に残ったのは、カーテンコールで自分たちが終わったあと、台が回転して見えなくなるんだけど、ぎりぎりまで次のダンサーさん(だったかな?)の方をむいて拍手を心をこめてしてる様子かな。演技でない彼の素の部分ね。
今回のリカは大人っぽい印象。シェークスピア劇のセリフの言い回し等緩急があってよかったです。
コッシー、福ちゃんに関しては安心してみてられます。ってか見てないww。あ、コッシーは去年のタツミのポジションなんだけど、優しい印象。屋良くんはやっぱり芝居もダンスもうまいなあって思います。ビジュアルもよいしね。ぎらぎら感は以前ほどないかな。コウイチの階段落ちのところ、つい光ちゃんを見ちゃうんだけど、この時の階段上での、ヤラ、コシオカ、リカの演技の方が興味深いです。コシオカは刀を手に取り真剣だったとわかる様子などね。
諸星くんはやっぱりダンス、アクロバットは上手なので目をひきます。そのダンスの貫禄感と髪型のせいで、ダンサーさんに見えてしまうという。でも彼のキャラをいかしたアドリブを今後も期待。のんちゃんは控えめな印象ですが、殺陣の時のキャラはクールなキャラに作っていました。基本孝良くんとシンメなので双眼鏡で岸くんをみると全く見えない。次回はもう少し見ますね。優太くんは自信もつきのびのびとやってる印象です。タップやソロパートも上手。最後にはお決まりの仔犬のような顔で号泣。
美波里さんはやっぱりオーラがすごい。存在感が半端ないです。
掃除のおばちゃんネタは健在。小道具→書道部。新橋から。毎回楽しみです。
肝心の光ちゃんの感想がでてこない。やっぱり見てなかった?(笑)常に目のはしの方に感じてはいたんですけど。
2階席だったので、ラダーフライングの時の照明すごくきれいでした。でも2階着地の時以外、下の太鼓みてんたんです。
やっぱり今年はたくさん行かないと…
次は11日に観てきます。

グッズはパンフ、クリアファイル、ポーチセット、ペンダント、フォトセットを購入

フォトセットはもちろん光ちゃんと孝良くん



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ