2015/11/30  22:56

読書記録  

衣もろもろ
集英社文庫
群ようこ/著
集英社 2015年11月


クリックすると元のサイズで表示します

「なんだこりゃ」―五十歳を過ぎたある日、入浴前に鏡に映る我が身を見て思わずつぶやいた。そこにいたのは太った痩せたを超えた老女の肉体だった…。あからさまなアンチエイジングはしたくないけれど、TPOをわきまえ、お洒落に気を遣っているなと思ってもらいたい。年とともに激変していく体型に戸惑いつつ模索するお洋服選び。中高年女性のリアルで赤裸々な共感&爆笑エッセイ。(e-honのHPより)



本屋で手にした本の背表紙に書いてあった上記の文章を読んで、五十歳を過ぎたある日、老女の肉体、洋服選びという言葉にひかれて買った本です。
そういえば群さんのエッセイよく読んでたなあって思ったし…
そうそうっていうあるあるネタもあれば、見習わなくちゃって思うこともありよかったです。
素敵な50代でありたいです。

2015/11/12  8:39

リトルマーメイド  

先日、劇団四季のリトルマーメイドを観てきました。イープラスの無料招待が当選しました。

Disney リトルマーメイド

2015年11月7日(土) 13:00開演

四季劇場[夏]

A席一般 1階6列36番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

主催:劇団四季

キャスト(11/7)
アリエル:谷原志音
エリック:神永東吾
アースラ:増本藍
トリトン:高橋基史
セバスチャン:飯野おさみ
スカットル:玉城任
グリムスビー:田島康成
フランダー:大空卓鵬
フロットサム:有賀光一
ジェットサム:中橋耕平
シェフ・ルイ/リワード:清水大星
他アンサンブル


無料招待だったので席は期待してなかったのですが6列でした(サイド席なので実質前から5列目)
チケットにはA席8000円となってたのでちょっと調べてみたら
S席9800円/A席8000円/B席6000円/C席3000円
どうやら1階でも両サイドの何席かはA席のようです。まあサイドは見切れがありますもんね。でも今回ははじから2席目でしたが全く観づらいと感じることがなかったです。
実は劇団四季のミュージカルは初めてです。いつか観たいと思いつつジャニーズの舞台優先にしてたので金銭的にも日程的にもあとまわしになっていました。
今回こういうチャンスに恵まれとってもラッキーでした。ちょうど11月は何も観劇予定がなくてつまんないなあって思ってたし。娘は用事があったので一人で行ったのですがぜひ今度は娘も連れて行きたいなあって思います。会場にはお父さんお母さんと小学生の親子とかおばあちゃん、お母さんとこどもとか家族連れも多く、小さいうちから上質なミュージカルに触れさせてあげていいなあって思いました。

華やかで楽しくて、わくわくしたり、びっくりはらはらしたり、ときめいたりほんとに素敵なミュージカルでした。
アリエルのかわいいことったらこのうえなく、王子エリックも素敵。でもカニのセバスチャンがとってもいいなあ。誰かしら?ってキャスト表見たら、飯野おさみさん。あれ?
どっかで聞いたことある名前。知ってる。何にでてたかなあ?って
そうです初代ジャニーズのメンバーのひとりの飯野さんです。ジャニーズ時代の飯野さんは知らないのですが、ABC座で、初代ジャニーズの舞台観ました。飯野さんの役を五関さんがやってましたっけ。まだ現役で活躍してたんですね。しかも劇団四季で。
え?69歳? 全然見えないです。お若い。そしてとってもキュート。素敵な俳優さんです。

思いがけず観に行ったリトルマーメイド。ちょっと早めの自分への誕生日プレゼントになりました。楽しい素敵な時間をすごせました。

2015/11/12  8:02

本の読み聞かせ  

11/10の読み聞かせは4年生でした。
今回は2人で行ってきました。

1冊目
おこる                               
中川ひろたか/作  長谷川義史/絵  金の星社  2008年9月
クリックすると元のサイズで表示します
毎日怒られてばかりのぼく。
いやけがさしてひとりの世界へいってみるが、何をしても怒られないのはさびしすぎる。
けんちゃんはすぐに怒るし、ぼくも怒ることがある。
「なんで人は怒るんだろう」と深く考えさせる一冊。

2冊目
おさる日記                              
和田誠/作   村上康成/絵  偕成社  1994年

クリックすると元のサイズで表示します
船のりのお父さんがつれて帰ったおさるの子は、だんだん人間らしくなってぼくの弟みたい。でも、ある日秘密を知って?

(青字部分はHPより転載)

私は2冊目を読みました。おととしの3年生に読んだ本です。やっぱりラストにびっくりしていました。どちらの本も反応がよい子どもたちでこちらも楽しく読めました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ