2015/12/30  18:56

魔王ロス症候群  

クリスマスイブは、舞台を観に行ってきました。

トライフルエンターテインメントプロデュース
魔王ロス症候群

2015年12月24日(木) 14:00開演
シアターサンモール


O列8番

演出:伊勢直弘
脚本:伊福部崇
出演:富田翔 増田裕生 戸谷公人 平田裕香 福澤重文 林修司 井ノ上奈々 石井由多加 小林涼 大朏岳優 
水谷あつし 石倉良信 町田慎吾
声のみ:甲斐田ゆき 高木俊

この舞台は、戸谷くんがでるということとお見送りがあるというのでチケットをとったのですが、どんな内容かわからずタイトルからゲームの話? アニメ? 若い子の観るもの?ってとっても不安でした。場違いなところだったらどうしようかとかういちゃうかなとか。
でも、町田さんもでるし、ということで意を決して行ったのですが、とにかく面白かった。
コメディでした。最初コントかって思うほど。でも笑いの中にも現代の世相が入ってたりメッセージ性もあったり。
まあ10〜20代の男子がピンポイントかなあ。でももちろん私にも理解できたし楽しめました。
年末に笑い納めをした感があります。
この舞台上演中はネタバレ禁止でSNS等にあげないようにと言われてました。で、全公演終演後キャストの方々が役の衣装での写真をTwitterにあげたので、もうOKかなって思ったら、観られなかった人でDVD発売を待ってる人がいるので内容に関してはまだネタバレ禁止なんだそうです。
ということで、ストーリーに関しては書けません。
主役は富田翔さんでとってもビジュアルがよかったです。戸谷くんはこういう役もあってるんだなあって思いました。そして町田さん。よかったです。面白かったです。頑張ってました。

そして久しぶりのお見送り、あっというまでしたがみなさんちゃんと顔をみて微笑んでくれてよかったです。アフタートークショーの日も行きたかったのですが、それはDVDに入るようなので楽しみにしてます。

クリックすると元のサイズで表示します
戸谷くんと町田さんの写真を買いました。
大きい写真は、DVD予約特典、カレーのおまけ、当日のお土産(写真とキーホルダー)です。どれも戸谷くんをチョイス。
カレーは物語にでてきます。ネタバレになるので終演後限定グッズといて売られました。2種類あったのですが、町田さんの方にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/30  18:09

アルフィーコンサート  

先週になりますが、アルフィーの武道館ライブに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

BEST HIT ALFEE FINAL 2015
2015.12.23(水・祝)  18:00開演
日本武道館

2階南西R列31番

セットリスト  (Aの会HPより)
1.SWEET HARD DREAMER
2.AFFECTION
3.トラベリング・バンド
MC 坂崎さん
4.FLOWER REVOLUTION
5.FUNKY PUNKY
6.夜明けを求めて
7.LONG WAY TO FREEDOM
MC 3人
8.From The Past To The Future
9.恋人達のペイヴメント
10.1月の雨を忘れない
MC 高見沢さん
11.Save Your Heart 〜君だけを守りたい
12.宇宙戦艦ヤマト 2009 Rock Ver.
13.Final Wars!
14.壁の向こうのFreedom ー24th March,1989ー
15.100億のLove Story

アンコール1
16.ラジカル・ティーンエイジャー
17.SWINGING GENERATION 2003
〜出し物
18.YELLOW SUNSHINE
19.絶狂!ジャンピング・グルーピー
20.星空のディスタンス

アンコール2
MC 高見沢さん
21.恋の花占いU
MC 3人
22.G.S. I Love You -あの日の君へ


今年はいつも行く市川に行けなかったし、急遽予定がなくなったので、一人ですが数日前にチケットをとり行くことにしました。運よくチケットがまだ発売されてました。
あれ〜?武道館だとチケットあまるのかなあ、席うまらないのかなあって思ったら、そんなことはなく当日席についたら一番後ろまでしっかり入ってました。
自分的に久しぶりの武道館でしかも一人だったのちょっと緊張しましたが、ライブがはじまったらノリノリで、元気をたくさんもらってきました。
楽しかったです。


家と職場へのお土産
クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/21  15:09

DOGFIGHT  

昨日は久しぶりにミュージカルを観てきました。

DOGFIGHT
2015.12.20(日) 13:00開演
シアタークリエ

1扉5列6番

脚本:ピーター・ドゥシャン
演出:山田和也
作曲・作詞:ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール

CAST
屋良朝幸 ラフルアー宮澤エマ 中河内雅貴 矢崎広
浜中文一 末澤誠也 新井俊一 まりゑ
春風ひとみ 戸井勝海 保坂知寿


STORY
ベトナム戦争出征前夜のアメリカ、サンフランシスコ―。エディ(屋良朝幸)と2人の親友・ボーランド(中河内雅貴)と バーンスタイン(矢崎 広)は訓練期間を終えた兵士たちで、 自分たちを“3匹の蜂”(スリービーズ)と称するほど仲が良い。 彼らは母国での最後の夜を楽しむために街で大騒ぎをはじめ、【ドッグファイト】に参加する。
【ドッグファイト】とは、海兵隊に伝わる、パーティに一番イケてない女の子を連れてきた者が賞金を得るゲーム。
エディは街のとある食堂に行きつき、ウェイトレスのローズ(ラフルアー宮澤エマ)と出会う。
エディはローズをパーティーに連れ出すことに成功し、彼女は生まれて初めてのデートに興奮する。エディはローズの優しさに触れ、次第に彼女をパーティに誘ったことに心苦しさを感じ始めるが、 時すでに遅く、2人はパーティーに参加することになり・・・。
【ドッグファイト】―それは兵士である彼らに愛情を捨てさせ、 冷徹さを築くために大人たちが仕組んだ罠でもあった。
(公式HPより)


面白かったです。エディとローズのやりとりがほんとかわいい。ローズがパーティーに誘われて部屋で洋服を選んだりするところや、レストランでのやりとり、ローズの部屋での二人。キスするところとかかわいすぎます。
ローズ役のエマちゃんの歌もすごく上手で聞いてて気持ちいいです。
また海兵隊員たちのダンスも迫力があって素敵。
そして楽しくかわいいシーンの裏には戦争という悲しいことも描かれていて、HPに書かれていた【ドッグファイト】―それは兵士である彼らに愛情を捨てさせ、 冷徹さを築くために大人たちが仕組んだ罠でもあったの意味がわかりました。



2015/12/21  14:16

忘年会  

12月17日は職場の忘年会でした。

会場は毎年恒例のリストランテ・カステッロ

天使海老のサラダ仕立て サワークリーム添え
クリックすると元のサイズで表示します

本鮪 ヒラメ 帆立 甘海老のミラノボール
クリックすると元のサイズで表示します

フォワグラと生ハムのパニーノ
クリックすると元のサイズで表示します

トリュフのペンネ(かな?)
クリックすると元のサイズで表示します

ポルチーニ茸のボローニャ風スパゲッティーニ(かな?)
クリックすると元のサイズで表示します

天然真鯛のクリーム煮
クリックすると元のサイズで表示します

林檎のタルトタタンとシナモンジェラート
クリックすると元のサイズで表示します

毎年お料理名をメモすればよかったと思うけど忘れちゃうんだよね。
今年も美味しかったです。
他にフォッカッチャ、パン、ピザもついていました。
シャンパン、ジュース、コーヒーもいただきました。

今年は時間の関係でクイズ大会はなかったのですが、じゃんけん大会でウイスキー、くじびきで金券をゲットしました。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/9  17:02

本の読み聞かせ  

昨日は読み聞かせボランティアの日でした。
今月も4年生のクラス。3人で行ってきました。

1冊目
おこる                               
中川ひろたか/作  長谷川義史/絵  金の星社  2008年9月
クリックすると元のサイズで表示します
毎日怒られてばかりのぼく。
いやけがさしてひとりの世界へいってみるが、何をしても怒られないのはさびしすぎる。
けんちゃんはすぐに怒るし、ぼくも怒ることがある。
「なんで人は怒るんだろう」と深く考えさせる一冊。

2冊目
落語絵本 はつてんじん
川端誠/作・絵 クレヨンハウス 1996年

クリックすると元のサイズで表示します
学問の神様、菅原道真をまつる天満宮の縁日は毎月25日。新年になってから、天満宮にはじめてお参りに行くことを、“初天神”といいます。
金坊とお父さんは連れ立ってお参りへ。途中の屋台店で金坊は、わたがし、たこやき、あんずあめとおいしそうなものをねだりますが、お父さんは「あれは、どくだ。」とごまかします。しかしいよいよ根負けして凧を買うことなって・・・!?

3冊目
ジェイクと海のなかまたち
葉祥明/作・絵  リッキーニノミヤ/英訳  自由国民社  1998年

クリックすると元のサイズで表示します
海はいま、海洋汚染や魚の乱獲、珊瑚礁の死滅など危機的状況ですが、さまざまな生きものたちが、おのおののやり方で生きています。ジェイクが海にもぐり、海のなかまたちと一緒に海の様子を伝えます。人間たちだけのものでない海、空、大地を守っていくために、ジェイクが不思議で神秘的な海の世界を探訪します。豊かな海の素晴らしさを体験できます。全・英訳付。

(青字部分はHPより転載)

1冊目は先月も読んだ本です。私は2冊目を読みました。来月はもうお正月なのでちょうどいいかと思い選書しました。本をだしたとたん「落語だ〜」と子どもたちがくいついてきたのですが、あとで担任の先生から、最近、落語家の人をよんで聞くという行事があったということを聴きました。3冊目の本も環境問題について学習したばかりだとかでタイムリーでした。先生は何をやっているか調べてきてくれたのかと思いましたって言ってましたが、本来ならそういう下調べが必要なんですね。始めたころは自分の子どもも小学生だったからだいたいわかってたのですが、さすがにもう小学校の情報はこちらから調べないとだめだなあと反省。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ