2016/5/30  14:59

寝盗られ宗介  ジャニーズ関係

昨日は「寝盗られ宗介」という舞台を観てきました。

寝盗られ宗介

2016.5.29(日) 11:00開演
新橋演舞場

3階3列34番 A席

作:つかこうへい
演出:錦織一清
出演:戸塚祥太 高橋由美子 福田沙紀 姜暢雄 藤原丈一郎
    酒井敏也 小川菜摘 篠山輝信 蔵下穂波 富浦智嗣 
    三浦祐介 西井幸人

【ものがたり】
東北地方のとあるのどかな町。
客のざわめきをよそに北村宗介一座の宗介は、
座員のマナブと駆け落ちした一座の看板スターで女房のレイ子を待っていた。
レイ子の父親の留造やレイ子の後釜におさまろうとする晴江らを前に、
実は自ら駆け落ちを画策した宗介は「帰って来る!」というばかり。
やむなく幕をあけるが、スター不在の歌謡ショウに客は騒ぎはじめる。
なんとかして間をつないでいるうちにレイ子が帰って来た。
そしてレイ子が舞台に立つや客は彼女に見とれ、ため息と涙の大合唱となった。
宗介は、間男のマナブに寛大に接し、また、レイ子をやさしく受け入れることで“勝った”と感じ、
そのことでレイ子への愛情を昂揚させているのだった。
宗介の実家は、花巻で建設会社をやっており、女グセの悪かった父親は、
現在は病院で寝たきりとなり、もう長くない。
宗介は、ちょうど新しく建つ地元のホールでの杮落としを頼まれ、
そこで、嫁さんを連れて帰ると約束していた。 しかし宗介は、照れから再び駆け落ちをけしかける。
二人を見送る晴江は微笑み、座員のすずこやジミーも一座を出て東京へ行くと言いだす。
そんな一座がガタガタの状態で、花巻公演を迎えるが、当日になってもレイ子は戻って来ない。
会場には病床の父親も点滴、酸素吸入をしながら駆けつけ、
いよいよ幕があがり、舞台で宗介が渾身の演技をするがレイ子は帰らず…。
ついに宗介は父親との約束を守るべく一座のリリーと式をあげることを決意するが、父親の容態が急変。
そして舞台には万雷の拍手に迎えられたピンスポットが灯るだけ…。
果たしてレイ子は帰ってくるのか…。
(松竹HPより)


つかさんにも錦織さんにもあまり興味はなかったのだけど、戸塚くんのフライヤーのビジュアルにひかれちょっと観てみたいなあって思い生協でA席を購入。3階席の正面でした。見切れはないんだけど、花道は全くみえなくてサイドのモニターで見る感じ。これがお値段の差ね。
つかさんの作品は蒲田行進曲を本で読んだことくらいしかないのだけど、なんか同じような系統のものなのかなって思いました。
芝居一座の話なので、劇中劇があり、その中で二役やったりするのでちょっとわかりづらいところもあったのだけど大筋はわかりました。セリフが膨大で早いのと言葉使いのせいで聞き取れないところもいくつかありました。戸塚くんの声も多分かれてしまってたのかな、ちょっと聞きづらかったです。
とにかくセリフ量がすごいなあって思いました。
高橋由美子さんがとても魅力的でした。迫力かあり男前なところもありかわいらしいところも、おどけたところも、妖艶なところもほんと素敵でした。
戸塚くんと沙紀ちゃんのタップダンスをはじめ、ダンスや歌のシーンもよかったです。
他のキャストみなさんもいききと演じていて熱量をかんじました。
下ネタっていうかエロいセリフやシーンも結構ありましたがそれがまたこの作品の雰囲気に合ってる気がしました。まさかの下剃りやとかびっくりです。
どたばたと楽しいなかに人情もののエッセンスがありラストはハッピーエンド。白無垢姿に感動の涙がでそうでした。
楽しい舞台でした。

2016/5/30  14:31

世界から猫が消えたなら  映画・ビデオ

先週、映画「世界から猫が消えたなら」を観てきました。

監督:永井聡
原作:川村元気
脚本:岡田恵和
キャスト:佐藤健 宮崎あおい 濱田岳 奥田瑛二 原田美枝子 他

映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下す。「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」の永井聡監督がメガホンをとった。人気音楽プロデューサーの小林武史が音楽を担当。(映画.comのHPより)


佐藤健くんの出る映画はほとんど見ようと思っているので映画館に行ってきました。原作も読んだことあるんですが、いまいちだったんで期待はそれほどしてはいませんでした。
泣けるというわりには、私はそれほど感動しませんでした。
でも物が消えることは単にそれがなくなるだけでなくそれにかかわる思い出も消えてしまうということが原作よりもリアルに感じられました。
健くんの演技はすごいです。二役を見事に演じ分けています。この演技を見られただけでも見てよかったって思います。

2016/5/18  16:24

THE CIRCUS!  

ORIGINAL MUSICAL
THE CIRCUS!


2016.5.15(日) 17:30開演
よみうり大手町ホール

3列21番

先日、THE CIRCUS!というミュージカルを観てきました。


企画:TETSUHARU・ 中嶋章良
構成/演出・振付:TETSUHARU
音楽:RYO SONODA
脚本:三枝玄樹

CAST:
屋良朝幸 平方元基 植原卓也 越岡裕貴(ふぉ〜ゆ〜)
蒼乃夕妃 石井一彰 高橋駿一(PADMA) 菜々香
矢田悠佑 松村雄基 他


STORY
ここは東海岸最大の都市、フォーダムシティ。イーストサイドの経済の中心であると同時に、国内最大の犯罪都市とも言われている。主人公ケント・バーンズは、裏社会を牛耳るマフィア「コッピファミリー」の取り締まりに全力を注ぐ、超俊敏麻薬捜査官だ。犯罪ゼロの街を目指す市長、アルバート・ヘイグの護衛につくことになったケントは、演説会場で怪しい男の姿を捉える。コッピファミリー率いるドン・コッピの腹心の部下で、組織のナンバー2と目されるスワンだ。スワンの後を追い、アジトへの潜入に成功したケントだったが、すぐに見つかり追われる身に。海沿いへと追い込まれ、そのまま海中に転落!
同じ頃、ストリートサーカス団「ミラージュ」の面々は、ヘイグ市長が企画した麻薬撲滅イベントに参加するためフォーダムシティに向かっていた。一座のメインアトラクションは「レインボーミラージュ」だが、ワケあって長いこと披露できてない……。街に到着した一行の前に、記憶をなくしたケントと、ミラージュを取材したいというローカル局の記者フランクが現れる。素性がわからないケントを初めは訝しく思うメンバーもいたが、ケントの人柄がわかるにつれ少しずつ信頼が生まれていった。持ち前の身軽さを買われ、ミラージュのリハーサルに参加するケント。だが、フランクがその模様を中継したテレビが、運悪くコッピファミリーの目に触れてしまい……?
(パンフレットより転載)


屋良くんのダンスと演技が観たくて行きました。SHOCKにもでているジャニーズの越岡くんも出演。あとアミューズの植原くんも好きな俳優さんなので楽しみにしていました。
アメコミ風でとっても楽しいミュージカルでした。
そしてダンスがほんと凄い。ミュージカルですからたたかうシーンもダンスです。
それから記者役の平方さん歌うまいなあって思ったら数々のミュージカルに出ている人でした。高橋駿一さんは初めてみたのですが、アクロバットがすごい。ダブルダッチパフォーマーなんだとか。
そして松村雄基さん出てました。さすがに踊りませんが貫禄あります。多分松村さんって私と同じ年だよなあ。あいかわらず素敵です。

ストーリーは見ていて結末がまあそうだろうと思ったわっていうわかりやすい流れでしたが続編ができそうな終わり方です。
キャストのキャラ設定がしっかりしていてそれぞれが魅力的でした。
また今回は席が前の方だったので、ほんとに間近で見れて、屋良くんの横顔にうっとりしちゃいました。

2016/5/18  13:59

読書記録  

消滅世界
村田沙耶香/著
河出書房新社 2015年12月


クリックすると元のサイズで表示します

「セックス」も「家族」も、世界から消える……人工授精で子供を産み、無菌の家族をつくる、人間の本能の行方は? 日本の未来を予言と話題騒然!(e-honのHPより)

セックスによる妊娠から人工妊娠による妊娠になった近未来。夫婦間のセックスは近親相姦となり恋愛は他に恋人をつくったりキャラとだったりする。つまり結婚とは子どもを育てるためになるようなもので兄弟のような感覚。また実験都市では計画的に子どもが作られる。男性も人口子宮をつけ人工授精で妊娠し出産して住人みんながおかあさんとなり、生まれた子どもは特定の人の子どもではなく社会の子どもちゃんとして施設で平等に育てられる。
突飛な発想に驚きつつ読んでしまいました。少子高齢化がすすみ、セックスをあまりしない人が増えているといわれている今、将来的にありうることかもしれないと少なからず思ってしまいます。
夫婦とはなにか親子とはなにか家族とはなにか考えさせられます。

2016/5/12  17:17

ジャニーズ銀座2016  ジャニーズ関係

5/10 ジャニーズ銀座(通称クリエ)E公演を観てきました。

ジャニーズ銀座2016
2016年5月10日(火) 18:00開演
シアタークリエ
17列7番

出演 MADE(秋山大河 稲葉光 冨岡健翔 福士申樹)
ジャニーズJr.(岸孝良 寺西拓人 原嘉孝 横原悠毅)

セットリスト
01.Bonnie Butterfly(KinKi Kids)
02.MADE IN JAPAN(V6)
03.Dear WOMAN(SMAP)
04.迷宮ラブソング(嵐)
05.Friendship(相葉雅紀) 福士ソロ
06.Love Situation(嵐)
07.WORLD QUEST(NEWS)
08.Keep the faith(KAT-TUN)
09.サワレナイ(嵐)
10.Feel It(TOKIO) 稲葉ソロ
11.Disco Star(相葉雅紀)
MC
12.さくらガール(NEWS)
13.ツキノミチ(KAT-TUN) 冨岡ソロ
14.KAGUYA(NEWS)
15.IZANAMI(薮宏太)
16.DONT'T U EVER STOP(KAT-TUN) 岸 寺西 原 横原
17.ボクラ〜LOVE&PEACE(A.B.C-Z) 岸 寺西 原 横原
18.ポコポンペコーリャ(NEWS)
19.EYES WITH DELIGHT(嵐)
20.Remedy(増田貴久) 秋山ソロ
21.SuperSONIC(NEWS)
22.ひと夏の…(タッキー&翼)
23.三十路少年(関ジャニ∞)
24.愛を叫べ(嵐)
25.ありがとう(SMAP)
アンコール
26.Love so sweet(嵐)
27.恋祭り(NEWS)



同じ公演に入るお友達と銀座のカフェで待ち合わせをして軽食をとってからいざクリエへ。
今回の私の席は下手ブロックの後列でしたが通路脇。まあクリエは後ろでもよく見えます。双眼鏡もあまり使いませんでした。
グッズのペンライトは買うつもりはなくKinKiのを持っていったんですが、実物を見てやっぱり購入。これJr.とかが持つという演出あったらほしくなるよねな〜んて言ってたらほんとにそういう演出あって、買って正解でした。

客電が落ち、MADEのアナウンス「当MADEカフェへようこそ」そして4人のシルエット。幕があがりMADE4人登場。全員メガネをかけていて、一瞬誰が誰だか区別がつかなかったです。ちょっと韓流アイドルみたいなんて思ってしまった。で、1曲目は聞き覚えのある曲。KinKiの曲でした。でも名前が出てこなくてずーーとなんだっけなってひっかかってて帰り道に急に思い出したという。そうBonnie Butterflyでした。3曲目でバックのJr.の4人も登場。岸孝良くんいました。
白いシャツに燕尾服のような黒ベストに黒パンツ。もう似合い過ぎ。最初から笑顔満載ででした。
ハンドマイク持って歌ったり、小芝居まじえたりほんと楽しそうでした。
カフェの店員のエプロンを腰につけた姿もかっこいい。似合ってる。
Disco Starでは孝良くんは下手の真ん中のドアから出てきてステージに。アフロヘアーでめがねででてきたからびっくり。本人もほんとノリノリで楽しそうなのでこちらもにこにこ。
MADEはメイドのエプロン姿でそのかっこのままMCに。ぬぐのを孝良くんも手伝うんだけどなかなかうまくいかなくて手間取ってしまうのもご愛敬。マイク持ってたしね。
MCで、Jr.の紹介と見学の紹介。NEWSの小山くん、加藤くん。They武道の江田ちゃんと山亮。
あとNEWSツアーに一緒についてるはるはるとかも数人いました。
小山くんはeveryあがりで来たのでトイレをがまんしてたらしく、今行ってもいい?と席をはずし、しげはさくらガールのフリ間違えたよなって言うんだけど、曲名違ってって自分の曲なのにって言われる始末。でも仲がとってもよさそうでした。
今回の振り付けは秋山くん、衣装は稲葉くんが担当したとか。
それから私も知らなかった横原くんは今月末でやっと入所1年の19歳の子。1年にみえないほど落ち着いたダンスをするイケメンくんでした。
孝良くんの自己紹介ではいきなり稲葉くんのCRネタの「100人乗っても?」(「大丈夫」)って言うからびっくり。おかげで岸孝良って言ったのがみんな聞き取れてないよって思ったら寺西くんか原くんに言われて名前言い直してました。
ツキノミチでは冨岡くんがソロで歌いはじめたら上手から一人綺麗なダンスででてきておおって思ったら孝良くん。
そのあと赤い布がでてきて和傘でKAGUYA。まるで舞台のような演出で素敵でした。
バックのJr.コーナーはDONT'T U EVER STOPとボクラ〜LOVE&PEACE タイプのちがう2曲でここはきっとこの4人で考えたんだろうなあと思うと感慨深かったりします。
あと1番印象に残ったのがRemedyとSuperSONICの2曲。ダンスが激しいの。で、かっこいい。腰回してるし…wwダンスはやっぱり秋山くんすごくうまいなあって思ったけど、孝良くんもうまいです。ひいき目かもしれないけど、秋山くんの次くらいにうまいと思ったんですけど。絶対SHOCKの成果でてると思う。
ペンライトを使った演出は恋祭り。もう一緒に振り回しました。
そうそう客席通路のお立ち台にくる曲が何曲かあったんだけど孝良くんがお立ち台に来るときは上手通路をとおり上手の一番はじだったんで私の位置からは一番遠くだったんだけど、お顔はしっかりみえました。そんななか一度だけ下手のお立ち台に来た時があり、その時友達に手を振ってるのを見ました。よかったね〜!! そのあと私のところの通路にもきて、ちょうど横でとまったんだけど反対側の人にファンサして、こっちはむいてもらえなかった。近過ぎて目に入らなかった? とっさに腕をおさわりしちゃったけどね。
そんなこんなで年甲斐もなく興奮しまくりました。
MADEの4人はバックのJr.にも見せ場をたくさんつくってくれてバックなんだけどバックじゃない一緒に作ってる感があってすごくよかったです。もちろんMADEの4人もちゃんと自分たちを出していてそしてファンに対する感謝の気持ちがとってもよく伝わってくるステージでした。
孝良くんも翌日の2公演でもMCでたくさん話したようだし、なんかメインメンバーだった昨年同様活躍できたんじゃないかなって思います。

2016/5/12  17:01

京成バラ園  

5月7日 家にきていた母とやちよ京成バラ園に行ってきました。
電車とバスを乗り継いで行ってきました。
ローズフェスティバルは5/7〜6/5ですが、まだこの日は3割程度しか咲いてませんでしたが癒されました。
ぜひ満開のころまた行けたらいいなあって思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

八千代市のキャラクターのやっちが来てました
クリックすると元のサイズで表示します

2016/5/12  15:49

鬼怒川旅行2日目  家族

5/4 ホテルをチエックアウトしたあと、日光江戸村へ。朝9時くらいまで雨が降っていましたが、そのあと晴れてきてよかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

日光江戸村は江戸の町が再現されていて、体験処、お遊び処、劇場、お食事処、お土産処がいくつもあり、1日ではまわりきれないほどでした。
衣装の貸し出しもあり、子どもだけでなく大人も、忍者やお侍、お姫様などいろいろなコスプレをしてる人が多く面白かったです。体験は子どもたちで混みあってたので、劇場中心にまわりましたが、上演時間よりも早めに並ばないと満席になってしまうので大忍者劇場と水芸座、両国屋の3つしか見られませんでした。
20分〜30分位で、大忍者劇場は忍者の殺陣が迫力満点でした。水芸座では最前列なので水をかけれてしまいました。両国屋では仇討ちを題材としていましたが笑いがいっぱいのお芝居。どれも楽しかったです。
他にはお化け屋敷のような地獄寺にはいったり、小伝馬町牢屋敷や江戸生活文化伝承館を見学しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして帰りは鬼怒川温泉駅から特急スペーシアの券がとれたのでゆったり帰ってきました。

2016/5/12  14:26

鬼怒川旅行1日目  家族

今年もGW中 5/1〜8まで実家の母を家に連れてきました。
それで、平日は仕事中は留守番をさせちゃったのですが、3日〜4日鬼怒川温泉に母と二人で行ってきました。
ホテルは2ヶ月位前に予約しておいたのですが、交通手段をどうしようか具体的に考えたときには行きたい時間の特急券が満席になってしまっていたので快速で行くことにしました。30分も違わないし1500円位安く行けるしまあいいかって思ってたのですが2時間座れないのは母にはつらいだろうと思い、始発の浅草に早めに行き並んでなんとか座席をゲット。通勤電車並みに混んだのでほんとに座れてよかったです。

鬼怒川温泉駅からバスで東武ワールドスクウェアへ
クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどお昼だったのでまずはランチ。
日光湯波処「平安」にて
クリックすると元のサイズで表示します
京都では湯葉って書くけど日光は湯波なんだそうです。引き揚げ方が違うので食感も違うようです。
ワールドスクウェアは世界の有名な建築物や遺跡などを25分の1の縮尺で再現されているテーマパークです。本当に精巧に作られていて楽しめました。

よく行くおなじみの東京ドーム、代々木体育館もありました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

世界旅行したつもりで写真とりまくりましたがこれはほんの一部
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後ホテルにチエックイン
クリックすると元のサイズで表示します
ホテルの近くを散策。足湯もあったのですが、ちょうど終わりの時間でした。
温泉饅頭を買ったりしながらぶらぶらしました。
クリックすると元のサイズで表示します

夕食は部屋食にしたのでゆっくりできました
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルから徒歩5分位のところにある貸切の個室露天風呂「鬼燈亭」へ
クリックすると元のサイズで表示します
50分なのであわただしいかなあって思ったのですが、結構ゆっくりできました。

夜遅くに私はホテル内の大浴場と温泉にも入りましたが、母はもう疲れちゃって寝てました。





2016/5/12  13:25

KAT-TUNコンサート  ジャニーズ関係

5/1のコンサートを持って充電期間に入ったKAT-TUN
私は4/30に娘と見てきました。

KAT-TUN
10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”


2016.4.30(土) 18:00開演
東京ドーム

22ゲートスタンド1塁側22通路7列87番


セットリスト
01.GOLD
02.Real Face
03.BIRTH
04.THE D-MOTION
05.ONE DROP
06.WHITE
07.PERFECT
08.春夏秋冬
09.DON'T U EVER STOP
10.MOON
11.In Fact
12.NEVER AGAIN
13.僕らの街で
14.KISS KISS KISS
15.Will Be All Right
16.ハルカナ約束
17.RESCUE
18.LIPS
19.YOU
20.White X'mas
21.Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜 亀梨和也
22.CHANGE UR WORLD 上田竜也
23.STAR RIDER 中丸雄一
24.Going!
25.不滅のスクラム
26.RUN FOR YOU
27.TEN-"G"
28.RAY
29.Dead or Alive
30.BOUNCE GIRL
31.4U
32.TRAGEDY
33.UNLOCK
34.君のユメ ぼくのユメ

35.GREATEST JOURNEY
36.喜びの歌
37.Keep the faith
38.Peacefuldays
39.PRECIOUS ONE

40.BRAND NEW STAGE


今回の席はスタンド席でしたがバクステ近くで、前から4列目。ネットもはずされてたのでとても見やすい席でした。バクステに来たときは東京ドームなのに舞台の前列のようによく見えるし素敵な席でした。
あと久しぶりの1階スタンド席。座席シートが新しくなっていて座り心地よかったです。

KAT-TUNが登場した時、ああ3人!こんなに広い空間にたった3人。って悲しくなりました。でもライブが進行されるにつれそのさびしさは全然感じなくなりました。10周年ということで懐かしい曲、懐かしいコント。ほんと楽しかったです。
でも充電に入るってことはこの楽しい素敵な景色しばらくはみられないんだっていうことに気付きまたさびしい気持ちになってしまいました。
KinKiのバックで踊っていたKAT-TUN。東京フォーラムでの初めてのコンサートも行きました。最初は娘は亀ちゃん、私は仁くんが好きでした。デビューが決まった時は嬉しかったなあ。その後、横アリのコンサートで田口くんの王子さまぶりに惹かれました。仁くんが抜け聖くんが抜け、そして田口くんが抜け、結構ショックをうけたのは事実です。
でも亀ちゃんの挨拶で、仁くんや聖くん、田口くんの名前が出てたとき泣きそうになりました。それぞれが別の道に進んでもKAT-TUNが存在してたことは事実で私たちをほんとにたくさん魅了させてくれました。
10周年おめでとう。そして新たな出航を心待ちにしたいと思います。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ