2016/12/22  21:26

クロスハート観劇2回目  

12/18 またクロスハートを観てきました。

A NEW MUSICAL
CROSS HEART

2016.12.18(日) 13:00開演
Zeppブルーシアター六本木

13列10番

2回目で、ストーリー展開はわかっていましたがドキドキハラハラしてやっぱり泣かされてしまいました。
優馬くんは、大学生の一之瀬悟、セザール、セザールの姿のリュックの3つの役をうまく演じ分けしてました。またセザールの姿になってとまどう悟からセザールに同化してしまった瞬間の表情の変化はすごいって思いました。
それから今回は寺西くんの立ち姿や晩餐会でのダンスの姿勢のよさに感心しました。SHOCK出演がきまっており楽しみです。


2016/12/21  22:39

ハンサムフェスティバル  

先日、娘とアミューズのハンサムフェスに行ってきました。

Amuse Presents
HANDSOME FESTIVAL 2016


2016.12.17(土) 19:00開演
TOKYO DOME CITY HALL


アリーナ1列12番

出演者
青柳塁斗 石賀和輝 石原壮馬 伊藤直人 植原卓也
太田将熙 甲斐翔真 金子大地 神木隆之介 許峰
小関裕太 桜田通 SANGMIN SEYOUNG 戸谷公人
富田健太郎 平間壮一 正木郁 松岡広大 松島庄汰
水田航生 溝口琢矢 吉沢亮 吉村卓也 渡部秀
(株元英彰)


セトリ
01.PARTY RIDE
02.SO Free!
03.Brand New World
MC
04.キムノリズム
05.Flash(Perfume)
06.SHi-tai!(CROSS GENE)
07.ミュージックアワー(ポルノグラフィティ)
08.それがすべてさ(福山雅治)
映像
09.PERFECT HUMAN(RADIO FISH)
10.PLESURE FLAG(Dear Dream)
11.ARRIVAL(KUROFUNE)
12.ユレルmidnight(Dear Dream)
13.Dream Greeting(Dear Dream)
14.SIGN
映像
15.THRILL
16.White Serende
17.Butterfly
18.君だけのHERO
ゲーム
19.Festival Night
20.THIS IS THE TIME
21.BANG!
22.無礼講!!!
23.Feel The Same
24.ベストスマイル
アンコール
25.YES! WE CAN!
26.Never Let Go!
あいさつ
27.ALICE

(DEAR MY GIRL)


アミューズの若手俳優さんたちのハンサムライブ、去年は開催されなかったので2年ぶり。そしてハンサムフェスティバルと名前も変わりました。
今回の場所はTDCホール。
入場時にチケットを出してと座席券を発券してもらうシステムなので席は入るまでわかりませんでした。特に期待せず入場したらなんとアリーナ席でしかも最前列。びっくりしました。
ステージのはじでしたがとーーっても近くにメンバーをみることができて大興奮。
今回も歌(ほとんどがダンスあり)とゲーム。ゲームはキュンハイ(お題にだされたシチュエーシ
ョンに対して胸きゅんなセリフをいうというもの)
この公演ではサンミンVSセヨンで女子役が溝口くん。2回戦が吉沢くんVS壮馬くんで女子役が神木くんでした。
他の公演の対決も見たかったなあ。
歌はハンサムオリジナルの曲中心でパヒュームやポルノの曲などもやりました。恋ダンス期待してたのになくて残念。
それからゲームのドリフェスのユニットDear Dream(石原 太田 富田 溝口 正木)やKROFUNE(戸谷、株元)の曲もありました。株元くんは特別ゲストって感じで参加になりました。
ドリフェスのファンミはちょっと行けないのでハンサムで数曲聞けてよかったです。
今回はグッズのペンライトがあり、点灯カラーは15色で自動制御で演出によって色がかわり、奇麗でした。
それにしてもみんなすごく踊ってました。俳優さんだけどミュージカルに出てる人たちも多いし、うまいのも納得です。
メンバーの感謝の気持ちがとってもつたわってきたいいライブでした。
笑顔たくさんいただきました。
そして終わったあとにDEAR MY GIRLが会場に流れると観客が大合唱して(メンバーはでませんが)終わりなんか温かい気持ちになりました。

2016/12/14  16:24

クロスハート  

12月11日に娘とクロスハートというミュージカルを観てきました。

A NEW MUSICAL
CROSS HEART

2016.12.11(日) 13:00開演
Zeppブルーシアター六本木

2列27番

作・演出・振付:玉野和紀
キャスト:
中山優馬 屋良朝幸
唯月ふうか 大湖せしる 
中河内雅貴 大山真志
諸星翔希 寺西拓人
蘭乃はな 福井貴一
玉野和紀

STORY
時は現代。とある大学に、フランスの歴史を研究するサークルがあった。学生たちと教授は、何故かある時代のフランスの歴史に強く惹かれるものがあった。
ある日、教授のもとに、差出人不明の荷物が届く。そこにはフランスの歴史資料が入っていた。さらに資料の中には、ある女性の書いた手記が入っていたのだった。教授はその手記を基に、学生たちと共に演劇で再現しようと試みる。次第に演技に熱が入る学生たち。
ふとした瞬間、「100年戦争」の真っただ中、1428年のフランスにタイムスリップしてしまう。
そして学生たちは、歴史の流れに翻弄されながら互いに敵対しあい、歴史に背くものと理解しつつも自らの宿命・愛・友情に揺れ動きながら、突き進む…。果たして、彼らの運命は如何に!?
(公式HPより)


今回の席は2列目のほぼ真ん中だったので迫力満点でした。殺陣のシーンが多かったので余計です。
あらかじめストーリーを読んでみたのですが、いきなり1428年のフランスのシーン。
そして悲しい結末から一転して現代の大学のシーン。冒頭からの結構長いこのシーンは学生たちが聞いた話という設定。そして、この話でミュージカルをしようとなります。でもタイムスリップしてしまうのは優馬くんだけです。
そしてなぜそういう結末になったか、またタイムスリップすることによりどうかわったのか。
その過去の話の結末ではとても悲しい思いになりそしてまさかの展開。
で、現代にもどり、現代の運命がかわりハッピーエンド。
現代の人たちが過去の物語の人物の生まれかわりということなんですね。
自分だったらどういう選択をするのか、どういう選択が正解なのか悩みながら観ていました。そしてほんとにつらく悲しい。
でもところどころにコミカルなシーンももりこまれています。最後まで話にはいりこんでしまいました。とても面白かったです。
また玉野さんのタップももちろん見られてよかったです。
優馬くんはほんときれいな顔立ちで華があり舞台ばえしますし、こういう葛藤し苦悩する役がとっても似合います。
屋良くんはやっぱりダンス、殺陣、歌とレベルが高くさすがだなあと思いました。
せしるさん、はなさんも綺麗でうっとり。せしるさんはかっこよかったです。はなさんはエリザベートで見た時より歌がうまいなあって思いました。でも唯月ふうかさんがすごくかわいくて印象的でした。あとで調べたらピータパンの子だったんですね。けがも治ってよかったです。
そうそうジャニーズJr.の諸星くんと寺西くんもでてました。セリフも歌もダンスも難なくこなし、活躍してました。キャストの仲の良さが伝わってきました。カーテンコールの寺西くんの立ち方がきれいだなあって思いました。
中河内さんはダンスキレキレだったし、安定感がありました。大山さんは歌がうまいし、コミカルな演技さすがでした。福井さんはとても聞きとりやすいなあって思いました。
玉野さんのクラブセブンが好きでここ数年行っていますが、このクロスハートの前身となったワンハートは見てなかったので今回見られてよかったです。しかも優馬くんと屋良くん主演で。

2016/12/14  15:59

本の読み聞かせ  

昨日は読み聞かせの日でした。
5年生で、3人で行ってきました。

1冊目
いしゃがよい                             
さくらせかい/作・絵   福音館書店  2015年5月

クリックすると元のサイズで表示します
山で迷子のパンダを見つけたエンさんは、ファンファンと名付けて育てます。エンさんは体の弱いファンファンを自転車に乗せて、山を二つ越えて医者通いします。やがて、ファンファンは、大きく丈夫に育ち、今度は年老いたエンさんを自転車に乗せて医者通い。ふたりの温かい交流を描きます。

2冊目
しょうじき50円ぶん                           
くすのきしげのり/作  長野ヒデ子/絵 
廣済堂あかつき  2015年11月
クリックすると元のサイズで表示します               
弟とたこ焼きを買って帰ってみると、おつりが 50 円多かった。正直に言って、たこ焼き屋のおじさんに返すか、それとも、知らん顔してもらっておくか。
さて、どうしよう?
町の大人との関わりが、兄弟の心の成長を後押しする、さわやかな物語。
人情味あふれる読後感がすがすがしい絵本。
小学校道徳の教材としてよく知られた作品の絵本化です。


3冊目
どうぶつさいばん ライオンのしごと                
竹田津 実/作  あべ弘士/絵  偕成社  2004年8月
クリックすると元のサイズで表示します
タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。


私は2冊目を読みました。おつり問題ね、まあまあよくあることです。リアルな話なので集中して聞いていました。3冊目はよく5年生で読んでるのですが、お若い先生の方が関心もって聞いている感じでした。1冊目はほっこり系ですが子どもより私たちの方がじんわりするのかなあって思いました。


2016/12/5  15:47

やまぴーのコンサート  ジャニーズ関係

昨日は急遽チケットが手に入ったのでやまぴーのコンサートに行ってきました。

FUTURE FANTASY
TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 in YOYOGI


2016.12.4(日)13:00開演
国立代々木競技場第一体育館

スタンド南Jブロック2階14列2番

セトリ(ネットより)
Let it go
Party’s on
One in a million
Hello
Dress code
Blood Diamond credit http://otocura.com/
Birthday Suit
Everybody’s up (ギター)
君の瞳の中に見えた丸くて青い星(ブルースハープ)
戻れないから
Ice Cream
パレード
Your Step
Can Do! Can Go!
サワレナイ
明日に向かって
今すぐに
抱いてセニョリータ
Loveloess
ブローディア
B-A-N-G
Nocturne
Tokyo Sinfonietta
踊る夜
ラブチェイス
touch You & party don’t stop(ミックス)
Dreamer
〜〜アンコール〜〜
はだかんぼ
Turn Off The Lights
Dance Jam


席は2階スタンドのメインステージよりのはじの方だったので、メインステージの高いところはスピーカーなどの機材で全く見えなかったのは残念でしたが、他はばっちり見えました。
2年半ぶりのコンサートというやまぴーはとても嬉しそうでファンへの感謝がとてもよく伝わってきました。花道やトロッコ移動などの時、多くのファンに指をさし目線をあわせてる様子が上から見えました。MCでも素直な言葉で喜びと感謝を伝え、とてもかわいくもあり好感もてました。
パフォーマンスではすっかり大人な感じでおしゃれで素敵だったり、C&Rではおちゃめだったり、ペンライトによる振りをみんなでやる曲もあったり(ダンサーさんによる振り付け講座あり)
楽しかったです。ダンスもほんと素敵でした。ギターやドラムも演奏しました。
バックはほとんどが外部ダンサーさんで、一人一人名前の紹介もありました。
Can Do! Can Go!から3曲くらいかは、小さいJr.がでてきて、その子たちを温かい目でみながら一緒に踊るやまぴーの優しい笑顔が印象的でした。
でもなんといってもやまぴーのお顔の美しさ。ほんとに綺麗でずっと見ているだけで幸せな気持ちになります。
やまぴーのファンはsweetiesというのかな。やまぴーも言ってたけど小さい子から年配の方男性もいて、双眼鏡で上から見ていると私と同年代以上のおばさまたち(マダムたち?)が乙女の顔になってました。
やまぴーが向きをかえるたびそちらの方向から歓声悲鳴があがり、テンションもあがりました。
大人なやまぴーがかわいい一面を時折みせてくれるそんな素敵なライブでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ