2018/7/23  22:28

マクガワン・トリロジー  

7/22に娘とマクガワン・トリロジーを観てきました。

マクガワン・トリロジー

2018.7.22(日) 13:00開演

世田谷パブリックシアター

A席 3階A列3番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

作:シーマス・スキャンロン
翻訳:浦辺千鶴
演出:小川絵梨子
出演:松坂桃李 浜中文一 趣里 小柳心 谷田歩 高橋恵子

story
IRA=アイルランド共和国の内務保安部長、ヴィクター・マクガワン。彼はその冷酷さから、組織の殺人マシーンとして出世してきた。
1984年、ベルファストのバーにて、ヴィクターはIRAメンバーであるアハーンが敵に情報を漏らした疑いを持ち、探りを入れる。尋問は、司令官のペンダー、バーテンダーのバーマンを巻き込んで、エスカレートしていき……。
'85年、メイヨー州の湖畔。ヴィクターは車のトランクから一人の女を連れ出してくる。女は彼の幼馴染であった。彼女が一体何をしたというのか、彼は彼女を手に掛けるため、二人の故郷であるこの湖を処刑場に選んだのだった……。
'86年、ゴールウェイ州の老人施設で、ヴィクターは母親と対面する。痴呆の母は、ヴィクターを夫や他の兄弟と間違え、乱暴者のヴィクターは大嫌いだったと話す。母の言葉に苛立ちを募らせるヴィクターだが、やがて母は彼にある事実を告げ……。
 ―これは、ヴィクター・マクガワンの暴力性と悲しみに満ちた3年の歳月と、暴力が彼自身をも壊していく過程を、三部に渡って辿る“悲劇”である―
(フライヤーより)


「狂気のダンス」「濡れた背の高い草」「男の子たちが私の前を泳いで行った」という関連した三部からなる構成されたお芝居です。
ヴィクター・マクガワンは松坂桃李くんで、「狂気のダンス」では浜中くん、小柳さん、谷田さんとの4人でのお芝居。「濡れた背の高い草」では趣里ちゃんとの二人芝居。「男の子たちが私の前を泳いで行った」では高橋恵子さんとの二人芝居です。
いきなりちょっといっちゃった狂暴なキャラの演技の桃李くんにびっくり。アイルランドのその時代背景をあまり理解してなかったので少し難しかったです。固有名詞とかいろいろでてきたけど、ちゃんと全部理解できてたらもっと楽しめたかもしれません。想像しながら観てたのでまちがってるかもしれません。
二部では趣里ちゃんとの会話に切なさとか悲しみとかがつたわってきました。一部から二部、三部とヴィクターの心の葛藤、変化がうかがえ、人らしい感情があることに少し救われた気持ちになりましたが悲しいお話でした。
そんななかでもところどころクスッと笑えるところもあり、特に文ちゃん(浜中くん)がその役割を充分になっていました。


2018/7/11  22:29

本の読み聞かせ  

7月10日の本の読み聞かせは2年生でした。二人で行ってきました。かなり暑い中、自転車で行ったせいもあり、汗だくでの読み聞かせ。したたる汗をふきふき読みました。メガネもくもりかけあせりました。長年やっていますがこんなに汗をかきながら読んだのははじめてです。気温も高いうえ、年齢的なものもあるのかもしれません。こどもたちは暑い暑いともいわず、しっかり聞いてくれて感心しました。

読んだ本は
1冊目
うらしまたろう                             
秋野不矩/画  時田史郎/再話  福音館書店  1974年3月

クリックすると元のサイズで表示します
誰もが一度はふれたことのある昔話だけに、数多くの資料にあたり、長く読みつがれるにふさわしい内容と文体で再話しました。美しい絵が物語を盛りあげます。


2冊目
ねえどっちがすき?                          
安江リエ/文  降矢奈々/絵   福音館書店  2003年3月

クリックすると元のサイズで表示します
目玉焼きと卵焼き、リンゴとバナナ、ぶらんこと滑り台、どっちが好き? 楽しくてすてきなものたちから、どれか一つを選ぶとしたら? 嬉しくて、とっても難しい「究極の選択」をリズム感あふれる文で問いかけます。

3冊目
はちうえはぼくにまかせて                       
ジーン・ジオン/作  マーガレット・ブロイ・グレアム/絵  森比左志/訳  
ペンギン社  1981年

クリックすると元のサイズで表示します
夏休みに近所の人の鉢植えの世話を始めたトミー。家中にたくさんの植木鉢があふれ、植物もどんどん大きくなっていきます。そこでトミーが考えたのは・・・トミーのアイデアにみんな大喜び!


私は1冊目でした。よく知っているうらしまたろうのお話ですが、助けた亀はおとひめさまの化身だったのですね。私の覚えていて話と違っていて昔話にはいろいろあるということを再認識しました。子どもたちは違和感なく聞いていました。
2冊目ではみんなも声だしていいよって言ったらどっちが好きか大きな声で答えてくれて結構もりあがりました。
3冊目は夏休みのお話なのでみんなも興味もってくれたらいいなあと思いました。
このクラスはとても元気がよいクラスでしたがちゃんと聞くところは聞けるクラスで終わったあとの感想も自主的に手があがりました。(日直さんが感想を述べるクラスもあります)





2018/7/1  14:53

銀河鉄道999  

先週、舞台「銀河鉄道999」を観てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台「銀河鉄道999」〜GALAXY OPERA〜

2018.6.24(日)12:00開演
明治座

2階5列13番 999シート

原作・総監修:松本零士
脚本:坪田文
演出:児玉明子
映像演出:ムーチョ村松
出演:
中川晃教 ハルカ 染谷俊之 矢沢洋子 雅原慶 美山加恋
入野自由 お宮の松 小野妃香里 塚原大助 凰稀かなめ
平方元基 他

プロローグ
“男”が描き出した物語・舞台『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜
「男には夢がある」。幕が開くと、ある“男”がいる。“男”の持つペンから、少年:星野鉄郎が生まれた。一つの夢を追い求める少年の周りには、女:メーテルが、冒険の英雄:キャプテン・ハーロックが、共に戦う女:クイーン・エメラルダスが描かれ、この物語は始まる。スラム街を抜け出し999号で宇宙へ旅立つ鉄郎と、九州から東京へ旅立つ“男”には、夢があり、野望がある。やがて、“男”が描く物語の中で、鉄郎は出会いや別れを繰り返し、“永遠の命”について考え、葛藤する。暗闇の中で迷う鉄郎を導くため、“男”はついに物語の中へ―。

ストーリー
永遠とは、幸せとは、生きるとは―。鉄郎が葛藤の末に見つけるものとは―。
裕福な人々は、自らの身体を機械に換えた“機械化人”となり永遠の命を謳歌する世界。貧しい人々は弱く、機械化人の支配に怯えていた。機械伯爵(染谷俊之)の人間狩りにより母(小野妃香里)を殺された16歳の星野鉄郎(中川晃教)は、母の望みである機械の体(=永遠の命)を手に入れるため、機械伯爵への復讐を果たすため、謎の美女メーテル(ハルカ)とともに銀河超特急999(スリーナイン)号に乗り、機械の体をくれるという星を目指す。宇宙を駆ける999号には、奇妙な車掌(お宮の松)さんやガラスの身体を持つウエイトレスのクレア(美山加恋)がいた。大宇宙を駆けることは、鉄郎たち少年の憧れ、宇宙海賊キャプテン・ハーロックや、女海賊クイーン・エメラルダスのように、自由に、永遠に、星の海を旅することだ。鉄郎は、胸の高鳴りを覚えながら地球を旅立つ。そして、銀河鉄道の途中停車駅や停車する惑星で、多くの星や人々と出会うことになる・・・。大盗賊アンタレス(塚原大助)から宇宙で生き抜くための鉄則を学び、トチローの母(小野妃香里)から戦士の銃を授かる。生身の体が恋しいと嘆く氷の墓の管理人シャドウ(雅原慶)や、夢や希望をもっていた頃の機械伯爵を忘れられずなお愛し続けるリューズ(矢沢洋子)。機械伯爵がいる時間城の場所を知る女海賊クイーン・エメラルダス(凰稀かなめ)、アルカディア号で宇宙を駆けるキャプテン・ハーロック(平方元基)・・・。多くの人との邂逅・・・。鉄郎は、ハーロックの親友でアルカディア号の設計者である伝説のメカニック大山トチロー(入野自由)に導かれ、限りある命の美しさに気づいていく。
(公式HPより転載)


中川さんが出演するというので取ったチケット。まあ999はテレビアニメで見ていたのでなんとなく知ってはいましたが、キャラクターのビジュアルをかなりよせてきていて楽しかったです。
中川さんはほんと少年でした。
エメラルダスとハーロックはほんとかっこいい! 二人が登場すると舞台が華やかになります。
メーテルは自分の持っていたイメージとちょっと違ったかな。でもまあストーリーもそんなにしっかり覚えてはいなかったので。機械伯爵もなんか美しすぎてちょっと感情移入しちゃいました。キャストのみなさんはほんと歌もうまく、リューズの矢沢さんは矢沢栄吉さんの娘さんだったんですね。あとで知りました。シャドウ役の方は初めて観たんですが、存在感があってひきつけられました。演技力すごいなあって。
今回の舞台は家族できてたり子どもがきてたりしましたが、内容的にはちょっと難しいのではと思いました。難しく深いテーマを短時間でまとめてあるのでちょっとものたりなさもあり、エンターテインメント的にもいまいちで、原作を知らない人にはちょっとつまらなかったんじゃないかなあと思ったり。現に近くの席の若い男性寝てましたもん。
でも私はちょっとなつかしくもあり、なにより中川さんの歌声を堪能できたし、凰稀さんの姿にほれぼれしましたし楽しめました。



そしてお土産に限定品のねじチョコを買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ