2018/12/31  23:34

2018年備忘録   

2018年
2月
 物置、ベッド他粗大ごみ処分し、模様替え
 夫のタイ出張(11日間)
 ピアノ調律
4月
 55型テレビ購入
5月
 母と箱根旅行(2泊3日)
 義父一周忌法事
 夫のタイ出張(8日間)
 家屋定期点検
 人間ドッグ(オプション脳ドッグ、マンモグラフィー、動脈硬化検査)
6月
 姪に女児誕生
7月
 娘の引っ越し(杉並区→渋谷区)彼氏と同居開始
8月
 花火大会に息子と彼女、娘と彼氏もきて一緒に観覧
 風呂給湯器リモコン交換工事
9月
 パーソナルカラー診断
10月
 姪に女児と男児の双子誕生
 娘の彼氏が結婚の挨拶に来宅
 骨格診断
11月
 ママ友会久しぶりに復活
12月
 夫のタイ出張(5日間)
 

2018/12/31  16:00

2018年ライブ・舞台鑑賞記録    

2018年の鑑賞記録

1.2(火)11:00 新春浅草歌舞伎(浅草公会堂)
1.13(土)19:30 ショーガールVol.2(EXシアター六本木)

2.11(日)13:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

3.4(日)13:00 ミュージカル HEADS UP!(TBS赤坂ACTシアター)
3.15(木)14:00 ミュージカル 少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜(CBGKシブゲキ!!)
3.18(日)18:00 Endless SHOCK(帝国劇場)
3.22(日)13:00 Endless SHOCK(帝国劇場)

4.1(日)13:00 SHOW HOUSE GEM CLUBU(シアタークリエ)
4.8(日)13:00 滝沢歌舞伎2018(新橋演舞場)
4.20(金)18:00 KAT-TUN LIVE 2018 UNION(東京ドーム)
4.21(土)17:00 INNOVATION OPERA ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜(東京文化会館大ホール)
4.22(日)14:00 中川晃教 Symphonic Concert 2018 Spring has Come.(市川市文化会館大ホール)

5.12(土)12:00 ミュージカル 1789−バスティーユの恋人たちー(帝国劇場)
5.13(日)13:00 JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT(東急シアターオーブ)

6.10(日)12:30 ミュージカル モーツァルト!(帝国劇場)
6.16(土)18:00 Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me(東京ドーム)
6.21(木)14:00 ORIGINAL MUSICAL THE CIRCUS! EP2(よみうり大手町ホール)
6.24(日)12:00 銀河鉄道999〜GALAXY OPERA〜(明治座)

7.22(日)13:00 マクガワン・トリロジー(世田谷パブリックシアター)
7.25(水)18:00 ミュージカル KNIGHTS'TALE-騎士物語-(帝国劇場)

8.11(土)18:00 ミュージカル KNIGHTS'TALE-騎士物語-(帝国劇場)
8.19(日)13:00 ローリング・ソング(紀伊國屋サザンシアターTAKASHINAYA)

9.7(金)18:30 関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST(東京ドーム)
9.9(日)13:00 ミュージカルJERSEY BOYS(シアタークリエ)

10.8(月)13:00 A.B.C-Z 2018ジャニーズ伝説(日生劇場)
10.14(日)11:30 浪漫活劇るろうに剣心(新橋演舞場)
10.21(日)17:00 ドリフェス!Preesents FINAL STAGE at NIPPON BUDOUKAN「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」(日本武道館)
10.27(土)18:30 井上芳雄 by MYSELFスペシャルライブ(東京国際フォーラムホールA)

11.4(日)15:30 宝塚歌劇月組公演 エリザベートー愛と死の輪舞ー(東京宝塚劇場)
11.11(日)12:30 TOPHAT The Musical(東急シアターオーブ)
11.18(日)13:00 ミュージカル マリー・アントワネット(帝国劇場)
11.23(金)14:00 体内活劇 はたらく細胞(シアター1010)
11.29(木)18:30 井上芳雄 by MYSELFスペシャルライブ ライブビューイング(TOHOシネマズ八千代緑が丘)

12.1(土)18:00 Act Against AIDS 2018「THE VARIETY 26」(日本武道館)
12.6(木)14:00 ENTA!(Zepp DiverCity TOKYO)
12.8(土)15:20 宝塚歌劇宙組公演 白鷺の城/異人たちのルネサンス(東京宝塚劇場)
12.15(土)17:00 JOHNY'S King&Prince IsLAND(帝国劇場)
12.29(土)13:00 ミュージカル サムシング・ロッテン!(東京国際フォーラムホールC)

2018/12/30  15:06

サムシングロッテン  

ミュージカル 「サムシング・ロッテン!」

SOMETHING ROTTEN!


2018年12月29日(土)13:00開演
東京国際フォーラム ホールC

S席 R2扉 1階12列34番


作詞・作曲:ウェイン・カークパトリック/ケイリー・カークパトリック
脚本:ケイリー・カークパトリック/ジョン・オファレル
演出・上演台本:福田雄一

キャスト:
中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん 平方元基 清水くるみ
橋本さとし 他

Story
ルネッサンス時代のイギリス。
売れない劇作家でもあるニック・ボトムは弟のナイジェルとともに自身の劇団を運営していた。時代の寵児であり、スーパースターの劇作家ウィリアム・シェイクスピアにニックは対抗心をむき出しにするが、劇団運営に行き詰まり、妻ビーの目を盗んで預言者トーマス・ノストラダムスのもとを訪ねる。そして、彼のお告げに従い、世界初の歌って踊る「ミュージカル」を書こうと決意するのであった。
しかし初めて書く「ミュジカル」がなかなか上手くいかず、ニックはついにシェイクスピアの最大のヒット作を先取りしようとノストラダムスのもとを再訪。新たな予言で、ヒット作のタイトルは「オムレット」だと言われたニックはミュージカル「オムレット」を生み出すために悪戦苦闘する。劇作家としての確かな才能を秘めている弟のナイジェルは、兄の言うことを聞きつつも「卵の物語なんか書きたくない!」と思い悩む。そんな中、出会った美しい清教徒の娘ポーシャと恋に落ち、新たなインスピレーションが生まれていた。
一方、「ロミオとジュリエット」に続く大ヒット作を書かねば」と人知れず思い悩んでいたシェイクスピアは、以前からナイジェルの才能に目をつけていたため、彼からなんとか次作のアイデアを得ようと画策する。「トービー・ベルチ」と名乗る役者に変装し、ニックの劇団に潜入。後の大ヒット作「ハムレット」の土台となるアイデアを盗んでいくが…



2018年最後の観劇は娘と行ってきました。中川さんのでるミュージカルということで取ったチケット。娘は福田雄一さんの演出ということで行きたいと言っていました。

楽しい!とにかく楽しい!
そして歌がうまいにつきます。いろんなミュージカルネタがおりこまれどこまでがセリフでどれがアドリブなのかわかりませんが始終笑いっぱなし。自分の知っているミュージカルとか劇場とかの話がでてくるとほんと嬉しくなります。最近のちょっとした時事ネタもCMネタもありました。そんなわけでいろんなとこからおしかりがくるかもとかでwwネタバレ禁止。
中川さんの歌声も素晴らしいけど西川さんもまたすごい。衣装もすごい。あと橋本さんの演技はやっぱり上手い。瀬奈さんは男前。平方さんはかわいいし、くるみちゃんはがんばってた。
2018年が楽しく笑ってしめくくれて良かったです。

2018/12/16  13:56

JOHNNY'S King&Prince IsLAND  ジャニーズ関係

JOHNNY'S King&Prince IsLAND

2018年12月15日(土)5:00開演

帝国劇場
S席 1階P列44番

出演者
King&Prince
HiHi Jets
Sexy美少年
5忍者
7MEN侍
SixTONES
Snow Man
Travis Japan
Johnnys's Jr


ストーリー
平成が間もなく終わりを告げ、新しい時代を迎える。ここはKing&Princeの治める王国。
より良き新時代を迎える為に、自らを磨き更なる高みを目指すことを決意する王と王子たち。
あるものは庶民の暮らしに溶け込むため、
あるものは歴史を学ぶため、
またあるものはこの王国の最果ての地を目指して旅立つ。
そして、それぞれの学びの先に若者たちの未来を感じ取る。
子供と大人が互いに胸を開き語り合える世の中。
そして2020年、東京に訪れる平和の祭典。
King&Princeの目指す王国の未来は明るい。
JOHNNY'S King&Prince IsLAND
平成最後のアイランドは愛に溢れた未来を目指す若者たちの物語。



昨日ジャニーズキンプリアイランドを友人と観てきました。ジャニアイって略すのかな?キンプリアイランドって略すのかな?最近のジャニーズ事情についていけなくなっています。
この公演も昨年は行かなかったのでどう変わってるのかもわかりません。
今回はJr.情報局で落選したものの生協で偶然とれてたもの。娘も行きたかったようですが先約がはいってしまってたので友人を誘って行ってきました。
一応、メインの子たちはわかりました。
なにも予習せずに観たのですが、まず1番驚いたのはステージにキンプリが登場したときに拍手がなかったこと。その後もパフォーマンスのあとも拍手がなかったり、あっても盛大ではないということ。思わず幕間に友人とみんな拍手しないよねって確認しちゃいました。若いファンで舞台慣れしてない?いやいや歴の長いJr.もでてるよね。スノーマンファンは舞台慣れしてるでしょうに。やっぱりみんな双眼鏡でみてるからなのかな?
まわりに遠慮せず拍手たくさんすればよかったな。演出でしないほうがいいってわけではないよね。盛大な拍手をおくりたくなるほど、登場シーンは輝いていたし、パフォーマンスはほんと素晴らしかったです。どのユニットもそれぞれの個性を生かした凝った演出で目をみはりました。

2018/12/16  13:37

読書記録  

静かに、ねぇ、静かに
本谷有希子/著
講談社 2018年8月

クリックすると元のサイズで表示します

海外旅行でインスタにアップする写真で“本当”を実感する僕たち、ネットショッピング依存症から抜け出せず夫に携帯を取り上げられた妻、自分たちだけの印を世界に見せるために動画撮影をする夫婦―。SNSに頼り、翻弄され、救われる私たちの空騒ぎ。(e-honのHPより)


あなたのゼイ肉、落とします
垣谷美雨/著
双葉社 2016年10月

クリックすると元のサイズで表示します
どうしても痩せられないあなた。「心のゼイ肉」を落とすことを忘れていませんか?身も心も軽くなる読んで痩せるダイエット小説。(e-honのHPより)

最近読んだ2冊。静かに、ねぇ、静かには、今どきのSNS時代のありえる話なんだろうけど、いまいち。共感部分もあるけどそこまでは…って感じ。結末がはっきり書かれてないのがまた不気味。
あなたのゼイ肉、落としますは面白かったです。4つのお話。どれもダイエットしたい人が「あなたのゼイ肉、落とします」という本を読んで作者の大庭小萬里の個別指導をうける話。心のぜい肉を落とすことによりいつのまにか痩せられるという。ハッピーな結末でよてもすっきりします。

2018/12/12  15:58

本の読み聞かせ  

昨日は5年生の読み聞かせでした。3人で参加しました。

1冊目
むらの英雄 
わたなべしげお/文  にしむらしげお/絵
瑞雲社  2013年4月
クリックすると元のサイズで表示します
とても強くて勇敢な英雄が消えた!?
昔、アディ・ニハァスという村の12人の男達が、粉をひいてもらうために、マイ・エデガという町へ行った。帰り道、一人が仲間を数えてみたら、なんと11人しかいない!いなくなった一人とは…。読み聞かせに楽しいエチオピアの昔話。幻の名作絵本の新装復刊です。

2冊目
ぼくのつばさ   
トム・パーシヴァル/作  ひさやまたいち/訳
評論社  2017年6月
クリックすると元のサイズで表示します
ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……! 

3冊目
どうぶつさいばん ライオンのしごと
竹田津 実/作  あべ弘士/絵  
偕成社  2004年8月
クリックすると元のサイズで表示します
タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。


1冊目はエチオピアのむかしばなしでとても楽しく、子どもたちも熱心に聞き入っていました。私は2冊目を読みました。綺麗なつばさをはじめ絵が印象的でひきつけられる絵本です。みんなと同じでなくてもいいんだよ。ありのままの自分でいようというメッセージが伝わってくれてたらいいなあと思いました。
3冊目は5年生で何回か読んでる本。毎回、なるほどなあ自然ってすごいなあって思わされます。

2018/12/10  19:25

宝塚歌劇宙組公演  

宝塚歌劇 宙組公演
ー本朝妖綺譚ー
「白鷺の城」
ミュージカル・プレイ
「異人たちのルネサンス」−ダ・ヴィンチが描いた記憶ー



クリックすると元のサイズで表示します

2018.12.8(土)3:30開演
東京宝塚劇場

S席 2階4列66番

職場で宝塚のチケットをいただき、同僚と観てきました。大和証券グループの貸切公演でした。
大和証券の代表の方の挨拶のあと宙組組長の寿つかささんの挨拶のあと幕があがりました。

キャスト
真風涼帆 星風まどか 芹香斗亜
松本悠里(専科)
寿つかさ 美風舞良 他


一部
ー本朝妖綺譚ー
「白鷺の城」
作・演出/大野 拓史

絢爛たる平安の都で始まった、白皙の貴公子、陰陽師・安倍泰成と、艶やかに人心を惑わす妖狐・玉藻前の対決は、時を越え、場所を変え、豪壮たる名城「白鷺の城」で終に決着の日を迎える。千年に亘って転生を繰り返しながら、争い、そして魅かれ合う陰陽師と妖狐の宿縁を、時に雅やかに、時に妖しく描く、日本物レヴュー。

二部
ミュージカル・プレイ
「異人たちのルネサンス」−ダ・ヴィンチが描いた記憶ー
作・演出/田渕 大輔

万能の天才と謳われながら、その生涯に多くの謎を残すレオナルド・ダ・ヴィンチ。彼の創作の源が、ある女性への愛であったと仮定し、ダ・ヴィンチと彼を取り巻く人々との愛憎を描く。
15世紀のイタリア・フィレンツェ。この街にルネサンス芸術を花開かせた時の統治者ロレンツォ・デ・メディチは、軍事、外交にも優れた手腕を発揮し、ローマ教皇との対立を深めつつあった。若きレオナルド・ダ・ヴィンチも彼の庇護を受ける芸術家の一人。ダ・ヴィンチは依頼された作品の完成も他所に、気ままな創作にかまけてはロレンツォを苛立たせていた。そんな折、彼はロレンツォの愛人カテリーナが幼馴染みである事を知る。同じ庶子という境遇からいつも寄り添い、寂しさを分かち合った二人…だが今、美しく成長した彼女の眼に浮かぶのは、心を閉ざすかのような謎めいた微笑だった。


一部は予習してなかったのでちょっと混乱しました。いろいろな時代に転生をくりかえすので、だれがだれだかわからなくなりましたが、あとでプログラムを見て理解できました。レビューということですがストーリーもあるのですね。宝塚初心者(2回目)なのでよくわかりません。でも踊りも殺陣も素敵でした。
二部はミュージカルプレイとういことで楽しめました。
カーニバルのシーンとか楽しくて好きです。ストーリーも面白かったです。
ラストのショーも華やかで幸せな気分になりました。お話は決してハッピーエンドではないんですけどね。
それにしてもやっぱり宝塚の男役さんは素敵です。立ち振る舞いがイケメンすぎます。男性よりかっこいい。
今回は観るまではる演目ではなかったのですが(どうせならファントムのチケットの方がよかったなあなんて思ってたりしました)実際観たらとっても良かったです。チケットいただけて感謝です。
来年はまた宝塚の舞台いろいろ行きたいです。

2018/12/7  18:44


ENTA!


2018.12.6(木)開演14:00

Zepp DiverCity TOKYO

1階F列24番

キャスト:ふぉ〜ゆ〜
    福田悠太 辰巳雄大 越岡裕貴 松崎祐介

ゲスト:坪田信貴(ビリギャル著者)



ふぉ〜ゆ〜のエンタテイメントショーを観てきました。公演ごとにかわるゲストは、ビリギャルの著者である坪田塾の坪田先生でした。

ダンス、歌、お芝居、トークなど盛りだくさんのショー。楽屋での着替えまでも生カメラでモニターに映し楽しませてくれました。
お芝居は2つ。コメデイです。5人組バンドのうちの4人でライブ直前ボーカルが来ないのでどーするかという話と、4人の女子高生の話。バンドの衣装や歌にもうけるけど、女子高生になりきる姿もかわいいし面白い。
トークは坪田先生の人間は9タイプに分かれるという本から、4人の診断結果をもとに。
越岡くんは完璧主義者タイプ、松崎くんは楽天家タイプ。福田くんと辰巳君くんは芸術家タイプでした。坪田先生のお話も面白くあっというまでした。ちなみに坪田先生は楽天家タイプだそうです。そして帰宅後自分も簡易的な診断(36問)をアプリでやってみたら研究者タイプでした。
書籍では90問だそうです。
他の公演のゲストさんとのトークも気になりますね。

観客も一緒に振りをするコーナーでは客席におりてきて一緒に踊ったりするのですが、私の隣の隣の人のところに辰巳くんがきたのでばっちりかわいい女装の辰巳くんをみてしまいました。
とてもたのしい2時間でした。

ZeppDiverCityTOKYOは初めて行きました。ライブハウスということでドリンク買わなきゃいけなかったりと初体験にどきどきしました。でも椅子席だったのでよかったです。もう立ち見はつらい年齢なのでね。


2018/12/2  17:35

Act Against AIDS 2018  

Act Against AIDS 2018 「THE VARIETY 26」
〜遂に!俳優だけの武道館ライブ!!…大丈夫なのか〜〜!?
クリックすると元のサイズで表示します

2018年12月1日(土)18:00開演
日本武道館

2階 南西ーE列14番

出演者:
岸谷五朗 寺脇康文 三浦春馬
青柳塁斗/麻生かほ里/石賀和輝/石原壮馬/猪塚健太/植原卓也/太田将熙/大原櫻子/甲斐翔真/
柿澤勇人/風間由次郎/加藤和樹/金子大地/神木隆之介/神田沙也加/小池徹平/小関裕太/城田優/
ソニン/富田健太郎/花澤香菜/平間壮一/正木郁/松岡広大/松島庄汰/水田航生/溝口琢矢/柚希礼音/吉村卓也

セットリスト
オープニング
1.「U.S.A.」/岸谷五朗・寺脇康文・三浦春馬・猪塚健太・植原卓也・平間壮一・水田航生

〜J-POPコーナー〜
2.「大丈夫」/花澤香菜
3.「六本木心中」/柚希礼音・青柳塁斗・風間由次郎
4.「大きな玉ねぎの下で」/三浦春馬
5.「福笑い」/神木隆之介・小関裕太
6.「ZERO」/加藤和樹
7.「津軽海峡・冬景色」/柿澤勇人
8.「キミを忘れないよ」/大原櫻子
9.「Brave Love,TIGA」/岸谷五朗・寺脇康文・三浦春馬・神木隆之介・小関裕太・平間壮一・ウルトラマンティガ

〜地球ゴージャスコーナー〜
10.「Xday」/岸谷五朗・寺脇康文・藤林美沙・碓井菜央
11.「JUN'S DREAM」/柚希礼音・岸谷五朗
12.「THE TOP OF THE BEST!」/大原櫻子・城田優・平間壮一・猪塚健太・風間由次郎・藤林美沙・碓井菜央・岸谷五朗・寺脇康文
13.「伝説の雄」/城田優・大原櫻子・平間壮一・猪塚健太・風間由次郎・藤林美沙・碓井菜央
14.「BUGS」/城田優・大原櫻子・平間壮一・岸谷五朗
15.「ワイルドアッパー」/三浦春馬・風間由次郎・青柳塁斗・水田航生・猪塚健太
16.「サンディー」/花澤香菜
17.「Valentina's Past」/藤林美沙・植原卓也・水田航生
18.「ZEROTOPIA」/柚希礼音・花澤香菜・藤林美沙・植原卓也・水田航生・碓井菜央・寺脇康文
19.「愛すべき未来へ」/三浦春馬・柚希礼音

〜ミュージカルコーナー〜
20.WICKED「Defying Gravity」/ソニン
21.マタハリ「さよなら」/柚希礼音・加藤和樹
22.デスノート「ヤツの中へ」/小池徹平・柿澤勇人
23.インザハイツ「サンライズ」/大原櫻子・平間壮一
24.ピピン「コーナー・オブ・ザ・スカイ」/城田優
25.1789「二度と消せない」/小池徹平・神田沙也加
26.1789「サ・イラ・モナルーム」/加藤和樹・青柳塁斗・植原卓也・水田航生
27.マイフェアレデイ「だったらいいな」/神田沙也加・寺脇康文

〜ハンサムコーナー〜
28.「PARTY RIDE」/岸谷五朗・寺脇康文・「チーム・ハンサム!」全員
29.「君だけのHERO」/青柳塁斗・猪塚健太・風間由次郎・松島庄汰・吉村卓也
30.「キミノリズム」/石賀和輝・石原壮馬・富田健太郎・松岡広大・溝口琢矢
31.「White Serenade」/小関裕太・甲斐翔真
32.「Butterfly」/植原卓也・平間壮一・水田航生
33.「Inst:」/岸谷五朗・寺脇康文・「チーム・ハンサム!」全員
34.「THIS IS THE TIME」/「チーム・ハンサム!」全員

〜ミュージカルコーナー〜
35.アラジン「ア・ホール・ニュー・ワールド」/城田優・麻生かほ里
36.リトルマーメイド「アンダー・ザ・シー」/小池徹平・寺脇康文
37.リトルマーメイド「パート・オブ・ユア・ワールド」/大原櫻子
38.シーザスクライストスーパースター「Simon Zealotes」/岸谷五朗・青柳塁斗・猪塚健太・植原卓也・太田将熙・風間由次郎・小関裕太・平間壮一・松岡広大・水田航生・溝口琢矢
39.モーツァルト「愛していれば分かり合える」/柿澤勇人・ソニン
40.エリザベート「闇が広がる」/城田優・三浦春馬
41.オーシャンズ11「FATE CITY」柚希礼音・植原卓也・平間壮一・水田航生
42.グレイテストショーマン「ア・ミリオン・ドリームズ」/城田優・ソニン
43.グレイテストショーマン「This Is Me」/オールキャスト(メインボーカル:ソニン)

44.「一人じゃないから」/オールキャスト


初めてAct Against AIDSのライブに行ってきました。
俳優さんだけのライブということでミュージカル曲たくさんでとっても豪華で楽しかったです。
2階席だったので着席での見ていたので、じっくりと聞くことができました。ハンサムコーナーでは立ち上がりたかったけど、まわりがハンサムさんたちのファンではなかったようです。一緒に行った友人が加藤和樹さんのFCでとったチケットだったせいか隣も和樹さんファンのようでした。

たくさんの曲のなかでやっぱりエリザベトの城田トートと春馬ルドルフの闇が広がるが最高でした。ミュージカルの1シーンをみてるかのようでした。
それからデスノートは観なかったのですが、今回の曲を聴いたら見とけばよかったなあと後悔。
あと柿澤さんは演歌を選曲したりしてびっくりしましたがとってもお上手でした。和樹さんはB'Zの曲でしたね。
オープニングだったり、ところどころモニターに突っ込みのセリフなどをうつしたりと楽しい演出が岸谷さんらしく楽しかったです。地球ゴージャスはThe Love Bugsしか観てなかったので曲は知らなかったのですがどれもよかったです。なかでも花澤さんのサンディがとてもよかったです。春馬くんも頑張ってました。歌もうまいけどちょっとまちがえちゃったりもしてかわいかったです。
そして今年はハンサムライブがないのでハンサムコーナーがあってテンションあがりました。ここ最近は若手でやってたので、植原くんとか春馬くんとか水田くん、平間くん、青柳くんなどなどお兄ちゃん組も一緒にやって懐かしかったです。

とっても楽しませてもたったうえにこのチケット代が寄付になるということでチャリティに参加できるのはうれしいことです。来年はオリンピックの準備で会場が使えないということで開催されないんだそうですが、再来年また行きたいなあって思いました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ